健康トピックス 「灸」

梅雨の時期の高湿と低気圧
一日の気温の変化の大きさ
「エアコン負け」
春から頑張ってきて、ようやく落ち着いてどっと出る疲れ

そんなのが重なって、
最近、全身倦怠感・頭痛・肩こり・腰痛・むくみを訴える人が多くなりました。

こんな方には、
「温める漢方」と「温める治療」「灸」「水をさばく漢方」などが効果を上げています。

いつも肩凝りで 桂枝加葛根湯 でOK!という方、
この時期、これではダメ!とのことで、
葛根加朮附湯 にしたらよく効いた。

どちらかというと弱い人に使う処方で平素はよく効いていて、
それよりもっと「弱って」状態が悪くなって、
本来ならば、
もっと弱い人用の「補う」処方でないといけないのに
なぜか、少し強い人用の処方で効くところが難しい。
ただ、今の時期限定で、続けるときっと「薬が勝つ」かもしれない。
ホントに難しい。
でも・・・
少し工夫するだけで、漢方も良く効くものです。
この少しが「さじ加減」なんでしょうね。


         

糖尿病から慢性腎炎を発症し、
何とか透析に移行するのを
阻止したいという方。

腎機能低下に伴ってか、
足がむくんで仕方ない。

学生のころは、
心臓由来のむくみは足に、
腎臓由来のむくみは顔に、
肝臓由来のむくみはお腹に、って習ったけど、
生身の体はそう単純なものでない。

TVで「五苓散」やっていたが、
そう簡単に、むくみは解決しない。

そこで、背中から腰にかけて並んでいる
「治癒を促すツボ=愈穴」にお灸することにした。

お灸する場所に印をつけてあげて、
家でお灸してもらった。

すると、
ナント、むくみが解消してきて、
続けているうちに、
むくみがなくなり、
腰痛も良くなった。

いいですね、お灸。
この方は、お灸が当たった。

試して「なんぼ」です。
試さなかったら、結果が分からない。

当たりがどこで出るか?
それは分からないけど、
何か試してみてください。


       

頭痛・・・日常よく遭遇し体験する症状ですが、
程度の差もその原因もさまざまあります。

ストレスによって気の流れが滞っていたり、
それによって血流が悪くなったり
筋肉がこわばって起こる頭痛には
ツボ療法が有効なこともあります。

NONALNUM-5aSn44Go44KT-E



写真は「太衝(たいしょう)」というツボにお灸をしています。
親指と次の指の間を 指で擦り足首のほうに移動して
指の止まる所にあるツボです。

頭痛だけでなく、不眠・月経不順・めまい・ひきつけ・うつなどにも応用されます。
海外の文献にも登場して一定の評価を得ているツボです。
是非、お試しください。

     

自宅で簡単にできるツボ療法② 胃腸を整える

足三里(あしのさんり)・・・・足のすねの骨の外側、指でなぞって止まるところにあるツボ
NONALNUM-6Laz5LiJ6YeM-E


写真は左の足三里に針治療をしています。
このツボは、何といっても胃腸の調子を整えるのに抜群の効果を発揮します。
動物実験でも、このツボに針をすると胃透視で胃の動きが良くなることが
分かっていて  改めて、先人の偉大さに敬服します。

かつて、松尾芭蕉も このツボにお灸をすえて旅をしたと云われています。
解剖学的には前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉がそこにはあり、
歩き疲れたら痛んでくる筋肉です。
そう考えると、この足三里というツボ 胃腸にも良く、足の疲れにも良いという事で
松尾芭蕉にとっては一石二鳥だったわけですよね。
ここは簡単に自分でもお灸ができます。


食べ過ぎ・飲みすぎ・胃のもたれ・・・・・
夏バテの胃にも もちろんOK!
また、最近は中高年の登山が増えているようですが、
胃腸のみならず、足の疲れにも
予防・治療にこのツボを役立ててください。