きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

薬局・薬店の先生による健康サポート

夏の養生

今夏は、とても暑い日がつづきますね。
ここ横浜でも、体温を軽く超えています。

暑い夏は、漢方でいう「心」を痛めます。
心が痛むと、心肺機能が低下して、日射病から熱中症になることもございます。

体温が下がらないときや、意識がもうろうとしたら、熱中症かもしれません。 室内で、熱中症になることもございます。

熱中症に対する漢方的な予防法としては、心肺機能を高める麦味参顆粒を飲んでおくといいでしょう。
こまめに水分補給して、麦茶などミネラルを含んでいるものが必要です。

身体がバテてしまったときは、補中益気湯や清暑益気湯などの出番です。

発熱や息切れや動悸がするときは、牛黄元がいいでしょう。

水分の摂りすぎや、冷房のあたりすぎで、下痢が続くときは、勝湿顆粒が良く効きます。

夏は、光化学スモッグも発生しやすくなります。
帰宅したら、うがい、手洗い、洗顔を忘れずにしましょう。

夏風邪の予防には、板藍茶がいいですね。
ノドのケアには、響声白龍散がおすすめです。

何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しくださいませ。

店主からヒトコト

漢方薬で夏場に体調を整えたいときや、病気に対しての養生法などでお悩みの時は、お気軽にご相談ください。

夏の紫外線によるお肌のトラブルのご相談も承っております。


関連ページ

先生の紹介

プロフィール 髙木漢方 髙木 佳久先生髙木漢方
髙木 佳久先生

コメント

髙木漢方のコンセプトは「漢方薬で健康家族」です。

アレルギー体質や虚弱体質などの体質改善と、生活習慣病などの病気の予防(未病)に重点をおいて、漢方医薬学の豊富な知識と経験を通して、漢方の健康病気相談に取り組んでおります。

漢方薬によって自然治癒力を呼び覚まし、免疫力を強化して、血液をサラサラにして血管力をつけて、補腎によって気力・体力・精力を強化して元気力をつけ、病気になりにくい体質をつくり、病気が治りやすい体質に改善することを一緒に考えていきましょう。

あなた様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

TOP