漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

薬局・薬店の先生による健康サポート

樋口和子先生の身近な漢方 「不眠症」

漢方はひとりひとりの体質、体格、その時の体調に
合わせるオーダーメイドの薬です。
あなたに最も合った漢方処方を合わすことにより、
不眠症は、治せます。

漢方専門・みくに薬局 漢方専門・みくに薬局
(大阪府堺市)

不眠症

不眠症
不眠症

不眠症は、脳神経系の異常で起こるものは極めて少なく、大半は一種の不眠ノイローゼであると言われています。
眠れない経験が強迫観念となって悪循環に陥ってしまいます。

精神療法、説得療法や自分で努力することによって治せることもありますが、それらがうまくいかない時は漢方によって治せることがかなり多いのです。

現代医学の睡眠剤や精神安定剤が肝障害などを起こすこともあり、習慣性や蓄積作用があることを考えると、その人に合った適格な漢方処方が見つかれば、それが最も望ましいと言えるでしょう。

体格・体質別の症状例と代表的漢方処方
体格・体質 代表的処方と症状
実証⇔中間証⇔虚証
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
    音に敏感で些細なことが気になる。
  • 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
    のぼせ、高血圧に伴う不眠。
  • 抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)
    病的に怒りっぽくイライラがきつい。
  • 三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)(さんもつおうごんとう)
    足の裏が異常にほてって眠れない
  • 甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)
    ヒステリー症状が強い、生あくびがでる。
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
    月経異常があったり、月経周期に左右されやすく、イライラする。
  • 甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)
    胃が重苦しいことが多い。下痢・腹鳴があり、眠れない。
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
    頭汗が多く、口の中がねばつく。背中が凝りやすい。
  • 酸棗仁湯(さんそうにんとう)
    疲れると余計に眠れない。夢が多い。
  • 竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)
    病後に咳や痰が多く、眠れない。
  • 加味帰脾湯(かみきひとう)
    クヨクヨしやすい。物忘れしやすく、夜中に目が覚めると眠れない。
先生からヒトコト

漢方で眠れるようになると、自然な深い睡眠が得られます。

文: 漢方専門・みくに薬局 樋口和子先生

先生の紹介

プロフィール

漢方専門・みくに薬局 樋口和子先生
漢方専門・みくに薬局
樋口和子先生

略歴

近畿大学東洋医学研究所で20年漢方を学びました。
現在JR上野芝駅前で“漢方専門みくに薬局”を開いています。

樋口和子先生に漢方相談をする

TOP