健康トピックス 「潰瘍性大腸炎」

潰瘍性大腸炎・筋委縮性側索硬化症・パーキンソン病・原発性硬化性胆管炎・・・・
難病と言われる病気は多いですが、
時に、漢方薬でうまくコントロールできることもあります。

病名で漢方処方を決定する事はありませんが、
「証」を吟味し、試行錯誤を繰り返しながら
「合った処方」に持っていければ、何とかなる事も体験します。

ただし、東洋医学的な見解は重視しつつ、
現代医学的所見も、しっかり押さえて、病院の検査結果も参考にしないといけません。
現代医学的に満足いくものでないと
結果として患者さんも医療者も不満足になりかねないからです。

例えば、体調はいいけど病気はどんどん進行している・・・ ではいけません。
病気の進行も抑えられている、体調もいい、 そういうのを目指すのです。

原発性硬化性胆管炎の例を。。。。

γーGTPの数値が異常に上がって、検査したところ
原発性硬化性胆管炎と診断された方。

次第に、胆道系酵素といわれる、ALP、LAP、γ-GTPもかなり高い数値になり、
高熱・何とも言えないしんどさ に襲われるようになった。
漢方では、まず、「肝腎」を補おうと「補剤」を服用してもらった
すると、体調は少しマシになったように思ったけど
血液検査の結果、GOT、GPT が異常に上がったため服薬中止。

病院では胆汁の流れを良くする「ウルソ」が処方されるが、
これまた服用すると「しんどい」という。

そこで、主治医は、高脂血症に用いる「べザトール」を処方。
この薬で γーGTPの数値が下がるという報告があったためと思われるが
これが当たって、血液検査の数値は下がりだした。
しかし、体調不良は相変わらず。

ここで、本人が良く咳をしていた事、すぐに風邪をひくと言っていた事、
排尿異常も伴っている事、冷えを感じて仕方ない事、異常に疲れやすい などより、
また、前例より、
腎・肺を補う処方をベースに、白朮・茯苓・人参を加えたような処方で、
常用量の三分の一にして服用してもらった。
すると、今度は、血液検査の結果も良好で、自覚症状も回復
無理すると疲れるけれど、日常生活は全く問題ない。

その人にとっての適切な処方、量があるものなのです。
それがうまくいけば、難病でもコントロールでき得ると思われる症例です。


   

一年半前に突然、何度もトイレに行きたくなって、
行ったら水様性粘液便が出るようになったAさん。
病院で検査したら大腸の下20センチが侵されており潰瘍性大腸炎と診断された。
ペンタサなど処方されたが効果なく、転院して、
ステロイドの注腸、坐薬もするようになった。
それでも、朝起きたらすぐトイレに行かないと粘液が出てくる。
朝食でまた便意。出血もしている。体重も5キロ落ちた。

睡眠や食欲は普通。便意はあるけど腹痛はない。
なぜか朝起きたら白い痰がでる。
喉が渇く。尿は近い。
潰瘍性大腸炎になって生理が止まった
もともと冷え性の寒がり
のぼせ(+)頭に汗(+)=更年期様症状
動悸はない。几帳面な性格。
脈;沈遅・腎肺虚
腹;胸脇苦満(-)臍傍悸(-)その他、目立った所見なし

そこで、主治医に連絡して漢方併用の了解を取り付けて漢方開始。
真っ先に浮かんだのは「加味四君子湯」「胃風湯」のようなものだったが、
当帰芍薬散に気剤を加え、さらに補剤としての人参も加えて処方
これが一カ月で見事に当たった

調子がよくなり、便意が減ってきて水様粘液便がかなり減ったとのこと。
漢方2カ月目にして、
ステロイド坐薬を毎日から2日に一度に大幅に減らしても大丈夫。
と同時に、更年期様症状も減ってきた。

3ヶ月目=ステロイド坐薬は5日に一度で大丈夫になった。
その後調子良かったが、あちこち飛び歩いて悪化。
毎日ステロイド坐薬するようになった。

ここで、「断痢湯」の方意に近い処方を併用。

その後、3カ月経過して
調子は落ち着いてきたが無理するとダメみたい。

自分で食事や活動量もコントロールして
うまく過ごせるようになってきて、その後好調維持。
足かけ3年で廃薬になった。

その後、10年たつがすっかり元気になり
病院も行っていないとのこと。
もちろん薬も使用していない。素晴らしい!

難病指定の潰瘍性大腸炎ですが、こんな症例もあります。

体質に合った漢方、そして自分に合った食事や生活スタイルを身に付けた事が勝因でしょうね。