• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法

[ カテゴリー » Topics ]

薬局の前の花壇に挿し木で
大きくなった ノウゼンカズラがあります。

夏が近づくと 枯れ木からどんどん葉っぱを出していき
オレンジ色の花を次から次へと咲かせます。

元気カラーで好きな花ですが
すぐに落花するので お掃除が・・・

有毒と言われていましたが ありがよく来るので
そうではないでしょう。

P7105084



P7105081



生薬名は 凌霄花(リョウショウカ)
花を利尿、通経薬 あまり使われていないようです。

久しぶりの水栽培でしたが
ガジュツの球根を割っても
根と芽は出てきました。
1か月で 肥料も与えず 大きくなり
生命力を感じました。

そろそろ 土にもどします。
6月10日
P6104956-1


6月12日
P6124968


6月16日
P6164977-1


6月21日
P6214999


6月26日
P6265021-1


6月28日
P6285029


7月4日
P7045057-1



ムクゲの白い花

漢方のハヤシ薬局 (福岡県北九州市)

夏の花のムクゲが咲き始めました。
朝開いた花が 夕方にはしぼんでしまいます。
白花種を薬用に使用。

P6295031


P6295034



生薬名を木槿(もくきん)
「本草綱目」には帯下、腫痛、疥癬などを治す・・・
そのため 水虫薬ができたそうです。
現在の薬には化学薬品を含むものがあります。
P6305043



梅酵素飲料

漢方のハヤシ薬局 (福岡県北九州市)

青梅のシーズンになると
夏の飲み物としては最適の酵素飲料を作ります。
梅酒より 誰でも飲めて簡単にできます。

家には梅の木がありませんが いつも頂いています。

P6225000



今年は酵素飲料と、白砂糖がなかったので三温糖で作りました。
ミネラルが多いと 梅のエキスがなかなか抽出できませんが
まあ うまくいったようです。(左 砂糖がまだ残っています。)

P6255007



10日前の梅は 少し発酵しているようです。
残った梅も美味しいです。

P6255011



漢方薬として 梅は 烏梅(うばい)を使います。
未熟の梅の果実を燻製にしたもので
健胃・整腸・解熱・鎮痛作用など。
烏(からす)のように黒いから・・・

P6255012



深緑の柿の木

漢方のハヤシ薬局 (福岡県北九州市)

雨にぬれた古い柿の木です。
深緑がきれいです。

P6174980



柿の葉はビタミンCが多く含まれる6月から10月までに採取
柿茶として 高血圧などに 飲まれています。

柿のへた(がく)は柿蒂・シテイとよび
しゃっくり止めに用いられます。

P6214998




Copyright© KanpouHayashi. All Rights Reserved.