漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

妊娠中は漢方薬はのんでも良いか?

妊娠中に漢方薬をのんでもかまいません。

< 例 >
  • 冷え性で流産癖がある。
  • 妊娠中毒症になりやすい。
  • タンパク尿が出る。
  • 体がむくむ。
  • 便秘をする。
  • 下痢が止まらない。
  • 妊娠中に風邪をひいた。
  • せきが止まらない。
  • つわりがひどい。
  • 貧血でめまいがする。

上記などは、漢方薬をのむ事により母子共健康になり、正常な出産をする事ができます。


漢方薬でも妊娠中にあまり多く使ってはいけない薬物があります。


それは麻黄という薬草の多く入ったもの、例えば麻黄湯、大青竜湯などがこれにあたり、どうしても使わなければいけない症状の時は、早めに切りあげ、だらだらと長くのんではいけません。これらの薬方は発汗作用が強く、過度に発汗しますと体が弱ってきます。


センナ・大黄などの下剤も下痢をするほどには使ってはいけません。
便秘でこれらのものを使う時は、下痢をしない程度の分量を使い、目的が達成されたらやめるべきです。強い下痢をしますと、子宮腔が開き流産する事があります。


以上の二点を注意すれば、漢方薬は妊娠中といえどもこわい薬ではありませんし、今まで2,000年の歴史の中で漢方薬で異状が起こった事はありません。

大船漢方堂薬局 宮地 昇先生

TOP