自尊心とプライドは似て非なる物です。

プライドが高い人・・・
他人に認められようとして自分を大きく見せようとします。
これは自信の欠如。

では、自尊心とは・・・・
あらゆる自分を認め受け入れ自分に価値があると思えることです。

自尊心は、様々な生まれつきの性分をコントロールするのに
必要な心です。
他人と比べるのでなく、自分の持ち味を見つけて活かすこと。
自分の感じ方や思いを受け入れ表現すること。
それが大事です。
協調性はもちろん大事ですが、
自分の思いや考えはこうだ と伝えることができて
同調すべきは同調し、
人はどうであれ、
自分なりの思いを遂行すれば良いときはそうする。
そうして自尊心アップを!

 

自信をなくすと人は生きていけない。
ピンチで、
自分でなんとかできるという自信。
自分で無理なら誰かがなんとかしてくれるという自信。
これらが大事。
自信をなくしてしまうと「うつ」が待っているといっても過言でない。

自分自身の自信を保つには、
何か「できる」と思えること
・身体や気持ちをコントロールできること
・自分が愛されている、必要とされていると実感できること

が必要であり、
自信が持てない人や持てない時にできることは、
以下のことを、ハードルの低いところから達成していくと。

・自分も「快適」「気持ちいい」と思えることで
 他人の役に立つようなことを少しでもしてみる。
 無理せず、できることでOK。(そうじ、かたづけ、草引きなどで良い)
・自信が低下しているときは身体感覚が鈍っているので、
 わざと、ゆっっくり食事するなどして味わってセンサーの回復をめざす。
・有酸素運動をして達成感を味わう。

この、じっくりゆっくり味わうというのがミソなのです。