漢方 ほのか薬局 広島県福山市
ほのか薬局にようこそ
サイトマップ プライバシーポリシー お問い合せ
漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com ホームへ 店舗紹介 相談 よくあるご質問
 
店舗紹介 特徴 店内見取図 スタッフ紹介

当薬局では、西洋医学・東洋医学・脳科学・心理学・伝承医学などの基本理論が共通な部分を探し出しジャンルにとらわれない、一人一人の個性に合わせたオーダーメイドの治療を目指しています。


特徴

  中医学で予防・改善する  
   

自然界に存在するものは、全て「陰と陽」にわけられます。それをさらに「木・火・土・金・水」という5つに分けたものが「五行」です。これが東洋医学(中医学)の基本となり、「陰陽五行学説」と言われています。「陰陽五行学説」は、自然界そのものですから、私たちは、無意識に「陰陽五行学説」の世界で生活しています。

この「陰陽」「五行」それぞれのバランスが崩れると、病気になると考え、それを戻すには、不足しているものを補い、過剰なものを捨てるという方法をとります。つまり、ポイントは、バランス。多種多様な人々の多種多様な症状を、どのバランスが根本の原因を突き詰めて予防改善します。

漢方薬・アロマ・ハーブ・色彩心理などを用いて、バランスの良い、無理のない生活が送れるようにするバランス医療です。

 
  「陰陽五行学説」セミナー  
   

最も基本となる「陰陽五行学説」の概要を説明します。

人間が自然界においてどのよう存在していて、その中で生きていくには、どのように関わって生きていくことが、自然や宇宙との調和がとれるのか?と言うことを、「陰陽五行学説」にそってお話しします。

これを受講されることによって、自然の中で生きていく知恵を知ることが出来ます。日常生活に役立つ知識を習得していただけると幸いです。たとえば、春の自然の流れに身体はどのように反応しているか?そのためには、自分は日常的にどのように生活すると元気でいられるか?など無理をしない自然体の生き方を一緒に勉強しましょう!

 詳しくは、http://www.honoka.co.jp/ をご覧ください。

 
  アレルギー専門(子供から大人まで)  
   

小児喘息→アトピー性皮膚炎→アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎 と、アレルギーマーチを全て通ってきた薬剤師だから、自分の経験を生かしてアドバイスさせていただいています。

アレルギーは、症状だけを治す事では本当の治療にはなりません。体全体の状態が体の表面に出てきたに過ぎないからです。西洋医学では、アレルギーを「免疫」「内分泌」「神経系」と事細かく切り刻んで治療します。漢方では、出てきている症状を体全体から見ていき、身体全体のバランスから治していきます。アレルギーの体質を持っていても、症状を出さないで普通の人と変わらない生活をする事が出来るようになるのです。

 
  ハーブ と アロマ  
   

人間の心も身体も大自然の一部です。アロマセラピーは、「芳香療法」として、生薬を原料として抽出した精油を使って行う自然療法で、紀元前3000年前から利用されていました。東洋医学と同様自然の力を信じてきた人々の経験の蓄積が「アロマセラピー」として学問とされたものです。近年は、代替医療として精油を用いられています。

中医学の「陰陽五行説」の理論をアロマセラピーに応用し、漢方薬の服用にアロマセラピーを加えることにより心と身体のバランスの調整に相乗効果をもたらします。

当薬局のアロマオイルやハーブの製品は、厳しいオーガニックの基準に適合した、自然に近い物を取り揃えています。生活の中に、自然の香りを加えて、自分の中にある自然治癒力を呼び覚ましませんか?

 
  色彩心理の理論でカウンセリング  
   

「五行学説」の中には、色が存在します。その色は、脳や心の無意識と深く結びついています。色彩心理の理論を「陰陽五行学説」に取り込み、色彩心理の手法を使って、ストレスの原因が、心にどのような影響を与えているかを検証し、カウンセリングします。

ストレスの多い現代人には、無意識に「心」と「身体」のバランスを崩してしまっていることが多く、また、その崩れに気づけなくなっています。身体にどんなに良い治療を行っても、すっきりと治っていかない、不定愁訴が取れないというときには、「心」のバランスの崩れに原因があります。つまり、「心」のバランスの崩れが、「身体」に症状として表れていることが多くみられます。

カウンセリングのみで治っていかれる人もありますが、必要に応じて、漢方薬やアロマセラピーなどを利用して、「心」と「身体」のバランスが取れると、自然に自己治癒力がどんどんとアップしていきます。それは、自分の身体を知ることになります。

 

相談の多い症状・分野

  女性特有の悩み  
    更年期・生理痛・ホルモンバランス失調・不妊・ダイエットによる無月経  
  生活習慣病  
    糖尿病・脳卒中・高脂血症・高血圧  
  痛み
    頭痛・腰痛・坐骨神経痛・肩、腕の痛み・膝の痛み  
  精神的な症状  
    自律神経失調症・不眠・うつ・イライラ・不登校・元気が出ない
心理カウンセリング含む
 
  その他  
    ガン・免疫系(自己免疫疾患・リウマチ・甲状腺機能障害・咳・腹痛・食欲不振)  
 
店内見取図

 

店舗は、ヨーロッパの田舎風。ドアを開けると・・・・ レンガは、建設会社の方が、店内の薬品などの品質のため、店内の温度を一定に保てるように設計工夫(特殊工法)されたため、薬品を置いている1階部分は、四方を素焼きのレンガ張りになっています。   店内は、母親と話をしている間、子供さんが退屈しないように、遊べる空間を作っています。 全体は、明るく・心が和むようやさしいピンク系にしています。
1 店舗は、ヨーロッパの田舎風。ドアを開けると、アロマの香りが・・・。レンガは、建設会社の方が、店内の薬品などの品質のため、店内の温度を一定に保てるように設計工夫(特殊工法)されたため、薬品を置いている1階部分は、四方を素焼きのレンガ張りになっています。   2 店内は、母親と話をしている間、子供さんが退屈しないように、遊べる空間を作っています。 全体は、明るく・心が和むようやさしいピンク系にしています。
    アレルギー対応食品や、漢方・ハーブは、品質を吟味して置いています。
厳選したハーブティー・アロマ商品も揃えております。
使い方もご指導します。  
6 アロマオイルは、小児科の処方箋を受けている事もあり、来られた患者さんが感染しないように薬局内の抗菌効果とリラックス効果を目的に、アロマを炊いてお迎えしています。   4 アレルギー対応食品や、漢方・ハーブは、品質を吟味して置いています。
店内見取図
 
アロマとハーブのコーナー   個室の相談コーナー
3 西洋的なハーブやアロマを東洋医学の五行に関連して利用します。品質にこだわり、オーガニックのものだけを取り扱っています。   6 色彩心理士によるカウンセリングも行っています。
   

スタッフ紹介


薬剤師 色彩心理カウンセラー
柿原悦子

略歴
福岡大学薬学部卒業。日本鋼管福山病院に勤務して病院薬剤師の業務を経験。退職後、調剤薬局に勤務し、「ほのか薬局」を開業する。

コメント
自分のアレルギー歴と治療方法の経験を生かして!
「自然の中で生きている」ことを再認識して!

大学時代から漢方研究会のサークルに所属し、興味を示しつつも、本気で勉強していませんでした。病院勤務中、生まれながらのアレルギーを治そうと西洋医学を試してみましたが、西洋医学の限界を痛感して、本格的に漢方の研究を始めました。

調剤薬局に勤務中、色んな漢方に関する勉強会に出席しながら勉強しつつ、自分の症状にあった漢方を服用し、ある程度治癒していき、やはり漢方の効果のほうが確かだと実感しました。

しかし、漢方には、品質により治療効果が違ったり、煎じ薬の方が効果が高いと言う事を知り、自由に漢方薬を使えるようにと、開業しました。

漢方を研究する中で、世界の伝承医学の基礎が共通している事を知り、病気の治療には、本人の治癒力を引き出すことを優先し、その方法は色々とあることを患者さんと共に探っていく必要があると思っています。