• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

朝はコーヒーが欠かせない。エナジードリンクを飲んで頑張る。
ここぞという時はカフェイン頼み。

カフェインを摂取してしばらくの間は、興奮や刺激で集中力が高まります。
けれどその後のどこかで、それとは正反対の気だるさや倦怠感が必ず襲います。
しばしばその感覚を「カフェインが抜けた」と感じますが、実際は、
カフェインで昂ぶらせた後のツケのようなものですから、副作用(?)の一つとも言えます。
その時点で再びカフェインを摂ると、後回しになったツケはさらに大きな波になって戻ります。
それを避ける為に、さらにたくさんカフェインを摂る…、
というのは単なる悪循環にしかなりません。

カフェインで与える刺激は大きくなるほどに、
その後の落差(気だるさ)もまた大きくなります。
それを避けるには、①最小限のカフェインで気力を高めつつ、
②その状態をほどほどに保つ(急落するのを避ける)というサイクルが必要です。

drink_coffee

コーヒー・エナジードリンク愛好家が服んでおきたい漢方薬とは即ち、
①気力を高まりやすくする漢方薬、②気力が急落するのを避ける漢方薬を意味します。
①には例えば、体を温めて血流を促す桂枝湯や真武湯
血圧を高め、心身の立ち上がりを促す苓桂朮甘湯に、一服の価値があります。
②には例えば、低迷した気を回復する補中益気湯、
体内の熱を逃がして、眠気の発生を避ける逍遥散や参蘇飲に一服の価値があります。

なお、①、②の漢方薬は、アプローチは異なりますが、いずれも
カフェインを効果的に働かせる(≒過剰摂取を避ける)働きが期待できます。
西洋薬の効きを良くする(≒実際は人の感受性を整える)働きも
期待される漢方薬からすれば、納得の話です。


昼食後は眠気に襲われる。午後の仕事・授業に身が入らない。昼寝が欠かせない。

午後の時間帯に抑えられない眠気は、気(覚気)を保てない状態を反映しています。
覚気は簡単に言うと、目が覚めた(覚醒した)状態を維持する為に必要な気力のことです。
それ自体は、起きている時間は、当たり前のように発揮している存在です。

昼ご飯を食べることは悪行ではありません。
けれど食べる前と食べた後で、体の状況は確実に変わります。
食後の眠気は、その変化に伴って気力が萎える(気力が保てない)状態を反映しています。

school_inemuri

気力は「いざ」という時に発揮することも大切ですが、
それにはまず、一日を通じて必要な気力(=正気)を保つことが大切です。
漢方でいう正気は、健全性(=体にとってあるべき状態)を保つ存在と解釈されます。
午後から眠たくなる、作業に身が入らなくなるというのは、
いわばその時間帯に正気を乱すサインという訳です。
(一方で、夜に眠たくならないことも、その時間帯に正気を乱しているサインです。)

昼食後の眠気に服んでおきたい漢方薬とは即ち、
気力のリフレッシュを行う(=体の正気・気力を保つ)漢方薬を意味します。
それには例えば、気力を鼓舞する桂枝湯や葛根湯、心身の恒常性を保つ六君子湯や苓桂朮甘湯、
萎えた気力を回復する補中益気湯や生脈散に一服の価値があります。


月曜日の朝が憂うつ。出勤や通学が億劫に感じる。午前中は能率が悪い。

休息から仕事への切替が上手に行えない人は、
いざという瞬間に、気(胆力)が萎えるのが特徴です。

体は、「いざ」という時には力を込める(気を充実する)ことが求められますが、
気が萎える人は(自分では振り絞っているつもりだけど)、
十分に力を込めることができず、力が逃がす状態に陥ります。

「いざ」というタイミングは、予定通りに訪れる場合もあれば、
不意を突いて到来する場合もあります。
決断・英断を支える胆力は、不意の「いざ」にこそ本領を発揮する存在ですが、
月曜日がきたから「いざ」、朝を迎えたから「いざ」というような、
日常的なケースも胆力を頼るのは、些か大げさに感じます。

shigotohajime_man_bad

そういう日常的な「いざ」を支えるのは、特別な胆力ではなく、揚力を伴う陽気=揚気です。
揚力を介して空を飛ぶように、
人の体も揚気を介して、かっ飛ばして(=調子を上げて)いきます。

仕事始めに服んでおきたい漢方薬とは即ち、
揚気を促す(=萎えた気を鼓舞する)漢方薬を意味します。
それに例えば、低迷した気を回復する補中益気湯や帰脾湯、
揚気を助ける桂枝加竜骨牡蛎湯や香蘇散に一服の価値があります。


生活に張りがない人。日々の生活にメリハリが無く、意欲的になれない人。

日々の生活に前向きになれなかったり、
生活の中で刺激や彩りが薄れていくと、活力(陽気)は希薄になります。

生活の中で自らの気力を奮い立たせたり、
好きな物・得意な事を通じて、陽気を高める。
けれど、そうした個人の務めと別にして、
体の陽気は、生活が「濃く」なれば、それに応じて充実していき、
逆に、生活が「薄く」なれば、それに応じて空疎になっていきます。

gogatsubyou_man


一方で、人の心情は「陰は極まれば陽となる」に通じます。
極まった無心にある人には本来、世の存在の全て、当たり前の全てが興味の対象に映ります。
それらに対して感動を覚えたり、自然に執着心を沸かせていく。
物が溢れる今の時代にあっても、そういう感性は大切にしなければなりません。

無心で感覚が鈍く、世の中が色褪せて見える。
物が溢れていても、興味が沸かず消極的になる。
そういった状況は心情を満たす陰気が、陽気に転じづらいことを反映しています。

毎日を無気力に過ごす時に服んでおきたい漢方薬は即ち、
清らかな陰気を保つ(陰気の汚濁を防ぐ)漢方薬を意味します。
それには例えば、陰気の滞りを防ぐ桂枝加竜骨牡蛎湯や半夏厚伊朴湯、
陰気の消沈・低迷を防ぐ温胆湯や帰脾湯、八味地黄丸、
陽気の立ち上がりを助ける香砂六君子湯や補中益気湯に、一服の価値があります。

良く言えば、生活が充実している人。
生活の中で笑ったり、喜んだりすることが多い人。
悪く言えば、生活が忙しい人。
生活の中でイライラしたり、悲しんだりすることが多い人。

そういう人は日々の生活で心身が活動的になり、活力(陽気)が助長されます。
それ自体は悪い事でなく、正常な反応ですが、
勢いが強過ぎたり、その状態が長く続いたりすると、
活力が盛んになり過ぎて、不自然な興奮・緊張を伴うようになります。

陽は極まれば陰となる。
自然に体を満たす陽気は、最高潮に達すると陰気に転じます。
その振る舞いは、体を満たす存在が正気(正常な気)であることを象徴しています。
一方で、不自然な形で体を満たした陽気は、いつまで経っても陰気に転じません。 
その振る舞いは、体を満たした存在が濁気(異常な気)であることを反映しています。

busy_man

西洋医学的には、こうした反応は自律神経の低迷・疲弊と解釈できます。
交感神経が優位な状態が続くと、自律神経は麻痺して、
その反動で副交感神経の活動が鈍くなる。
そのように偏盛した状況は、自律神経に負担を強いて疲弊を招き、
副交感神経の活動もさらに弱体化してしまうという訳です。

毎日を忙しく過ごす時に服んでおきたい漢方薬とは即ち、
清らかな陽気を保つ(陽気の汚濁を防ぐ)漢方薬を意味します。
それには例えば、陽気の滞りを防ぐ加味逍遥散や抑肝散、
陽気の鬱積・充満を避ける大柴胡湯や柴胡疎肝湯、
陽気の濁りを防ぐ柴胡加竜骨牡蛎湯などに一服の価値があります。


Copyright© kanpo-kakinoki All Rights Reserved.