漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

潰瘍性大腸炎と病院で言われました。
漢方で治りますか?

東洋医学的に考えると潰瘍性大腸炎は腸に熱を持った状態であると思います。


その熱を取る漢方薬を服用することで、治る可能性が十分あります。


今まで私がお勧めした漢方薬には半夏写心湯とかオウゴン湯などがあります。


症状が無くなり再発していない患者さんがございますので、諦めずにご相談ください。


ケンコウ薬局(三重県津市) 
秋江 洋和先生

 

潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患になります。
したがって免疫を高め、自然治癒力をなおす薬と症状をとる薬の二種類をつかうことになります。
西洋薬 (病院の薬)では、サラゾピリン、ペンタサ、アサコールなどをつかい、炎症がおきて下血している場合などは副腎皮質ステロイド剤をつかうことが多いようです。
スガヌマ薬局では、病院の薬と併用できる漢方薬などをお出しして、免疫力をあげることを主眼におきます。
病院の薬で症状がうまくとれていない場合は、症状をとる漢方薬をつかいます。
自己免疫疾患は体質改善が必要になるため6ヶ月くらい服用してだんだんステロイド剤などの病院の薬がへってくるお客様が多いです。

養生法ですが、基本的に腸管を刺激する食べ物はさけたほうが無難です。
脂っこいもの、辛いものなどの刺激物、ヨーグルトなどの乳製品、ごぼうなど硬い食物繊維を多く含む野菜などは、さけたほうがよいと思います。
体力低下は、腸管免疫力も低下させますので、普段から十分睡眠をとるなど気をつけてください。

スガヌマ薬局(茨城県坂東市) 
菅沼 真一郎先生

TOP