漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

PMS(月経前症候群)で悩んでいます。
漢方で治りますか?

月経痛と月経前症候群の事を考えてみたいと思います。


月経痛はあるのが当然と考えておられますか。


排卵の起きていない無排卵周期の場合には、生理痛が軽いか、痛みがありません。

このほか、生理前になると精神的にいらいらしたり、頭痛や、むくみ、お乳がはったような感じなど、体の不調が毎月発症するものを、「月経前緊張症」あるいは「月経前症候群(PMS=premenstrual syndrome)」といいます。

これは精神的なものもありますが、黄体ホルモンの分泌も重要な原因と考えられます。


これら生理痛と生理前症候群を私が東洋医学的に考えると生理痛は主に子宮内膜が弱く冷えやすい状態の人に起こりやすいのではないでしょうか。

したがって、子宮の内膜の血行が悪い状態で生理になって内膜が剥がれていくので痛みが強いのでしょう。


生理前症候群は主に子宮の内部(子宮筋)が冷えて血行が悪い状態の人に起こりやすいでしょう。なぜなら、生理の前は子宮に血がどんどん集まってくるのに拘わらず血行が悪いので気分が悪くなるのでしょう。


このように考えますと有名な当帰芍薬散は子宮の内膜に効いて水毒を取る働きがありますのでひどい生理痛の患者が治ったことがあります。


それから、温経湯は子宮筋を暖める働きがありますので生理前症候群の患者さんに使って治ったことがあります。


温経湯は更年期障害の患者さんにも優れた働きをすることがあります。


このほかに「お血」から来る場合もあります。

その場合は桂枝茯苓丸という漢方薬があります。

しかし、これらのケースは一例ですから全ての患者さんに当てはまる訳ではない事をご理解ください。


月経前症候群でお困りの方は諦めずに一度ご相談ください。


ケンコウ薬局(三重県津市) 
秋江 洋和先生

 

当店では、PMS(月経前症候群)の漢方薬療法を得意としております。


PMSになると、感情の起伏が激しくなりますね。
怒りっぽくイライラしたり、落ち込んだり、うつ状態になったりと、たいへんです。


不眠症になったり、お腹が張ったり、ガスがたまったり、胃腸の具合が悪くなったり、片頭痛や肩こりに悩まされたり、乳房痛で悩んだり、お肌が荒れたり、お仕事をする気が無くなったり、疲れがたまったりと。


とうとう不調にたまりかねて、病院に行っても異常なし。


これらの女性特有の不快に感じる症状は、女性ホルモンの分泌異常や、自律神経の失調により、おこる症状です。


当店では、これらの不調は、漢方でいう「肝(かん)」の働きの乱れや、「腎(じん)」の衰えが原因で、心(こころ)と体のバランスが崩れることによって引き起こされると考えています。


PMSは、漢方によって、根本的に、体質を改善することで、治すことは、可能です。


早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談は、無料です。

髙木漢方まで、お気軽に、お越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(神奈川県横浜市) 
髙木 佳久先生

 

体の全体的な弁証(観察)が最も大切です。
月経だけみると方向をあやまることとなります。
更年期、PMSともに、日頃の食事の内容を考えるのも重要でしょう。


月光堂薬局(岡山県倉敷市) 
三宅 誠幸先生

 

はい! 良くなります! (^-^)!
本来、月経は生理現象ですので、それほど不快な症状は伴わないのです。
健康な女性にPMSはありません。
あなたが身体全体を整えて、明るい毎日を過ごせますように!


ヘルシーみやざき鹿島薬局(佐賀県鹿島市) 
宮崎 法幸先生

 

全ての方が良くなるとは言いませんが、多くの方がPMSによる、身体的不調、精神的苦痛が漢方薬により、良くなっています。


長全堂薬局(山口県萩市) 
村岡 逸朗先生

 

ホルモン的バランスや冷えなどいろいろな原因がありますが、その人の原因を追求し、漢方薬で症状はかなり緩和されます。


今村薬局(京都府京都市) 
森川 幸子先生

 

良くなります。漢方では「婦人は血を本と為す」といい、基本的に血の異常(血虚《西洋医学の貧血ではありません》、瘀血(おけつ)など)がなければ、PMSはおこりません。
血の異常の原因を探るためにも、やはり四診が重要となります。


漢方薬局・元気通り(香川県高松市) 
久保 隆之先生

 

冷える生活を改善して、漢方薬をのんでいただくと、3ヶ月~6ヶ月でずい分よくなっておられます。


山陽堂薬局(兵庫県西脇市) 
來住 文代先生

 

体質(虚実)と気血水のどこに問題があるかを考慮して、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、当帰芍薬散、抑肝散加陳皮半夏、半夏厚朴湯、五苓散などを用います。
ぜひツラい症状を、おきかせ下さい。


漢方の養命庵 中野薬局(愛媛県松山市) 
中野 伸二先生

 

排卵から、月経までは特にホルモンのバランスが安定しない時期なので、漢方薬で、ホルモンのバランスを一定させて症状を改善します。


漢方のしがき薬品(宮崎県宮崎市) 
仕恒 清英先生

 

良くなります。
但し、その方の体質に薬を合わせる事が重要です。


クスリのかぼちゃ屋(兵庫県加西市) 
水谷 光伸先生

 

漢方の優位な分野です。
おもに、気血の不足や停滞に原因があることが多く、大抵の場合、改善、軽減可能です。


イヌイ薬局 宮長店(鳥取県鳥取市) 
乾 マリコ先生

 

僕が月経前症候群のお世話をする時に心がけているのは、その人特有の不快症状(むくみや腹部の膨満感、乳房の緊満感などの水分貯留症状のほか、頭痛、腹痛、腰痛などの疼痛症状、食欲不振、めまい、倦怠感などの自律神経症状、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状)を取ることと、根本治療を必ず同時進行で進めるってことです。
そうすると各症状が消えるのも早いし、月経前症候群からの脱出も可能です。


栄町ヤマト薬局(岡山県瀬戸内市) 
大和 彰夫先生

 

もちろん、治りますよ。漢方薬の得意分野でもあります。 単純な痛みに対するお薬を作るのではなく、その(PMS)原因を探して、治すことが大事になります。


一般的には、原因は於血(おけつ)と考えられています。すなわち血液の滞りです。
それを改善するには患部(子宮)の血液の鬱滞を取り除く漢方薬が、非常に効果をあげます。
具体的な漢方薬は相談された薬局にて、決めてもらってください。


服用後、次の生理には効果がでます。


寺町漢方薬局(広島県広島市) 
窪田 信明先生

TOP