漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

夏にむけて 多汗症に漢方薬は効きますか?

汗は体温調節のための大切な手段で、気温の高い夏場や、運動で筋肉などが熱をもっているときなどには多く汗を分泌し体温を下げます。甲状腺の病気や更年期などでも多汗が見られます。また手のひらや、足のうら、腋の下など部分的な多汗は精神的緊張によりおこります。


漢方では「汗と血の源は同じである」とか「汗の出過ぎは元気を消耗する」と考えて、様々な病態で汗の出過ぎを治す漢方薬が昔から使われています。


とくに夏の多汗症は水分の取り過ぎとも関係が深く、飲んだ水分が体に取り込まれてうまく利用されないために、のどの渇きがとれず尿量が減少し、飲めば飲むほど汗は沢山でますが体の熱がさめずに熱中症へと進む場合もあります。


このような時は、こもった熱を尿として排泄する茵蔯五苓散、体内の熱を冷まし咽の渇きをとる白虎加人参湯などが夏場の多汗症の代表的な処方です。


また体の元気が衰えているために少し動いても汗が漏れでてしまうようなタイプの多汗症には清暑益気湯、防已黄耆湯などが代表的処方です。


あなたのタイプにあった漢方薬が見つかれば十分に効果が期待できます。


博方堂クメカワ薬局 粂川 義雄先生

 

はい。髙木漢方の漢方薬は、多汗症に良く効きます。


漢方では、「汗は心液なり」あるいは「汗血同源」といわれています。


夏の蒸し暑さから来る多汗症では、「自汗」と「脱汗」が問題になりやすいものです。

自汗とは、昼間の汗のことで、しきりに汗をかくことです。

寝汗とは、文字通り、寝ている間にかく汗のことです。


自汗は、漢方でいう肺気不足の方によくみられます。

寝汗は、漢方でいう陰虚火旺の方によくみられます。


自汗も寝汗も髙木漢方の漢方薬で、陰陽のバランスをとる体質改善をすれば、汗はだんだんと止まって適正化します。


また多汗症の方で、体臭が気になる場合は、衛気虚からくる免疫力の低下(アトピー肌や乾燥肌によく見られる)による表皮(角質層)の細菌増殖が原因のこともあるので、漢方薬で体質改善をすることによって、表皮の細菌数も減少するので、 体臭も減って気にならなくなることもございます。


夏に向けて多汗症でお悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 髙木 佳久先生

TOP