きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.痙攣性便秘と過敏性腸症候群・便秘型の症状

 痙攣性便秘は、ストレスや睡眠不足によって大腸の蠕動運動(ゼンドウウンドウ)が強くなり過ぎて便塊を肛門側へ順調に押し出せないために起こる便秘です。
便秘と細い軟便や下痢が起きる便通異常が特徴です。

 過敏性腸症候群(IBS)の便秘型は痙攣性便秘の一部です。便秘型と下痢型があり、若い世代に多く発症します。
排便できれば下腹部の痛みや腹部膨満感が軽減します。

痙攣性便秘・過敏性腸症候群・便秘型の主な症状

2.痙攣性便秘と過敏性腸症候群・便秘型の薬物治療

 痙攣性便秘と過敏性腸症候群・便秘型の薬物治療では、便軟化剤(緩下剤)を主体として刺激性下剤を補助的に用いるのが基本です(図1)。

 痙攣性便秘と過敏性腸症候群・便秘型に用いられる主な漢方薬は、
  ・自律神経調整薬に相当するのが柴胡(サイコ)などの理気薬(リキヤク)です。
  ・抗コリン薬に相当するのが芍薬(シャクヤク)と甘草(カンゾウ)です。
  ・便軟化剤に相当するのが膠飴(コウイ:水飴)です。
  ・緩和な刺激性下剤に相当するのが山椒(サンショウ)です。

これらの生薬を組み合わせた方剤が主に用いられます。
 これらの方剤に加えて大黄(ダイオウ)の配合された方剤を補助的に使用します。

3.痙攣性の便通異常の基本方剤・・・桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)

 桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)は、便通異常と、腹痛・腹部膨満感や排便後の残便感がある痙攣性便秘や過敏性腸症候群に用いられる基本方剤です。

 本方は、芍薬(シャクヤク)と甘草(カンゾウ)の組み合わせて筋肉の過剰な緊張を緩和して腹痛を和らげる方剤です。

 なお、過敏性腸症候群・便秘型の漢方については、過敏性腸症候群(1.便秘型)も参照してください。

4.桂枝加芍薬湯の展開(1)・・・建中湯類(ケンチュウトウルイ)

 桂枝加芍薬湯を服用しても便秘改善効果が十分でないときには、他の方剤と併用したり、関連方剤に変方する工夫をします(図3)。

 桂枝加芍薬湯の応用展開の中で、大黄(ダイオウ)を用いない工夫としては、図3の下段のように、建中湯類(ケンチュウトウルイ)を応用することです。

 糖類性の便軟化薬の膠飴(コウイ)を含む小建中湯(ショウケンチュウトウ)に変えるか、
 腸管運動を刺激する山椒と便軟化薬の膠飴(コウイ)を含む大建中湯(ダイケンチュウトウ)を桂枝加芍薬湯と併用します。

 桂枝加芍薬湯小建中湯に関しては、 漢方薬名の意味(6.建中湯類)を、大建中湯に関しては、冷え症(6.冷え腹、腹痛)を参照してください。

5.桂枝加芍薬湯の応用展開(2)・・・桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)

 痙攣性便秘と過敏性腸症候群・便秘型には、大黄を含まない桂枝加芍薬湯建中湯類が第一選択ですが、便秘が主体で排便困難な時には大黄も必要です。

 そのような時には、図3の上段のように、
 1)桂枝加芍薬湯大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)か調胃承気湯を(チョウイジョウキトウ)を併用するか、あるいは

 2)桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)を用います。本方は桂枝加芍薬湯大黄(ダイオウ 2g)を加えた方剤です(図4)

 桂枝加芍薬湯桂枝加芍薬大黄湯に関しては、過敏性腸症候群(3.まとめ)も参照してください。

6.多様な精神神経症状を伴う痙攣性便秘・・・加味逍遙散(カミショウヨウサン)

 痙攣性便秘や過敏性腸症候群・便秘型は、精神的ストレスや睡眠不足に起きます。

そこでストレスうっ積状態(気滞キタイ)に用いられる加味逍遙散(カミショウヨウサン)が適応になります。

 本方は図1に示した気うつやいらだちを軽減する理気薬(リキヤク)の柴胡(サイコ)を含む四逆散(シギャクサン)の関連方剤です(図5)。四逆散も胃痛・腹痛を伴う過敏性腸症候群・便秘型に用いられます。

 加味逍遙散は、大黄を含みませんが配合生薬の山梔子(サンシシ)に緩和な瀉下作用があります。

 加味逍遙散に関しては、
  血の道症(4.月経不順3.周期が不安定)冷え症(8.冷えのぼせ)
  PMS(2.イライラと怒り)疲労感の漢方(4.ストレスと疲労感)を参照してください。

痙攣性便秘・過敏性腸症候群・便秘型の予防

 痙攣性便秘や過敏性腸症候群・便秘型には心理社会的因子(ストレス)が関与しています。ストレス解消法は、旅行、運動、風呂、睡眠などいろいろあります。自分にあった日常を離れる工夫を考えて継続してください。

 食事も便通に影響します。
 ・できるだけ食事の時刻を一定にする(朝食後の排便を試みる)  ・刺激物を避ける: 腸管運動を刺激する冷たい物、冷たい炭酸飲料、
   香辛料の強いカレーやキムチなどがよくないようです。

 なお、何を食べたら便通異常が起きるかは人によって異なります。過剰な食物繊維が腸管を刺激しすぎて便秘になる場合もあります。
 各自で何を食べると便秘になるのかを考えて、避ける工夫をしてください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(1)基礎知識」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
かぜ(風邪)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
感冒(首筋のこり)
感冒(頭重感)
感冒(頭痛)
感冒(ながびく咳)
感冒(のどの痛み)
感冒(吐き下し)
感冒(鼻風邪)
感冒(鼻水・くしゃみ)
感冒(ふしぶしの痛み)
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
口内炎
呼吸困難(COPD)
更年期障害(血の道症)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
(た行)
たん(痰)
男性不妊
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
婦人更年期障害(血の道症)
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味

TOP