漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

ハーバル・ライフ

エンジョイ ~楽しいハーバルライフへのいざない。~

 
   

ハーブの種まき(実生)

ハーブガーデニング

自分でハーブを育てましょう。

 
  • 種[今回は、コーンフラワー(ヤグルマソウ、ヤグルマギク)]
  • 土(黒土、鹿沼土、バーミキュライト、鉢底石 少々)
  • その他:バット、じょうろ、スコップ、軍手、新聞紙
種まき用の土について

木目が細かく水はけがよく、保水性のよい土を3~4種類、等量を十分混合してください。

※肥料は入れなくてもかまいません。
※土を作るのが面倒な方は、園芸の土やハーブの土、または種まき用の土など、出来上がった土も売っているので利用しましょう。
※川砂又は粘土を3割前後混ぜるとシッカリとした根がつきやすくなります。

川砂について

川砂は小さな小石からできています。幼い植物にとって川砂は非常に重く安定した石なので、川砂の間に根を張ることで地上部を楽に安定させることができます。風による根への悪影響が軽減できます。

粘土について

粘土(プラスチック粘土や紙粘土などのように人工的に作ったものはダメです)は、砂を更に細かくしたような鉱物の一種です。確かに粘土だけでは隙間が無く、通気性が無く小さな植物にはよくありません。

しかし、粘土は川砂と同様の効果の他、保水能力や余分な成分を吸着する力が強く、また微量元素を含んでいて、意外な植物の成長を見れるときがあります。

園芸の土

現在、市販されている園芸の土の多くはプランターや植木鉢用としてピートモスやバーミキュライト、鹿沼土などの軽質の土が多く使われています。これは植物を植えた後のプランターや植木鉢を軽くして、移動しやすくするのに役立っています。土が軽いと大きくなる植物は倒れやすくなるので支柱などの対策が必要になります。

同じメーカーの同じ名前の土でもロットが変われば、土質も変わることがあるのでご注意

作り方1

バットに土をすりきれまで入れ、バットごと振って土の中の隙間を減らしながら平たくならし、かまぼこ板のようなもので軽く土を抑えてバットの上部に約1cmのウォータースペースを作ります。

市販されている土にはピートモスやバーミキュライトなどカサが膨らむ用土が多く使われていますので、バットに土を入れて広げただけでは水をあげるたびに、土の表面の所々で陥没などの弊害が起こるのでご注意しましょう!

園芸の土 ←今回は園芸の土を使いました。


作り方2

種の袋をあけます。袋は下からあけましょう。
こうすると、下から板棒を挿し、立て札として使えますよ。

園芸の土
↑種の袋は下から1㎝くらいのところを切ります。


作り方3

土に穴を開けていきます。

種の蒔き方としては、ばら蒔き点蒔きすじ蒔きがあります。
今回(コーンフラワー)は点蒔き(穴蒔き)です。

点蒔き(穴蒔き)
↑マジックの底などで3~5cm等間隔で押して浅い穴を開けてください。


作り方4

1つの穴に1~2粒の種を落としていきます。

1粒ずつ蒔いて発芽率を調べて見るのもおもしろいですよ!
その後、種が見えなくなる程度(5~10mm)の土を軽くのせます。
(普通、種子の厚みの2~3倍の土をのせます。)

  • この袋には発芽率60%と書かれていました。72粒蒔いたので43個発芽予定です。

  • この袋にはヤグルマソウの種が186粒入っていました。
    プランターで2~5株だけで育てたい方は、苗を買い求められることをお勧めします。

点蒔き(穴蒔き) 種


作り方5

じょうろの口を上にして水を静かにやります。
(もし種が浮いてきたら指で軽く押し込んで、少し土をかぶせて下さい。)

初日は2~3回、その後は発芽するまで日に1回水やりをしてください。
軒下におく場合は雨の日にしずくがまともに落ちてこない場所を選んでください。しずくが当ると土や種が飛ばされてしまいます。

蒔いた種が、芽生え双葉が出、本葉が5~6枚または茎が7~8cm位に成長したら、植替えの時期です。

ユキノシタ科の多年草で、ヤグルマソウという植物がありますが、今回ご紹介のヤグルマソウ(キク科)とは別の植物です。

種を蒔く時季の目安としては、気温は20~25度くらい、桜の花が咲く頃と思っていただければいいと思います。遅霜には注意して下さいね!

日本の春先にはよく雨が降るので、水のやりすぎには注意しましょう。ハーブの多くは乾燥を好みます。また、比較的やせた土でも、スクスク育ちますが、初心者の方には、バジル、ミント、ロケットなど発芽率のいいものをおすすめします。

発芽して、苗が大きくなったら、次は定植です。寄せ植えで定植するとおシャレですよ。

ハーブの寄せ植え(春~秋)



TOP