健康トピックス 「肋間神経痛」

痛みを訴えてお見えになる方は多いですが、
大きく分けて3種類の痛みがあるように思います。

① 坐骨神経痛や肩こり痛などに代表される神経や筋肉、
  骨の状態や血管の状態に問題があるケース

② 内臓に問題がある痛み

③ 心の痛みが「どこかの痛み」として感じているケース

①に関しては、血管に問題がないのか?骨に問題がないのか?
 神経はどうか?等を考えながら、それらが疑わしい場合は専門医受診を
 勧めます。場合によっては紹介状も書きます。
 筋肉の「こり」などから来ていると思われるケースでは、
 東洋医学、ことに針灸治療が効果を発揮します。
 漢方薬併用でさらに効果が上がることもしばしば。
 「レントゲンでもMRIでも何もないといわれました。
 血液検査や脳のCTも大丈夫でした」というような方で
 よくわからない痛みに悩まされている方には東洋医学が
 合うように感じています。

②に関しては、内臓をたてなおす事。
 そのレベルに応じて専門医受診が必要なケースもあれば
 「冷えから」などと言う場合は漢方薬が得意です。

③に関しては、ここのところ良く遭遇するようになりました。
 これは、定期的に面接しながら心の痛みに向き合い
 「癒やしの針治療」を行いながら、
 「漢方の精神安定剤」とでも言うような処方で対応していきます。
 それで、徐々に良くなっていくものです。

 あなたの痛みをどのタイプでしょうか?
 

           

帯状疱疹後神経痛(PHN)ってご存知ですか?
最近、多いんですよ。
子供の頃、水ぼうそうにかかると、その後、脳や脊髄の
神経節に潜伏し続けて、疲れなどで免疫が低下したときに
出るのが、帯状疱疹(いわゆるヘルペス)です。
皮膚症状が治ったあとも
神経障害性の痛みが残る場合があります。
いろいろな薬剤や治療方法が試されていますが
かなり有効と考えられるのが、針治療。
そして、免疫改善を図るスーパーオリマックスです。
最近のサーベイランスによると
帯状疱疹は必ずしも終生免疫でなく
二度かかることもあるようです
そう考えると疲労による免疫低下は大問題!
平素から、快食・快眠を心がけることが大事かと。
さらに免疫力をつけるような漢方やサプリで鬼に金棒です。