漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

漢方薬は、生理痛(月経痛・月経困難症)には効果がありますか?

漢方薬は、生理痛に効果がございます。


(1) 生理が始まってから、ずっと生理痛に悩まされている方は、生理痛があるのがあたり前と考えがちですが、実は、「生理痛がないのが普通」なのです。


当店の漢方薬で、生理痛の体質を改善すれば、だんだんと生理痛は無くなります。


(2) 生理とは、子宮内膜が血液と一緒に排出される状態のことです。
このとき、子宮は、子宮口から経血を押し出そうと収縮します。
この収縮のときに起きるのが「生理痛」です。


生理痛がある人は、子宮が未成熟な10代~20代前半までは、生理痛が強くなりがちです。
10代の子宮の成長期に、激しいスポーツをすると、将来、子宮に関する病気になりやすくなります。
生理痛は、子宮が成熟する20代後半からは、軽くなりますが、ストレスや自律神経の失調やPMSにより、強く感じます。
さらに、子宮内膜症や子宮筋腫などの影響で、生理痛が強く感じるようになります。


(3) 生理が終わることを「閉経(へいけい)」といいますが、日本女性の閉経の平均年齢は、50歳といわれています。
このごろは、若年性更年期障害(プチ更年期)の人も増加しており、30歳台での「早期閉経・早発閉経」もございます。


(4) 生理痛のある方は、漢方薬を試してみることをお勧めいたします。


当店の漢方薬で、体質を改善していくと、生理痛もだんだんと無くなりますし、生理も順調になりますし、なによりも、子宮や卵巣が元気になり、妊娠しやすい健康なお体になりますし、PMSなども軽くなります。
副産物として、お肌の色艶がよくなり、髪の毛も丈夫になります。


(5) 髙木漢方の漢方薬の使用例


三十一歳      会社員


「生理痛が酷くて、仕事ができない。」とご相談にみえた。
二年前から、生理痛がひどくなった。3日目には、立つこともできない痛みになる。
生理の経血の量がとても多い。昼間も夜用ナプキンが何枚も必要である。


病院の診断では、「子宮内膜症」といわれた。ホルモン療法を一年間続けたが、効果は出なかった。


生理中は、とてもイライラする。レバー状の経血がたくさん出る。胸と脇が張るが便秘はない。脚とお腹が冷える。胃腸が弱い。


漢方的に見立てると、「気滞」と「お血」と「血虚」の体質だったので、その悪い体質を改善するために、当店の漢方薬を1ヵ月分、お飲みいただきました。


一ヵ月後にご来店。少しいいようなので続けてみたいとのこと。


さらに、1ヶ月後にご来店。生理痛が半減したとのこと。経血量も減ったとのこと。身体がだいぶ楽に軽くなったとのこと。
漢方薬は、私に合っているようなので続けたいとの事。
完治をめざして、続けて服用中。


(6) 髙木漢方の漢方健康病気相談


生理痛は、無いのが普通です。
生理痛でお悩みのときは、お気軽にご相談くださいませ。


髙木漢方では、漢方の尺度で、判断して、生理痛が改善するように体質を改善します。


生理痛の体質を改善することは、全身の体質を改善することに繋がります。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。
漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


髙木漢方 髙木 佳久先生

TOP