健康トピックス 「事故外傷後・手術後の長引く痛みやしびれ」

背骨の歪みの矯正・・・
例えば、圧迫骨折した後、脊柱側わん症、変形性の後わん、前わんなど
それは、残念ながら手術でもしない限りほぼ無理です。
手術となると、これは大手術です。
よほどの理由がないと踏み切れません。

ですので、治療の目的は、
骨の歪みを治すのではなく、
骨の歪みを抱えながらも、
自覚症状を少しでも改善して
毎日がほぼ快適に暮らせるようになるということです。

これは、針治療や漢方薬で何とかなるケースもあります。
ただし、魔法はなく、少しずつです。

     

思い切りこけて、病院に行ってレントゲン撮って
「骨は大丈夫です。湿布と痛み止めで様子見ましょう」と言われ、
待てど暮らせど 一向に良くならない痛み。
そこで、願い出て、MRI 撮っても異常ない。
一月ほどたって、「まあ、また何かあったら来てください
で、治療終了。 何も解決せず。
良くあるパターンの Aさん。

肉離れして、「ギブス固定するほどでないので、安静にして湿布しておいてください。」
と言われ、じっとしていたら、歩けなくなってしまった Bさん。

膝近くの病変の手術を大病院でした後、
「手術は成功しました。もう大丈夫です」
と言われたけど、徐々に足が腫れてきて
痛くて歩けなくなった Cさん。
おかしいね。手術は成功しているし、どこも悪いところないけど。。。」
と言われ、途方に暮れていた。

例に挙げた3人のような人は、はっきり言ってたくさんいます。
日常、診させてもらっていて、
骨に異常なく MRIでも異常なく、病院では経過観察にだけされて全く解決に向かわない
こんな人は、大抵の場合、筋肉や靭帯、腱に問題を抱えています。
そこを丁寧に丁寧に治療していくことで、治癒に導いた経験がどれだけあった事か。
「おかしいね。何で良くならないのかな。。。。」という医師達。

肉屋」の私にお任せください。