きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

薬局・薬店の先生による健康サポート

冷え症と漢方

漢方薬で温活して、冷え症を改善しましょう。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方薬による体質改善によって、冷え症を治すための「温活」のお手伝いをしております。

冷え症の方には、大きく分けて三つのタイプがみられます。

一つは、「気血が不足した」ことで冷えるもの、次に、「血行不良」による冷え、もうひとつは、身体をああためる「陽気が不足した」ことによって冷えるタイプです。

漢方的に見たててタイプ別に温活して冷え症の体質を改善していくと、身体のバランスが整って、体調が良くなり、顔のクスミが消えたり、肌に艶と張りが出てきます。

冷え症が原因で発生したり悪化しやすい病気と症状

肩こり、首こり、生理痛、腰痛、頭痛、月経不順、月経前症候群(PMS)、不妊症、不育症、風邪を引きやすい、皮膚のクスミとシミ、化粧のりが悪い、肌荒れ、血色不良、自律神経失調症、不眠症、更年期障害、むくみ、頻尿、便秘、下痢


今年の冬は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬によって、身体の中から根本的に体質改善をして、冷え症を治しましょう。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による温活の実証例

70歳 女性

  • 2年前の下肢静脈瘤の手術後から、脚がジンジンとしびれたり、とても冷たく感じる。
  • 片方の足も、調子が悪くなって来たので、なるべく手術したくない。
  • 動悸がすることがある。

脚のジンジンと冷えを治したくてと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、於血、気虚、腎虚等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、 髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。
「脚のジンジンしていたシビレ感が、すっかり無くなった。」
「両脚が温まって、気分がいい。」
と喜ばれた。


55歳 女性

  • 6年くらい前から、ずっと頭痛がする。
  • 病院では異常なし。
  • 鎮痛剤を飲むと胃にさわる。
  • 胸やけしやすい。
  • 身体が冷えやすい。
  • 特に、腰から下が冷えて、腰痛もある。
  • おしりが、シクシク痛む。
  • 脚の内側が重だるくなる。

頭痛と冷え症を治したくてと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、腎虚、気虚、脾虚、於血、痰湿などの体質がみられたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。
「おしりの痛みが取れて来た。」
「腰痛が半分くらいになり楽になってきた。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。
「ずっと悩んでいた頭痛が、ほとんど消えた。」
「身体全体が、温まって調子がいい。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は、完治を目指して続けたい。」
と喜ばれた。

店主からヒトコト

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、冷え症を改善する漢方薬療法を得意としております。

冷え症や低体温症などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


関連ページ

先生の紹介

プロフィール 髙木漢方 髙木 佳久先生髙木漢方
髙木 佳久先生

コメント

髙木漢方のコンセプトは「漢方薬で健康家族」です。

アレルギー体質や虚弱体質などの体質改善と、生活習慣病などの病気の予防(未病)に重点をおいて、漢方医薬学の豊富な知識と経験を通して、漢方の健康病気相談に取り組んでおります。

漢方薬によって自然治癒力を呼び覚まし、免疫力を強化して、血液をサラサラにして血管力をつけて、補腎によって気力・体力・精力を強化して元気力をつけ、病気になりにくい体質をつくり、病気が治りやすい体質に改善することを一緒に考えていきましょう。

あなた様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

TOP