きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

薬局・薬店の先生による健康サポート

後鼻漏=分泌物の切れの悪さ?

かぜや蓄膿症、アレルギー性鼻炎を通じて、鼻汁や痰をたくさん出す。そういう症状が長く続いてしまうと、分泌に歯止めが利かなくなり、分泌物が溢れることで、患部の粘膜は水浸しのような状態になります。

水浸しになった粘膜は潤け(ふやけ)と共に、水腫や熱腫を生み出し、それがまた後鼻漏の引き金となります。

そうして繰り返される悪循環が分泌物の切れを悪くして
後鼻漏を長引かせます。

分泌物の増加は本来、体から異物(例えばウィルスや花粉)を排除する為の反応ですが、後鼻漏の場合にはその限りではありません。

排除すべき実害が存在しないのに、分泌が継続する。
漢方ではそうした状態は、正気の虚を反映すると考えます。

鼻が利かない(臭いを感じにくい)ことや、
鼻づまりを起こしやすい状態をしばしば「鼻が悪い」と表現しますが、
それは要するに鼻の正気の悪さ(≒正気の虚)を意味する訳です。


後鼻漏=脾・肺の虚?

漢方では、後鼻漏は脾と肺の不調を反映すると考えます。

脾と肺は分担・共同して、呼吸器の分泌機能を支えており、脾は呼吸器周辺の粘膜・肌肉の水はけを整え、肺は分泌物に歯止めを利かせます。

後鼻漏の場合には、脾と肺の不調は、
垂れてくる分泌物の性状(色調や粘度)に反映されます。

特に、色が透明で水っぽくなるほど、
分泌物は脾・肺の虚を伴う気虚痰の傾向が強くなります。

また脾と肺の間には親子関係があり、肺の不調が脾を脅かすことで、
症状を重くしたり、長引かせる為に注意が必要です。


店主からヒトコト

後鼻漏は鼻炎や蓄膿症の延長で現れる場合が多く、その発症を自覚しにくい症状です。
けれど一方で、初期の病状は、肺の不調に限られる(脾の失調を伴わない)ケースも多く、そうした段階で適切な治療を行う事が、後鼻漏解消の近道です。


関連ページ

先生の紹介

プロフィール 漢方 柿ノ木薬局 宮川 貴夫先生漢方 柿ノ木薬局
宮川 貴夫先生

コメント

  • 店頭に『今日の一言』と題して、日々のちょっとした事を貼り出しています。
    お店の前を通られたら、ぜひご覧になって行って下さいね。

TOP