健康トピックス 「脊柱管狭窄症」

脊柱管狭窄症のある方
それ以外にも、糖尿病や耳鼻科疾患、内科疾患など多々。

腰痛には、整形で、
今流行りの脳に働きかけて痛みを緩和させる薬も服用していたが
眠くなって仕方ないので中止。
そこで、別の鎮痛剤を服用するも、
ここのところ、夜間に腰から足がうづいて眠れないとの事でご相談に。

平素の漢方は、もう飲んでもらっていたので、
併用OKな漢方で、調整することにした。

報告によると、
1包では効果なかったが、2回続けて服用すると腰から足が暖かくなって痛みが和らいだとの事。
病院の薬では得られない感覚で良かったとのこと。
一日3包まで服用できますと伝えておいた。

この処方、慢性腰痛や坐骨神経痛にもいける。

     

一年前から右腰から右おしり、足にかけて、しびれと痛みで辛いというOさん。
座っていて立ち上げるのはできるけど、歩きかけが痛くて辛い。
台所などで立ちっぱなしはできない。
朝起きた時も特に痛い。
何とか足に力は入るし、血管の閉塞は無さそう。
病院では、腰骨の下の方がつぶれて骨の棘ができて
それが神経に当たって痛んでいるという説明。

痛み止めの点滴、湿布、鎮痛剤内服も効果なく
整体や整骨院に通うも効果ががなく、
知人に紹介されてお見えになった。

聞くと、腰からおしり、足の脛の方まで疼くと言う。
よく調べてみると、
腰椎のすぐ横の「福田流夾脊点」「福田流中股点」「福田流上前点」「陽交」に
鋭敏な反応点を検出できた。
ここに刺激を加えると痛いけど気持ちいいという。
治療後、「何だか足が軽くなったみたい」と。
その後、一週間に一度のペースで加療して
一カ月後には、
痛みのレベルが10→2になったという。
現在、レベル「ゼロ」にすべく間隔をあけて治療継続しています。

いわゆる、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛、ヘルニアと言われているもので
病院で全く好転せず、こちらでうまくいくケースはしばしばあります。


         

通販でもおなじみの骨盤ベルト
骨盤のズレや歪みを治し、腰痛予防には効果的だと思います。
最近、コルセットよりこちらの方が良いように思います。
ゴムの厚みや巾、質感など総合的に判断して、
写真のメーカーのモノが個人的にはお気に入りです。

NONALNUM-6aqo55uk44OZ44Or44OI-E


 運送関係の方におススメすると、
 昔から、運送関係の人は腰痛予防に、
 荷物の積み下ろしの際にはゴムチューブを骨盤に巻いて作業をしていたのだとか。
 先人の知恵に脱帽!

こんな人におススメです。
 
 ・ 仕事で腰に負担をかける人
 ・ スポーツをする人
 ・ 立ち仕事、あるいは、座り仕事の人
 ・ 腰痛持ちの人
 ・ 自転車・バイクに乗る事が多い人
 ・ 肩凝りの人
 ・ ダイエットしてウエストを絞りたい人