健康トピックス 「福田漢方の思い・考え」

<当院でのコロナウイルス対策>

・お一人の相談や治療が終わる毎に
 いつもよりも多めにアルコール消毒をしています。

・自身のマスクも、できるだけお一人毎にアルコール消毒しています。

・手指の消毒や手洗いもまめに心がけています。

・漢方薬等で症状が安定している方で継続中の方には
 宅急便で送る手段もございます。

・自分自身が感染しないように不急不要な外出は控え
 体調管理を心がけています。

・換気も いつもより心がけるようにしています。

 当院では密集になることはありませんが、
 密閉には換気で対応し、
 密接にはマスクや消毒等で対応しています。
 できるだけ安心して来院していただけるよう心がけます。

尚、
今のところ、効果があるかどうかわかりませんが
試験管内で抗ウイルス効果がある漢方生薬や、
免疫賦活作用の期待できる処方を
お望みの場合はご用意いたします。

早く収束するように祈りつつ、
自分たちにできることをしたいと考えます。

 

コロナウイルスの拡散が気になるところですね。
年配の方のみならず
若年者の感染や重症化も認められ
恐怖を感じてしまいます。

今のところ決め手を欠く治療法ですが、
漢方はどうなのでしょう?
インフルエンザに対して
麻黄湯が有効という報告がありますが
同様に
麻黄湯であったり、
伝統的な診断法に基づく投薬や
種々の抗ウイルス作用が認められる生薬を使う
という選択はないのでしょうか?

いろいろ試す価値はあるようにも思いますが。。。
早く収束してほしいものです。

 

痛い病は辛い。
痛みを起こす原因はいろいろありますが、
最近、多いなあと思うのは

筋肉疲労による関連痛
そして
心の痛みが身体の痛みにつながっているケース。

筋肉疲労には、鍼灸治療が良く反応してくれます。
例えば 
慢性的な頭痛が頭や肩、首の筋肉疲労が原因の場合も多いです。

心の痛みが身体の痛みに関与している場合は
しっかりと心の痛みに向き合うことが大事で、
3分診療では到底無理です。
時間がかかります。
互いの信頼関係を築きながら
じっくりと心を「ほぐす」事が求められます。

医療って
薬出して終わり ではないんですよね。

 

溺れる者はわらをもつかむ。
そんな気持ちでお見えになる方も多い。

ある方曰く、
「失礼な!自分はわらではない!」

確かにそういう見方もあるけれど、
切羽詰まった感情、
どこかで救われたい という感情は確か。

もしかしたら、
そのわら、意外と浮力がしっかりしていて
助かるかもしれないのです。

ただし、条件があります。
わらにすがって、
バタバタもがくと わらごと沈んでしまいかねません。

望みを託してすがったのなら
ジタバタせず、
身を委ねる事です。
できるだけ、
わらに負担をかけないよう
自ら浮こうとすることです。

治癒という目的に向かって
ともに歩む。
互いの信頼関係の中で
互いに知恵を絞って。。。
医療というもの決して一方通行でないのです。

一方通行に思える手術でも、
患者さんからの情報提供があって
より安全に行えます。

あくまでも共同作業という認識で
治癒に向かって頑張りましょう。

 

世の中には様々な病気がありますが、
長期戦を強いられている方のご家族は
さぞや不安でいっぱいの事と思います。

うつ病や双極性障害といわれるような精神疾患
不登校や引きこもり過食症拒食症といった問題行動
あるいはガン闘病中の人・・・・・

そんな人を支える家族は
相当の辛抱や苦労がついて回って
ご家族自身も潰れてしまいそうになっている
そんなご家族もいらっしゃることでしょう。

そんなご家族には、「キーパーソン」としての役割は
致し方なく頑張るしかありません。

しかしながら、
公的な機関を頼ったり、
あるいは信頼のおける人に助言をもらったり
話を聞いてもらうだけでも少し楽になります。
決して一人で戦わないでください。

次に、
ご家族が自分自身を落ち着かせるためには、
病気そのものをよく知ることです。
医療行為は医師などの専門家の仕事ですが
病気を知ることで本人に対する対応が上手になり
精神的負担が減ります。

少し肩の力を抜いて、
なんとかしてあげたい!ではなく
本人の回復力を信じてぼちぼち頑張りましょう。