健康トピックス 「肩こり」

肩こりほど認知度が高く
老若男女関係なく訴える人の多い症状は
他にはそう多くないでしょう。
「どうされましたか?」
「何が一番つらいですか?」
って尋ねて
「肩こりです」という人は数知れず。
一方、「一番つらいのは首こりです。」
という人は意外に少ないのです。
ところが、実際は、肩も首も凝っている人の
なんと多い事か。
しかも、首には いっぱい筋肉があり
浅層から深層まで何層も。
また、前後左右にもあります。
これをほぐすのは容易ではありません
さらに難しくしているのが、
血管・神経・リンパ・そして、頸椎。
これらは素人判断でもむと
エライ事になりかねません。
自分で「グリグリ」をなくそうと思って揉んだら
リンパ節がつぶれて
顔がパンパンに腫れたという人も。
しかし、首のこりが原因と思われる
めまい・頭痛・目のかすみ・吐き気・自律神経失調症状・・・・
放置はしたくないですよね。
そこで私がいます。
漢方・針灸で解決することの多いものです。
思い当たる症状のある方は
是非、ご相談ください。

TEL 0746-32-4568

 

自宅で簡単にできるツボ療法① 肩こり・目の疲れ

合谷(ごうこく)・・・手の甲側、親指と人差し指をそろえた間で、しわのできた所の先端
左右の手にあります。下の写真は合谷にハリをしています。
NONALNUM-5ZCI6LC3-E


肩こり・頭痛・顔のむくみ・目の疲れやかすみ・歯痛・鼻づまり・ストレスなどに応用します

古典には顔や目など顔面の症状にはこのツボを使えばよいという記載があり、
現在でも広く使われています

指で気持ちいいくらいの強さでゆっくりと押しゆっくりと力を抜きます。
お灸やユニコバン(磁気付きハリ)なども自分でできます。
意外と馬鹿に出来ない効果が期待できます。
一度試してみてはいかがでしょうか。

     

頑固な肩こりってつらいですよね。
姿勢・ストレス・骨の歪み・血圧異常・筋肉や骨の老化・目の疲
れ・歯科領域・眼科領域・・・・・・・

原因は様々ですので、対応も難しいものです。
病院も整形外科、脳外科、精神科、循環器科、眼科・・・・と多
岐にわたります。

せっかく受診しても命に別条なく大きな問題が
なければ上手に付き合ってくださいみたいなことを言われて結局
投薬だけで終了!になることが多いものです。

もちろん、受診によって大きな問題が見つかる場合がありますの
でどんどんひどくなったり、常につらい場合は積極的に病院にて
検査してもらう必要がありますが、それ以外は東洋医学を試して
みるのも一手です。
ばっちり合えば、針治療や漢方薬も大したものです。
針は怖い!漢方は苦い!あるいは高額!なんて思って敬遠されて
る人も多いようですが、経験上、案外食わず嫌いの人が多いよう
に思います。勇気を出して一度試してみてはいかがでしょうか?

案外なんでもっと早く・・・・・・
なんて事になるかもしれません。。。。
「肩こり党」を自認する私がお奨めいたします。。。。