健康トピックス 「顔面けいれん」

最近多い、片側性顔面けいれん

文字通り、顔の片側がピクピクする病気。
解剖学的には、
神経のそばを走る血管などが
何らかの形で神経を刺激して起こるという。

念のため、脳のMRIを撮ってもらうべく
紹介状を書く事もあるが、
手術の対象となることは稀。

病院では、「上手に付き合いなさい」くらいか、
定期的なボツリヌス毒素の注射で。。。ってなる。

ただ、個人的には、
ストレスや凝りが症状を助長するのではないかと考えている。

そこで、東洋医学的アプローチとしては
気の巡りや血の巡りを良くする漢方や針治療を試みる。
試してみる価値があると思う。

   

目のまわりの筋肉がピクピクけいれんする
そんな相談が結構あります。
自分自身でも経験あることですが、
疲れていたり睡眠不足が続いたりストレスがたまったり・・・
という理由で起こるけいれんには
漢方や鍼灸は極めて有効です。
逆にそれをバロメーターにして
「どうも最近疲れてるみたいなので・・・・」
と言って受診される方も。。。

しかし、その一方で手ごわい例もあります。
東洋医学でなかなか解決せず、
神経内科(こころの問題でなく脳や末梢の神経が専門)に
紹介状を書くケースもあります。

そういう場合はたいてい
顔面を支配する神経が頭蓋骨から顔の表面に出ていく
までのところで血管などによって神経が圧迫されているケースです。
手術して圧迫箇所を除去するという手段もありますが
一般的ではなく、普通はボツリヌス毒素を注射すると
けいれんは約2~3カ月止まります。
また、けいれんが出だすと注射する。
そんな繰り返しとなります。

また、こんなケースでは脳腫瘍などを否定するために
スポットを絞ったMRI検査をして
まずは命に別条ない事を確認します。

手ごわいものから簡単なものまで
顔面のピクピクにはいろいろなケースが存在します。
しかしながら、経験上、
東洋医学の出番が大多数であると実感しています。
まずは、東洋医学を試してもらってOKです。

TEL 0746-32-4568