健康トピックス 「慢性頭痛」

梅雨の時期の高湿と低気圧
一日の気温の変化の大きさ
「エアコン負け」
春から頑張ってきて、ようやく落ち着いてどっと出る疲れ

そんなのが重なって、
最近、全身倦怠感・頭痛・肩こり・腰痛・むくみを訴える人が多くなりました。

こんな方には、
「温める漢方」と「温める治療」「灸」「水をさばく漢方」などが効果を上げています。

いつも肩凝りで 桂枝加葛根湯 でOK!という方、
この時期、これではダメ!とのことで、
葛根加朮附湯 にしたらよく効いた。

どちらかというと弱い人に使う処方で平素はよく効いていて、
それよりもっと「弱って」状態が悪くなって、
本来ならば、
もっと弱い人用の「補う」処方でないといけないのに
なぜか、少し強い人用の処方で効くところが難しい。
ただ、今の時期限定で、続けるときっと「薬が勝つ」かもしれない。
ホントに難しい。
でも・・・
少し工夫するだけで、漢方も良く効くものです。
この少しが「さじ加減」なんでしょうね。


         

ちょっとでも漢方に興味があれば
肩凝りに効く漢方といえば
葛根湯を思い浮かべるでしょう。
それはそれで効果がある場合があります。

しかし、それだけでは
多くの人に満足してもらえない。

そこで、いろいろ工夫して
桂枝加葛根湯
抑肝散
当帰芍薬散
五苓散
半夏厚朴湯
延年半夏湯
小柴胡湯・・・・・
など候補にあがる。

しかし、それでもうまくいかないケースは多々ある。
ところが、
意外とうまくいく処方の組み合わせを見つけた。
古典をやる先生にはあり得ない処方の組み合わせだろうが
効く!
ぜひ、試してみたいという方はお越しください。

   

頭痛の相談が最近多い。

急激に起こる頭痛。
えらいこっちゃ! と
救急車。
MR撮ってもCT撮っても異常なし。
偏頭痛でなし、群発頭痛でなし、
痛みどめもさほど効果なし、
風邪引いてるわけでなし、
三叉神経痛でもなし。
わけわからん。というタイプ。

多いのが後頭神経支配域に沿って起こる頭痛。
要するに頭の後ろからてっぺんにかけて
ひどい人はコメカミや前の方まで広がる。


正体は、ほとんどが、頭と首、頭と肩をつなぐ筋肉、
特に奥の方の筋肉の疲労であることが多い。

これには針治療が効果的。
マッサージでは奥まで届きにくい。
薬も鎮痛剤では効果が薄い場合が多く、
血流改善とコリをほぐす漢方が効果的。
冷えも禁物。
悩んでいる人はご連絡ください。

   

頭痛・・・日常よく遭遇し体験する症状ですが、
程度の差もその原因もさまざまあります。

ストレスによって気の流れが滞っていたり、
それによって血流が悪くなったり
筋肉がこわばって起こる頭痛には
ツボ療法が有効なこともあります。

NONALNUM-5aSn44Go44KT-E



写真は「太衝(たいしょう)」というツボにお灸をしています。
親指と次の指の間を 指で擦り足首のほうに移動して
指の止まる所にあるツボです。

頭痛だけでなく、不眠・月経不順・めまい・ひきつけ・うつなどにも応用されます。
海外の文献にも登場して一定の評価を得ているツボです。
是非、お試しください。