漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.胃腸虚弱者のかぜ

 漢方医療は、1)どのような人の、2)どのような症状か、を考慮しながら個々の人の状態に応じて漢方方剤を選びます。
 ここでは、日頃から胃腸が弱い人の
 ・吐き気や食欲不振を伴う冬かぜに適する柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)と
 ・嘔吐下痢を伴う夏かぜに適するカッ香正気散(カッコウショウキサン)
を中心にして解説します。

 なお、冬かぜと夏かぜに関しては、夏かぜの漢方(1.胃腸症状)を参照してください。また、ここで紹介する方剤は、胃腸かぜの漢方 と重複します。

2.胃腸虚弱者のかぜに用いられる主な生薬

 日頃から胃腸の弱い人のかぜには、主に桂皮(ケイヒ)、蘇葉(ソヨウ:シソの葉)、人参(ニンジン)を含む漢方方剤が用いられます(図1)。

3.桂皮(ケイヒ)を含む柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)と五積散(ゴシャクサン)

 桂皮(ケイヒ)は胃腸の弱い人のかぜ初期に用いられる桂枝湯(ケイシトウ:図2の破線で囲んだ5生薬)の主薬です。

 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)は、この桂枝湯小柴胡湯(ショウサイコトウ:図2のピンク枠で囲んだ7生薬)を組み合わせた方剤です。

 本方は、かぜをひいて数日以降の胃腸症状を伴う場合に用いられますが、胃腸の弱い人にはかぜ初期からも用いられます。

 本方は、胃腸かぜの漢方でも解説しています。


 五積散(ゴシャクサン)は、胃腸の弱い人のかぜをはじめ、関節痛・腰痛、冷え症など多様な症状に用いられるのが特徴です。
 本方にも桂枝湯の5生薬が含まれています。漢方胃腸薬の平胃散(ヘイイサン)の配合生薬も含まれているので胃腸の弱い人にも適します。

 五積散に関しては、漢方薬名の意味(7.五積散)も参照してください。

4.蘇葉(ソヨウ)を含むカッ香正気散(カッコウショウキサン)と参蘇飲(ジンソイン)

 蘇葉(ソヨウ)は、かぜ初期の寒けや頭重感を軽減し、胃腸の不調や気うつ感も調える生薬です。

 カッ香正気散(カッコウショウキサン)は、蘇葉に加えて吐き気を軽減する半夏(ハンゲ)を含み、食欲不振、胃もたれ、嘔気、下痢などの胃腸症状を伴う夏かぜに頻用されています(図3) 。夏かぜの漢方(1.胃腸症状)も参照してください。

 参蘇飲(ジンソイン)は、処方名にあるように人参(ニンジン)と蘇葉を主薬とする方剤です(図3)。胃腸虚弱傾向で痰を伴う咳や肩首筋のこりを伴う場合に用いられます。胃腸にやさしい漢方の総合感冒薬です。
参蘇飲カッ香正気散に関しては、胃腸かぜの漢方も参照してください。

 香蘇散(コウソサン)は、胃腸が弱い人で、気分がすぐれず、頭重感を伴うかぜの初期に用いられます。かぜの漢方(2:急性期の諸症状)も参照してください。

5.人参(ニンジン)を主薬とする補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

 人参(ニンジン)は、消化吸収機能を調えて生命維持活動と自然治癒力を強化する生薬です。

 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は、人参黄耆(オウギ)を主薬とする方剤です。日頃から胃腸の弱い人がかぜをひき、長引いて倦怠感、だるさ、食欲不振を訴える時に用いられます。

 本方をかぜの初期から用いる場合には、桂枝湯(ケイシトウ)と併用すると良いでしょう。

 本方に関しては、疲労感の漢方(2.胃腸虚弱と疲労感)も参照してください。

 日頃から胃腸の弱い人が市販の総合感冒薬を連用すると、胃が荒れて食欲不振や胃痛が起きやすくなります。
 そのような人には、柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)や参蘇飲(ジンソイン)など胃腸虚弱状態を調整する漢方方剤が適します。

~ちょっと一言:胃腸虚弱者のかぜの予防と養生

 冬かぜの予防や養生の基本は保温、栄養、休養です。

 保温: 外出を少なくし、外出時は、首回りを保温しマスクを着用する (保温と保湿)、風呂でゆっくり温まってください。

 栄養: 暴飲・暴食を避ける。冬場はネギ、ニンニク、ショウガなどで体を温める。胃腸の弱い人は消化のよい食材を温かくして食べましょう。

 休養:過労を避けて早寝早起きを心がけてください。かぜ初期にはとくに休養・養生が大切です。勤務を休む勇気も必要です。

(2018年3月2日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(5)鼻症状のまとめ」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP