漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

記憶力の減退や不眠症などに漢方薬は効きますか?

とても効果があります。

記憶力の減退のことを「健忘 (けんぼう) 」ともいいます。
健忘になると、宣言的記憶のうち言語で表現できる種類のもの「エピソードや意味記憶」が障害された状態になります。
一般的な物忘れから、記憶喪失までを含んだものです。

漢方では、健忘の原因は、お血(おけつ)と痰濁などの悪い体質によって、人間の大脳辺縁系の「海馬の神経細胞」が障害され、「海馬が萎縮した」ことが原因だと考え られています。
髙木漢方では、健忘を治すために、肝と腎と脾と心のバランスをとりながら、お血と痰濁などの悪い体質を改善します。

【髙木漢方の漢方薬の使用例】
31歳    女性
一年くらい前から、会社にて重要な仕事をまかされるようになった。
部下を持つようにより、人間関係も複雑化した。
半年くらい前から、休日後も疲れが取れなくなった。

3か月くらい前から、不安感が出るようになり、記憶力の減退を感じるようになった。
「あれあれ」とか「これこれ」という感じになった。
動悸がしやすい。
夜中に何度か起きる。
不眠症。
食欲が減退している。
肌が荒れやすい。
肌の艶がなくなった。

病院にいったら、精神安定剤が出た。
安定剤を飲んだら、仕事が出来なくなったので、止めた。
何とかならないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、お血と痰濁と脾虚と血虚などの体質がみられたので、
それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方の漢方薬を飲んでいただいた。

一か月後にご来店。
「漢方薬を飲み始めて、1週間くらいしたら、朝まで起きずに眠れるようになった。」
「頭がハッキリしてきた。」
「動悸がしなくなった。」

さらに、一か月後にご来店。
「記憶力が戻って、仕事に差しさわりが無くなった。」
「よく眠れる。」
「家族や友人に、顔の色艶がとても良くなったといわれた。」
と喜ばれた。

【髙木漢方の漢方健康病気相談】
髙木漢方では、記憶力の減退や不眠症や不安感などのご相談を数多く承っております。
記憶力の減退を漢方薬にて治療することは、認知症の予防や改善にもつながります。
当店までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(神奈川県横浜市) 
髙木 佳久先生

 

一概にお薬だけにたよるのではなく、生活全般に目を向ける必要があります。
すなわち、食事内容や、その食事時間や、就寝や起床時間の徹底、1日運動量の確保です。
仕事や趣味・関心事への配慮も大事になります。そのうえでの、漢方薬の服用になります。


最近では抑肝散(よくかんさん)やイチョウ葉の連服が、脳血流の改善につながり、良い結果がでています。


寺町漢方薬局(広島県広島市) 
窪田 信明先生

TOP