芦原トンネル崩落に伴う通行止めの件
解除となった模様です。
とはいえ、
従来通りの通行でないため
規制に沿って安全運転でお越しください。


奈良県橿原市から吉野に向かう
芦原トンネルが崩落により
通行止めとなっています。

桜井・宇陀・三重・名古屋方面からは
多武峰を越えて、もしくは三茶屋~竜門経由で、
橿原以北の方は、京奈和バイパスの
御所南インターおりて
御所~大淀町経由でお越しください。
迂回で15分程度は時間がかかると思われます。
よろしくお願いします。

当面は通行止めが続くと思います。
尚、吉野から橿原方面は問題ありません。


喉に、黒に近いグレーと思われる腫瘍が見つかった方。
即座に手術ではなく、経過観察しながら
状況により抗がん剤や手術も選択。
そういう状況で、
漢方薬やレクチオ、オリマックスを服用して頂き
定期的に病院で検査していく内に
だんだんと小さくなっていき
先日「消えた!」といううれしい報告。
全ての方が上手くいくわけではないけれど
こういう報告はうれしいものです。
試す価値あり。

情報が氾濫する昨今、
いろいろなサプリや医薬品が出回っていますが、
「どうしても気になる」なら
副作用の心配ないなら一度試したら良いと思います。
もちろん、医療機関での標準治療が優先です。
まじないみたいなものに心酔して
命を落としてはいけません。
どこで救われるか?
それはやってみないとわかりません。

 

湧き上がる怒りや焦り、不安、涙、悲しみ、憂い・・・・・
そんな感情に振り回されて
疲れ果ててしまって
何もやる気が出ない人。
逆に、頑張りすぎてしまって疲れ果てて。。。

病院受診すると
自律神経失調症とか、あるいは
時に耳にする精神疾患の病名をつけてもらって
薬をもらって帰ってくる。
薬が必要な場合もあるものの、

まず大事なことは、
「しっかり休む」こと。
「休む」とは しっかり「眠る」こと。

体を横にしていても
頭は働いていて休んでいません。
眠っている時が「真の休み」です。
眠りましょう。
いくら眠ってもかまいません。
身体の要求に応えて眠るのです。

そして、いろいろな情報に振り回されない事。
ネットを見れば情報が飛び交ってます。
その情報を整理するだけでも疲れます。

さらに、「安心できる人」を見つけて
「心のわだかまり」をさらけ出しましょう。
「吐いたら楽になる」は本当です。
自分のつらさを しっかり吐いて
表現欲求を満たし、
共感してもらって共感欲求を満たし
「味方がいる」そう思えるだけで
ずいぶん救われるものです。

それに必要ならば薬や治療となります。
一人で抱え込まないで。。。。

   

溺れる者はわらをもつかむ。
そんな気持ちでお見えになる方も多い。

ある方曰く、
「失礼な!自分はわらではない!」

確かにそういう見方もあるけれど、
切羽詰まった感情、
どこかで救われたい という感情は確か。

もしかしたら、
そのわら、意外と浮力がしっかりしていて
助かるかもしれないのです。

ただし、条件があります。
わらにすがって、
バタバタもがくと わらごと沈んでしまいかねません。

望みを託してすがったのなら
ジタバタせず、
身を委ねる事です。
できるだけ、
わらに負担をかけないよう
自ら浮こうとすることです。

治癒という目的に向かって
ともに歩む。
互いの信頼関係の中で
互いに知恵を絞って。。。
医療というもの決して一方通行でないのです。

一方通行に思える手術でも、
患者さんからの情報提供があって
より安全に行えます。

あくまでも共同作業という認識で
治癒に向かって頑張りましょう。