漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

市販の漢方薬は、どういう時に使えば良いの?

「風邪のひき始めには葛根湯」などのCMも流れて、医療機関に受診せずに漢方薬を服用されている人も多いと思います。 しかし、体質に合わない漢方薬を服用して症状が悪化される人も増えています。


特に、やせ薬のように使用されている防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)。

体質に合わないと下痢が続き、メーカーへの問い合わせの多い漢方薬です。


自己判断で使用するのも、注意が必要ですね。


専門医や漢方専門薬局でご相談下さい。

漢方薬局けんこう屋(兵庫県神戸市)  松原 一彦先生

 

たとえば、風邪の時には風邪の初期には葛根湯(体は熱くなっているのに汗が出ない)、少しこじれたら柴胡桂枝湯(じとっと汗をかいている)をよく使います。
インフルエンザには麻黄湯が良く使われます。


出来れば、漢方薬を専門に勉強している先生に漢方薬の選び方を教えて頂くと便利です。


漢方薬は風邪やインフルエンザに対して意外に早く効きますので助かります。


我が家でも重宝しております。


お体に合った漢方薬を常備して家族の健康を守ることに役立ちます。

ケンコウ薬局(三重県津市) 秋江 洋和先生

 

ドラッグストアなどで、売っている定番の漢方薬は、あまり使い方がむずかしくない漢方薬と、そうではない漢方薬があります。


例えば以下のような風邪・胃症状の漢方薬はむずかしい使い方はありません。
特に風邪薬は家に常備しておくと、早めの服用にができてより効果が上がります。


 葛根湯:悪寒・熱・頭痛のあるときに、必ず温かい白湯でのむと、よく効きます。


 銀翹解毒丸:咽喉がまず痛くなるような風邪の初期に用いると非常に効果があります。


 安中散:初期の胃の痞えや空腹時の鈍痛によく効きます。


また、市販薬は漢方薬の成分が少ないことがあるので、注意しましょう。


風邪でも、日数がたち、症状がこじれるようなら、きちんと相談される事をお薦めします。


逆に、きちんと専門家に経過・症状を話さないと、きちんと症状にあった漢方薬が決められないケースもたくさんあります。その場合はまずは電話でよいので、近場の漢方薬局へ相談をしてください。


寺町漢方薬局(広島県広島市) 
窪田 信明先生

TOP