きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

薬局・薬店の先生による健康サポート

汗のトラブル

当薬局が心がけているのは、汗の本質を見極めることです。
漢方薬でお世話できるのは以下の4つのパターンだと思います。

①甲状腺機能の亢進・・・・・これは汗のかきかたが半端ではありません。当然甲状腺機能亢進の診断も受けておられますから、その種の漢方薬でお手伝いします。

②神経性・・・・・・・・・・手のひらや脇にかきます。緊張したりすると一瞬の内に多汗状態になります。繊細な方に多いです。

③全身・・・・・・・・・・・これはある薬草を配した漢方薬で汗を止め、おしっこで余剰の水分を捨てます。

④更年期障害・・・・・・・・ホットフラッシュの一症状ですから、更年期障害の漢方薬で解決します。

店主からヒトコト

栄町ヤマト薬局では、当症状についてご相談を承っております。
商品などもご提案もさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

先生の紹介

プロフィール 栄町ヤマト薬局 大和 彰夫先生栄町ヤマト薬局
大和 彰夫先生

コメント

漢方はなんら特別な治療法ではありません。奇跡を起すことは出来ませんし、難病に対して神がかり的な効果が期待できるものでもありません。

僕たちは日常ありふれた病気で、現代医学が苦手としているものに確実に効果を感じていただけることを大切にしています。

「一人でインターネットの前で苦しまないで!」

TOP