• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

50代女性の方。更年期による「のぼせ」「発汗」が・

 50代女性、更年期による、「のぼせ、フラシュバック、火照り」等で悩んでおられました。

 当店に来店後、漢方薬をお飲みいただき、1か月で「かなり改善された」と喜んでおられます。


「メール」でのお問い合わせ、申し込みはここをクイックしてください。

http://www.hougendou.com/contact.htmlリンク
お電話でのお問い合わせ、申し込みは。


☎078-262-7708



アトピーを代表とする皮膚病についてその1

①主な原因

1.飲食の欧米化、過食、甘いものの摂りすぎ、冷たいものを食べたり飲んだり摂りすぎ、食物添加物

 アルコールなどによって湿熱を生じて、湿熱が皮膚を犯して皮膚病を引き起こす。

2.七情過極

 七情(喜、怒、憂、思、非、恐、驚)刺激などの精神ストレスによって気の滞利を起こして、気滞によって

 脾胃の運化機能を失い、湿熱を生じて湿熱が皮膚を犯して皮膚病を引き起こす。

3.過労や睡眠不足、運動不足、久座、車の運転、パソコンの操作などで、過労は気を消耗し、気虚になります

 運動不足は気滞になります。気虚又は気滞によって皮膚を養わないので、皮膚病を引き起こす。

4.温、熱、燥、寒などの関係が深い。

 気候の温暖化、高温多湿、冷暖房の過剰などによって湿熱を生じて湿熱がが皮膚を犯して皮膚病を引き起こ

 す。

5.環境異常

 環境汚染や環境ホルモン、重金属、排気ガス、農薬、など電気製品の電磁波の影響によって皮膚を傷めて皮膚

 病を引き起こす。

6.医原影響

 ステロイド、軟膏の長期誤用によって皮膚が弱くなる。





アトピーの方が軟膏を使ってはいけない理由!

皮膚病は悪いものを出す反応」なのです。つまり、「自己防衛反応」なのです。

体の中に毒が溜まっている状態です。

軟膏を塗る行為は、「毛穴を閉じてしまいます。」

例えば、ふろ上がりに「軟膏を塗ると」毛穴を閉じてしまい、体の中にがこもってしまいます。

これでは、いつまでたってもよくなりません。悪循環です。

体の中にたまっている毒を出してやることが先決です。

アトピー、尋常性乾癬のご相談は当店まで。

随時出張相談行います。

近くのファミレス又は喫茶店でご相談いたします。



もちろん、お電話やメールなどでご相談いただきまして、商品を発送させていただくこともさせていただいております。



しかし、直接患部を見せていただかなければならない場合や詳細なご説明が必要な場合がございます。



そのような時は、通常は、ご来店いただくのですが、「なかなか忙しくて来店する時間が取れない。」



「足が痛くて外出できない。」「子供が小さいので外出できない。」「外へ出るのがめんどくさい。」等々



の理由で、ご来店できない方のためにこちらからお伺いさせていただきます。



でも、「家に来られるのはどうも。」という方のために、近くの「ファミレス」等でお話しさせていただくことも可能です。



もちろん、「出張費」などは一切いただきません。ご安心ください。



ただ、「お客様のために。」何かお力になれないか考えております。



まずは、お電話やメールなどで、住所、氏名、年齢、連絡のつくお電話番号明記の上ご都合のいいお時間でご予約下さい。

おって場所はご連絡させていただきます。





お電話でのお問い合わせ、申し込みは。



☎078-262-7708




元気ですか?」「気分はいかがですか?」などの「気」というのは、人間のエネルギーを表しています。

「今日は元気です!」というのは陽気が満ち足りていて、体のエネルギーがたっぷりあるということになります

東洋医学では、「気」と肺は深いかかわりがあり、呼吸機能のみならず、防衛力を高める機能があるとされてい

ます。また、「気」のみならず、「水」を巡らせるのも肺の役割です。逆に、陽気が不足すると熱を生み出す力

や寒さへの抵抗力が減ってしまいます。元気不足なのですから無理がきかず、冷えやすいのが特徴です。

臓器が適正温度であれば、正常に働いてくれるのですが、ひとつでもバランスを崩すと他の部分にも影響し、

不健康な状態になってしまうんですね。

りんご、かぶ、みかんは、肺を守るため「水」を補い、身体を潤してゆきます。

シソやタマネギは肺の働きを調整してゆきます。バランスの良い食事に、少し加えてみるといいでしょう。


b005


b006







随時出張相談行います。

近くのファミレス又は喫茶店でご相談いたします。



もちろん、お電話やメールなどでご相談いただきまして、商品を発送させていただくこともさせていただいております。



しかし、直接患部を見せていただかなければならない場合や詳細なご説明が必要な場合がございます。



そのような時は、通常は、ご来店いただくのですが、「なかなか忙しくて来店する時間が取れない。」



「足が痛くて外出できない。」「子供が小さいので外出できない。」「外へ出るのがめんどくさい。」等々



の理由で、ご来店できない方のためにこちらからお伺いさせていただきます。



でも、「家に来られるのはどうも。」という方のために、近くの「ファミレス」等でお話しさせていただくことも可能です。



もちろん、「出張費」などは一切いただきません。ご安心ください。



ただ、「お客様のために。」何かお力になれないか考えております。



まずは、お電話やメールなどで、住所、氏名、年齢、連絡のつくお電話番号明記の上ご都合のいいお時間でご予約下さい。

おって場所はご連絡させていただきます。



「メール」でのお問い合わせ、申し込みはここをクイックしてくださ  い。

お電話でのお問い合わせ、申し込みは。



☎078-262-7708




50代男性、数年前からパーキンソンでお悩みの方・・3か月で・・

数年前より、手足が震える、筋肉がこわ張る、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、徐々に病状が進行

病院の検査などで「パーキンソン」と診断、内服薬でのコントロールが困難になり、症状が進行していました。

ご来店の際、漢方顆粒薬をご購入、服用ご3か月で進行が止まりました。

非常に喜んでおられ、さらに服用続けておられます。





随時出張相談行います。


近くのファミレス又は喫茶店でご相談いたします。
もちろん、お電話やメールなどでご相談いただきまして、商品を発送させていただくこともさせていただいております。
しかし、直接患部を見せていただかなければならない場合や詳細なご説明が必要な場合がございます。
そのような時は、通常は、ご来店いただくのですが、「なかなか忙しくて来店する時間が取れない。」
足が痛くて外出できない。」「子供が小さいので外出できない。」「外へ出るのがめんどくさい。」等々
の理由で、ご来店できない方のためにこちらからお伺いさせていただきます。
でも、「家に来られるのはどうも。」という方のために、近くの「ファミレス」等でお話しさせていただくことも可能です。
もちろん、「出張費」などは一切いただきません。ご安心ください。

ただ、「お客様のために。」何かお力になれないか考えております。



まずは、お電話やメールなどで、住所、氏名、年齢、連絡のつくお電話番号明記の上ご都合のいいお時間でご予約下さい。

おって場所はご連絡させていただきます。



「メール」でのお問い合わせ、申し込みはここをクイックしてくださ  い。

お電話でのお問い合わせ、申し込みは。



☎078-262-7708





Copyright© Hougendou Pharmacy. All Rights Reserved.