漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

更年期障害は漢方で良くなりますか?

不定愁訴は漢方薬が最も得意とするところです。
必ずよくなると思います。
ただ、一つ注意は、本人の心の有様も大いに関係すると思います。


月光堂薬局(岡山県倉敷市) 
三宅 誠幸先生

 

はい、だいじょうぶです。
要は潤い(水分)と熱のバランスです。
紙面では説明ができませんので省略しますが、老化に伴う体内の潤い不足を解消し、バランスをとっていけば自然と気にならなくなり、元気に更年期を過ごせますよ!


ヘルシーみやざき鹿島薬局(佐賀県鹿島市) 
宮崎 法幸先生

 

良くなります。
病院で処方されるホルモン剤とは異なり、身体に負担をかけず、無理なく自然になってゆきます。


長全堂薬局(山口県萩市) 
村岡 逸朗先生

 

不定愁訴(更年期障害の)、動悸、ホットフラッシュ、不眠、めまい、耳鳴り、イライラ、うつ傾向といろいろありますが、その人の原因を追求し、その人の体質に合わし生薬を選べば、相当症状は緩和されます。


今村薬局(京都府京都市) 
森川 幸子先生

 

良くなります。更年期障害は漢方的には、加齢による陰陽バランスの崩れが原因です。
陰虚なのか陽虚なのかは人により違いますので四診が重要となります。


漢方薬局・元気通り(香川県高松市) 
久保 隆之先生

 

程度によりますが、たいていは漢方でよくなられます。
40歳くらいから始まる更年期障害は、女性ホルモンの分泌減少が原因で始まります。
イライラ、ホットフラッシュ・のぼせ感、ひざ痛…ただ症状をとめるだけでなく根本から治せば本当に楽~になりますよ。
また男性の更年期障害もございます。年だから…とあきらめずご相談ください。


山陽堂薬局(兵庫県西脇市) 
來住 文代先生

 

更年期障害の背後にホルモン異常ないしは、月経異常があるので、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、当帰芍薬散などを用いる機会が多いです。
症状などを、おうかがいし、貴女にぴったりなお薬をご用意します。


漢方の養命庵 中野薬局(愛媛県松山市) 
中野 伸二先生

 

漢方では瘀血(おけつ)をきれいにし、体全体の血流を改善することで体質改善致します。


漢方のしがき薬品(宮崎県宮崎市) 
仕恒 清英先生

 

良くなります。
但し、その方の体質に薬を合わせる事が重要です。


クスリのかぼちゃ屋(兵庫県加西市) 
水谷 光伸先生

 

漢方の優位な分野です。
おもに、陰、血の不足や低下に原因があり、根本的な改善は漢方ならではです。


イヌイ薬局 宮長店(鳥取県鳥取市) 
乾 マリコ先生

TOP