健康トピックス 「拒食症」

過食症・拒食症を治すには、
薬だけでは非常に難しい。

過食症・拒食症になる人は
自分に自信がない事が多い。
これがポイント。

自分が思っている事や感じる事を
しっかりと表現し主張できるようになる事。
これが大事。

そのために、家族や身近な人との
関係改善が大事になる。

本人だけでなく家族も含めて
治療のステージに立って
ともに治癒に向かって改善していこうとする姿勢が大事。

頑張りましょう。

 

うつ ・ 不安神経症 ・ 社会不安障害
強迫性障害 ・ 登校拒否 ・ 出社拒否
ひきこもり ・ 過食症 ・ 拒食症・・・・・

最近、良く耳にしますが、他人事でない人にとって
毎日が辛くしんどいものでしょう。
ご家族の心痛も、大変なものでしょう。

どんな問題行動を起こす人でも
治ると信じたいものです。

ただ、
本人が病院にかかる事を拒否したり
病気ではないと思えるケースもあったり
家族もあきらめていたり
薬漬けの恐怖があったりで
なかなか受診に結びつかず
問題を抱えて苦しんでいる人は多い事でしょう。

例えば、
家族の方がお見えになられて
家族の方にアドバイスできて
家族とともに協力して
解決に向かって行けたら。。。

家族療法や対人関係療法などは、かなり有効であると思います。
福田漢方でも、そんな療法を取り入れつつ、
独自の療法を実践することが多くなりました。

苦しんでおられる家族の方は、ご連絡をください。
いっしょに解決の道を探しましょう。

           

最近、過食症や拒食症が増えている。
病的な人からその傾向の人まで入れると
相当数になるのでは?

ストレスのはけ口からの出発や
「自分の理想」を求めて気軽に始めたダイエットが
ハマってしまって限度を超えてしまったケースなど。

「自分らしさ」というものを
やせている」事に執着してしまっている。

薬だけでは簡単にいかない。
どうすれば「ありのままに自分」を受け入れられるか
どうすれば「やせ願望」から別の生きがいを見つけられるか
別の生きがいを見つけて
「やせ願望」から意識を遠のかせることができれば
脱出できる。

家族の協力と理解、本人のやる気、専門家のアドバイス
これらが大切。

東洋医学でもサポートは可能と考えています。