漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.精力減退と腎虚(ジンキョ)と補腎薬(ホジンヤク)

 倦怠感・意欲低下と精力減退を伴う男性更年期障害には補腎剤(ホジンザイ)の適応になります。この(ジン)は発育や生殖に関係する生殖泌尿系、免疫系などを司る漢方医学の五臓の一つです。

 精力減退は心身の活動力とくに男性の性機能の低下状態を意味しています。精力の(セイ)は、生命を維持するエネルギー源を意味する漢方用語です。は漢方医学の(ジン)に蓄えられます。

 加齢によって(セイ)が減少し性機能の低下した病態が腎虚(ジンキョ)です。腎虚には補腎薬附子(ブシ)や地黄(ジオウ)の適応となります(図1)。

 なお、気うつ、不安など精神的な要因の大きい精力減退に適する方剤に関しては、男性更年期障害の漢方(2.いらだち、気うつ)を参照してください。

2.精力減退と倦怠感を伴う男性更年期障害に用いられる主な補腎剤

 図2に精力減退と倦怠感や冷えを伴う男性更年期障害に用いられる主な補腎剤(ホジンザイ)をまとめました。


 

  八味地黄丸(ハチミジオウガン)は、加齢による生殖泌尿器系や視力や歯の衰え、骨や足腰の機能が低下した病態に用いられる方剤です。
 本方については、不妊(2.男性不妊)排尿異常の漢方(1.前立腺肥大)を参照してください。

 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)は、八味地黄丸牛膝(ゴシツ)と車前子(シャゼンシ)を加味した方剤です。八味地黄丸の適応病態に四肢のむくみやしびれが加わった状態に用いられます。
 本方については、漢方薬名の意味(8牛車腎気丸)を参照してください。

3.倦怠感と精力減退を伴う男性更年期障害に補腎・補気剤

 精力減退や倦怠感には補腎薬(ホジンヤク)と補気薬(ホキヤク)の人参(ニンジン)を含む方剤も用いられます。

3.1) 清心蓮子飲(セイシンレンシイン)の配合生薬の中で、
 ・補腎を担うのが蓮子(レンシ:蓮肉レンニク )や地骨皮(ジコッピ:クコの根皮)、
 ・補気を担うのは人参黄耆(オウギ)です(図4)。
本方は、八味地黄丸を服用して胃部不快感を伴う男性更年期障害に適します。

 本方に関しては、漢方薬名の意味(20.清心蓮子飲 )を参照してください。

3.2) 瓊玉膏(ケイギョクコウ)は、血の道症(産後の不調)で紹介しましたが、本方は、補腎薬地黄枸杞子(クコシ)、補気薬人参茯苓(ブクリョウ)を含むことから倦怠感と胃腸虚弱傾向の男性更年期障害にも適します。
 基礎研究では、精子の運動性改善、精子の増加など男性更年期の精力減退を軽減する作用が明らかにされています。

4.腎虚を予防する薬食同源の食材

 中国では腎虚の予防のために薬食同源の食材が利用されてきました。

 八味地黄丸に配合されている山薬(サンヤク:ヤマノイモの根茎)はトロロとして食べる食材です。清心蓮子飲に含まれる蓮肉(レンニク :ハスの種子)や瓊玉膏に含まれる枸杞子(クコの果実)は中華粥の具に含まれています。

 上記の食材の他にも、白きくらげ(銀耳 ギンジ)、ゴマの種子、クルミの種子仁 (胡桃肉コトウニク)なども補腎用の薬食同源として薬膳(ヤクゼン)で利用されています(図5)。

~ちょっと一言:腎虚(ジンキョ)を補う動物生薬

 薬局で市販されている精力剤には、男性ホルモンのメチルテストステロンを含む第1類医薬品があります。
 さらに動物生薬の海狗腎(カイクジン:オットセイのペニスや睾丸)、海馬(カイバ:タツノオトシゴ)、蛤カイ(ゴウカイ:オオヤモリ)、反鼻(ハンピ:マムシ)、鹿茸(ロクジョウ:シカの仲間の角化していない角)などを含む生薬製剤も市販されています。
 鹿茸に関しては不妊(2.男性不妊)を参照してください。

(2018年7月4日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(3)倦怠感	」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP