きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.慢性期の口内炎の漢方薬による全身治療

 前回までに口内炎の経過に応じて漢方方剤を使い分けることを紹介しました。
  ・急性期の局所治療には桔梗湯(キキョウトウ)エキス製剤などを水に溶いて口に含んで
   ブクブクする。
  ・急性期の全身治療には黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)などの清熱剤(セイネツザイ)を
   服用する。
  ・亜急性期には、半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)を口に含んでから服用する。
 以上に関しては、口内炎の漢方(1.患部の治療)口内炎の漢方(2.急性期の全身治療)を参照してください。

 今回は、慢性的に繰り返す口内炎に用いられる漢方方剤を紹介します。 慢性期の治療 では、皮膚乾燥傾向や疲労感などの全身状態を考慮して方剤を選びます(図1)。

2.温清飲(ウンセイイン)・・・のぼせと皮膚乾燥を伴う慢性の口内炎

 反復性・慢性の口内炎には、黄連(オウレン)などの清熱薬(セイネツヤク)に、地黄(ジオウ)などのからだを潤す生津薬(セイシンヤク)を含む方剤の適応になります。

 温清飲(ウンセイイン)は、皮膚がかさかさして色つやが悪く、のぼせを伴う慢性で長引く口内炎に用いられます。
 本方の8生薬は、
 ・急性期の口内炎に用いられる清熱剤黄連
  解毒湯
(オウレンゲドクウ)の4生薬と、
 ・慢性期にも連用できるように生津剤四物湯
  (シモツトウ)の4生薬からなります(図2)。

 温清飲については、
   漢方薬名の意味(3.温清飲)や、
   血の道症(3)月経不順(2:周期の長短)で解説していますので参照してください。

3.温清飲(ウンセイイン)の関連方剤

3.1) 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ):
 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)は温清飲の8生薬をすべて含む関連方剤です。乾燥性の皮膚炎や慢性扁桃炎の痛みに用いられる方剤です。夏かぜ(とくに子どものヘルパンギーナ)の口内炎にも用いられます。
 本方に関しては、漢方薬名の意味(9.柴胡清肝湯)を参照してください。

3.2) 滋陰降火湯(ジインコウカトウ):
 滋陰降火湯(ジインコウカトウ)は温清飲に含まれる黄柏(オウバク)、地黄(ジオウ)、芍薬(シャクヤク)、当帰(トウキ)を含む関連方剤です。
 本方は口腔内が乾燥し粘稠で切れにくい喀痰を伴う長引く咳嗽に用いられる方剤ですが、口内炎にも用いられます。
 本方に関しては、漢方薬名の意味(11.滋陰降火湯)を参照してください。

4.甘露飲(カンロイン)・・・のぼせ、皮膚乾燥を伴う慢性の口内炎

 甘露飲(カンロイン)は、口腔の乾燥感、舌炎(舌の乾燥や荒れや痛み)、歯周病・歯肉炎(歯ぐきの腫れ)、咽頭炎など口内炎を含む口腔内の炎症に用いられます。温清飲の適応病態より乾燥傾向で体力低下し疲労を伴う人に適しています。
 本方は、温清飲と同様に
 ・炎症を軽減する茵陳蒿(インチンコウ)のような清熱薬(セイネツヤク)と
 ・身体の乾燥を潤す地黄(ジオウ)、麦門冬(バクモンドウ)などの生津薬(セイシンヤク)を
配合した方剤です。

 甘露飲には、石斛(セッコク)という日本漢方ではあまり使用されない生薬が配合されています。地黄(ジオウ)や麦門冬(バクモンドウ)と同様に乾燥状態を潤して熱をとる生津薬です。


5.亜急性期から慢性期の炎症性口内炎に用いられる方剤の使い分け

 反復性・慢性の口内炎の治療では、赤字で示した黄連(オウレン)などの清熱薬(セイネツヤク) に加えて、
 1)食欲不振や嘔気を伴う亜急性期の口内炎には、人参(ニンジン)や半夏(ハンゲ)を加味した
   半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)が適し、
 2)皮膚乾燥傾向のある慢性の口内炎には、地黄(ジオウ)などのからだを潤す生津薬(セイ
   シンヤク)を含む温清飲(ウンセイイン)や甘露飲(カンロイン)の適応になります(図5)。

6.胃腸虚弱を伴う慢性期の口内炎に用いられる方剤

 6.1) 清心蓮子飲(セイシンレンシイン)・・・疲労感、口腔乾燥を伴う慢性の口内炎


 清心蓮子飲(セイシンレンシイン)は、胃腸が弱く、全身倦怠感があり、頻尿や尿が出渋る状態に用いられる方剤です。
 本方は口腔内の乾燥が続く慢性の口内炎にも用いられます。

 清心蓮子飲に関しては、排尿異常の漢方(1.前立腺肥大症)を参照してください。

6.2) 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)・・・疲労感や体力低下を伴う慢性の口内炎
 胃腸が弱く、疲れやすい状態が長引けば、口内炎が生じやすくなります。このような全身の虚弱状態を改善するのが補中益気湯(ホチュウエッキトウ)のような人参(ニンジン)や黄耆(オウギ)や甘草(カンゾウ)を含む補気剤(ホキザイ)です。

 本方のほかに、六君子湯(リックンシトウ)、十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)なども、体力の低下した長引く口内炎に用いられます。

 これらの補気剤は全身症状で使い分けられます。慢性で反復性の口内炎に関して漢方相談される場合には、口内炎以外の症状(口渴、食欲、排便、睡眠、疲労感など)もくわしく話してください。

~ちょっと一言:長引く口内炎

 口内炎ができている間は、脂っこい物、刺激のあるからい(辛い)物を控えましょう。アルコールやたばこは体内のビタミンを消耗するので控えたほうがよいでしょう。便通を良くすることも大切です。
 口の中が乾燥しすぎると、細菌やウイルスが増殖し口内炎の原因になります。粘膜の潤いを保ち清潔にするようにうがい薬で、1日数回うがいをするとよいでしょう。口が乾燥しやすい人は、ガムなどを噛んで唾液の分泌を促しましょう。

 体力維持も口内炎を予防する基礎になります。バランスのとれた食生活、睡眠、適度な運動を継続しながら補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)のような補剤を服用して養生してください。

 なお、漢方製剤を服用して2週間以上も良くならない場合は、医療機関を受診してください。ベーチェット病などの全身疾患の部分症状としての口内炎も考えられます。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(2)急性期の全身治療」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP