漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

ハーバル・ライフ

エンジョイ ~楽しいハーバルライフへのいざない。~

 
   

ハーブの基本的な育て方

ハーブガーデニング

自分でハーブを育てましょう。

 


このコーナーのハーブとは、主に温暖な地方に産し、茎や葉、つぼみ、花などの柔らかい部分を利用して人々の暮らしに役立つ、香りのある植物の総称です。

ハーブの種類

 ハーブには、セリ科、シソ科、キク科などのいろいろな植物があり、大きさ、性質と様々です。ハーブを育てる場合は、まず、その目的、環境に応じて種類を選ぶ必要があります(表参照)。

ハーブの栽培と利用の方法
植 物 名 草丈(cm) 繁     殖 日当たり 水やり
オレガノ 30~80 種子・挿し木・株分け ふつう
カモマイル 20~50 種子・株分け ふつう
キャットニップ 50~80 種子・挿し木 ふつう
コリアンダー 30~60 種子 春・秋 ふつう
コンフリー 100~200 種子・株分け 春・秋 湿
セイジ 30~60 種子・挿し木 春・夏
セイボリー 10~30 種子・挿し木 春・夏 ふつう
ゼラニウム 30~50 挿し木 春・秋
ソレル 100 種子・株分け 湿
タイム 10~20 種子・挿し木・株分け 春・夏
タンジー 70~100 種子・株分け 春・秋 ふつう
チコリ 30~100 種子・根分け 春・秋 ふつう
チャイブ 20~30 種子・株分け 春・秋 ふつう
チャービル 30~60 種子 春・秋 ※強 湿
ナスタチウム 50~100 種子・挿し木 春・秋
バジル 50~100 種子・挿し木 春・夏 湿
ヒソップ 30~50 種子・挿し木 ふつう
フェンネル 100~200 種子 春・秋 ふつう
マロウ 100 種子 春・秋 ふつう
ミント 20~50 挿し木・株分け 湿
ヤローフラワー 50~60 種子・株分け 春・秋 ※強 ふつう
ラベンダー 50 種子・挿し木 春・秋
レモングラス 100 株分け 春・秋 湿
レモンバーム 20~50 種子・挿し木・株分け 湿
ローズマリー 100~200 種子・挿し木 春・夏
※印=日陰でも生育する

ハーブの栽培管理

  • 土づくり
    ハーブは、普通の草花と同じ土で育てることができます。ただし、多くのハーブは酸性土を嫌うので、石灰を1㎡当り50g程度(軽く一つかみ)混ぜると、よく育ちます。

  • 日 光
    理想的なハーブの生育には、1日最低5時間の直射日光が必要です。日当たりが悪い場所で育てる場合は、半日陰でも育つ種類を選びます。

  • 水やり
    乾燥を好むものと、嫌うものがあるので、それぞれの性質に応じて与えます。
    乾燥を好むもの 乾燥を嫌うもの
    セージ、タイム、ラベンダー、ローズマリーなど コンフリー、バジル、ミント類、レモングラスなど

  • 鉢植え植え替え
    鉢植えの場合、1年に1回、春か秋にひとまわり大きな鉢に植え替えます。

  • 肥 料
    鉢植えの場合、春と秋に1回ずつ化成肥料を与えます。
    地植えの場合は、肥料をほとんど与えなくても、よく育ちます。

  • 病害虫対策
    料理やお茶に利用するものは、できるだけ農薬を使わないで育てます。
    やむを得ず使う場合は、残効性の低いものを選び、使用方法をよく確かめて使います。

    【関連】 植物の共生:植物の持つ力で、農薬を減らすことができます。


  • 夏の注意点
    コンクリートの上に鉢やプランターを置く場合は、下にレンガ、スノコなどを敷いて照り返しを防ぎます。特にラベンダーは、夏の暑さを嫌うので、出来るだけ涼しい場所で管理します。

  • 冬の注意点
    多くのものは屋外で越冬しますが、0℃以下になるような時は、できるだけ屋内で管理します。特に、セージ、レモングラス、ゼラニウムなどは、寒さに弱いので、冬は暖かい場所に移動させるようにします。

難しく考えないでハーブガーデニングを楽しみましょう。
身も心も元気になりますよ。

それでは、種まきから始めましょう!

ハーブの種まき(実生)

ハーブの取扱あり マークのある漢方相談薬局・薬店では、ハーブを取り扱っています。

漢方相談薬局・薬店紹介へ


資料提供:広島市植物公園


TOP