健康トピックス 「ガンの代替補完療法(再発予防、病院治療の補完、ガン予防)」

前立腺癌の方、
ニンニクレクチン服用
グンと腫瘍マーカーの数値がさがった。
自覚症状もなく元気いっぱい。
定期的に血液検査や各種検査をして
チェックはしているが
今のところOK!

では、ニンニクレクチンとは・・・
産業医科大学と九州女子大学、鳥越製粉の共同研究
によって誕生したニンニク抽出成分。

腸管にあるパイエル板という免疫器官で吸収されて
免疫細胞のリンパ球を活性化したり
ガン細胞のアポトーシス(ガン細胞の自然死誘導)
促すと考えられていて
動物実験でもその効果が確認できている。
この成分、
他のニンニク由来の医薬品や健康食品には
同一成分は見つかっていない。(メーカー調べ)

また加熱調理すると壊れてしまうし、
収穫後新鮮でなければ含まれていないとのこと。

現実的には生の新鮮なニンニクで
効果があるくらいのレクチンを摂取しようとすると
とてもじゃないがムリだとのこと。

そこで開発されたのが
機能性食品ニンニクレクチオ(商品名)
効果の高さから補完療法に用いる医師も急増中だとか。

効果が報告された病期や症状は
ガン・高血圧・腎不全・糖尿病・脂質異常症・
花粉症・慢性疲労・便秘・口内炎・気管支炎・
前立腺肥大・耳鳴り・扁桃腺炎・
うつ病・肝炎・薄毛・・・など


即効性ある場合もあるが、多くは継続して
効果が出てくるようで、
最初の1~2か月はさほど変化なくても
その後じわじわ効果が出てくるケースが多いよう。

あくまでも一つの選択肢ですが、
試してみる価値ありと思います。
継続は力と信じて続けてみませんか。

   

腫瘍で余命わずかと宣告されて、
わらをもすがる思いでお見えになった。

腫瘍部位から出血もあり
全く元気がないということなので

止血と栄養状態改善、
そして造血も見込める漢方と
ガン細胞の自殺(アポトーシス)を誘導し
転移をふせぐ事が期待できるレクチン(ニンニクレクチン)
を使ってもらった。

すると、腫瘍は半減!
止血もした。
元気も出てきて立てるようになり
力もわいてきた。
只今元気!

すごいと思いません?
予断は許しませんが、
こんな事もあるんです。

あきらめないで!

 

2011年11月4日 台北医科大学にて
日本臨床食物機能研究会海外研修会が行われました。

台湾と日本、両国の代替補完医療関係者の情報交換を目的として
台北医科大学の協力で開催されたものです。

産業技術総合研究所の分子複合医薬研究グループ主任研究員 辻 典子 氏より

経口免疫寛容と制御性T細胞、それらを支える腸内環境について発表があった。
どうやら、免疫システムは抗炎症と感染防御の両方が必要でそのバランスをとるために
GALT(消化管免疫組織)が免疫恒常性の任を担っているとのこと。

ちょっと難しいですが、
如何に腸管免疫が大事かという事です。

で、オリジン生化学研究所の前田所長の発表では、
臨床病期Ⅲ期とⅣ期ガン患者36名に対して
オリザロース(スーパーオリマックス)の摂取を含む代替補完医療を実施し5年間、
生存期間の調査を行ったところ、Ⅳ期患者22名中14名生存63.6%と
日本における統計の20.8%を大きく上回った。
との報告でした。

スーパーオリマックスには
今後も期待したいです。


   

末期がんといわれて生還した方の話は時々耳にします。
あきらめてしまう前に・・・・
「宝くじ」のような確率かもしれませんが
試してみる価値のある治療法や生活があるのではないかと思います。

民放のみならず、NHKでも
この手の生還者の事を取り上げたのを私も見た事があります。
奇跡は起こるかもしれません。

8月2日発売の「夢21」9月号に
ガンの特集記事があり「オリザロース」(商品名:スーパーオリマックス)が、
黒米を使ったアラビノキシランとして紹介され


①肺がん全身転移で余命一カ月宣告からの回復
②前立腺がん骨肺転移PSA値7880が完全消失し、再発なく5年経過。
③下咽頭がん肺転移が4カ月で完全寛解。

という症例が掲載される予定です。

あきらめてしまう前に・・・・
「宝くじ」のような確率かもしれませんが
試してみる価値があるかもしれません。

 

少し難しい話ですが、
生体にはMBP(マンナン結合たんぱく質)が存在し、
ガン細胞表面のマンナン糖鎖にMBPが結合すると
ガン細胞のアポトーシスを促進します。

産学連携で開発されたニンニクレクチン
九州女子大の塚本博士や産業医大の唐崎博士の研究より
MBPと同一物質と考えられていて、
経口投与可能なレクチンで、
フコイダンなどよりも強い抗腫瘍作用が確認されいるとのこと。
また、INF-γによるVEGFなどの抑制作用から
血管新生抑制作用が考えらています。
これによりガン細胞の転移も抑制が期待できます。
個人的には、
抗ガン剤の強い副作用を抑えるため、
最少限度の用量を用いることを可能にする手段として
抗ガン剤とオリマックスそしてレクチンの併用というのが
いいのではないかと考えています。

このニンニクレクチン、市販のニンニク卵黄やキョーレオピン
また生ニンニクにも検出されず、
ニンニク由来でありながら特殊な製法で作り出された優れものです。
病院の検査と連動して
効果を確かめたり、
あるいは、ガン家系の人の予防にも
大いに期待していいのではないかと思っています。

福田漢方  TEL:0746-32-4568