• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

木村薬局のお便り No443
            ▲ クリックで拡大表示


◎暑い夏をのり切るために
 ・生活にメリハリを。就寝と起床時間をキッチリ守る。
 ・寝つきを良くする工夫を
  就寝中のクーラーのかけ放しは、夏カゼや下痢、体調不良の原因に。
  アイスノンや氷枕で頭を冷やし、ゆっくり休む。
 ・パワーあふれる旬の食材(夏野菜を上手にとり入れる)
  (しそ、しょうが、ニンニク等の香辛料にナス・オクラ入りのカレー等)
 ・冷たい飲料をとり過ぎない。
 ・シャワーより半身浴。ぬる目のお風呂にゆっくり入り、疲れをとりましょう
 ・胃腸の働きをup
  せっかく口から入った栄養も、胃腸の働きが悪かったら、
  充分に吸収され、利用出来ません。
 ・血行をよくする
  60兆個のすべての細胞に新鮮な血液を送り届ける事で、
  細胞を生き生きと活発に働かせ、疲労回復、免疫力もup。

―――――

◎敏感肌をやさしく守る。ノブUV化粧品(紫外線吸収剤不使用)
 ◆ノブUVミルクEX
 ◆ノブUVローションEX

―――――

◎眠くてしかたがないときのツボ
 会議中や、車の運転中など、眠ってはいけない時
 ツボを刺激して、気分スッキリ
 ・風府(フウフ)
 ・労宮(ロウキュウ)

―――――

◎100歳時代を応援
 ◆瓊玉膏

◎体力をつけ、ストレスや疲れから身を守り自然治癒力を高める熟成ニンニクエキス
 ◆キヨーレオピンネオ
 ◆レオピンファイブネオ
 ◆レオピンロイヤル

◎死ぬ程しんどい時、高熱、めまい
 ここ一番頑張るあなたに
 ◆人参牛黄

木村薬局のお便り No443
            ▲ クリックで拡大表示


◎梅雨とムシ暑さのころは漢方でいう「湿邪」

 熱中症の予防にと、過度の水分摂取や、シトシト・ジメジメのこの時期は、
 気持も塞ぎ、体調の崩される方も多いです。

 ・頭痛とめまい
  雨の日の前日の頭痛、頭重、めまい ― ◆五苓散
  体のふらつき、不安感、動悸を伴う頭痛やめまい ― ◆苓桂朮甘湯
  激しい回転性のめまい、乗り物酔い ― ◆昌眩散

 ・関節痛
  雨の日や湿度の高い日に悪化。
  雨にぬれると悪化。手足がだるい。
  関節が動かしにくい、むくむ。 ― ◆麻杏薏甘湯、防已黄耆湯
  温めると軽減し、冷えると痛む ― ◆独活寄生丸

 ・消化器
  腹痛、下痢、嘔吐、食あたり ― ◆かっ香正気散
  食欲不振、昼食後ねむくなる ― ◆六君子湯
  水のような下痢 ― ◆五苓散 ◆柴苓散

―――――

◎むし暑い日は、熱中症にご注意
 高齢者は、若い頃にくらべ、体内の水分が少なくなっており、
 また汗もかきにくく、暑さも感じにくくなっており、熱中症になりやすいのです。

 炎天下や暑い室内の運動時には、お茶、水、スポーツドリンクより
 ◆経口補水液 OS-1

◎熱中症の予防に
 ◆五苓黄解内服液

―――――

◎鈴子のつぶやき

◎とてもおいしく、体にもよい 紫蘇ジュースのつくり方(2L分)

◎クマ笹の抽出成分が粘膜を守り、免疫の活力を高め、消臭効果を高めます。
 ◆ササヘルス

◎7月1日(月)たまごの日

木村薬局のお便り No.442
            ▲ クリックで拡大表示


生涯現役(100歳への道)P・P・Kシリーズ……(4)

[脳を若く・気を若く]
 運動、趣味などのサークルへ積極的に参加。
 地域のボランティア活動等にも積極的に参加等 人との関わりを大切に。

 ・常に前向きに、目標に向って挑戦。明るく楽しく遊び心を持って。
 ・ちょっとした事で、イライラしたり、クヨクヨしない。ストレスをためこまない。

◎100歳への基本は、やはり食事です。
 『食は生命なり』と申します。
 日本人の基本的な食生活を見直しましょう。
 東洋医学では、「一物全体、身土不二」と申します。

―――――

◎サプリメントより、自然薬(レオピン・瓊玉膏・ササヘルス・大和酵素)をご活用下さい

◎漢方で補腎
 ◆瓊玉膏 体力・気力を充実させ若さを保つ

◎紫外線が強くなりました。敏感なお肌もやさしく守る
 ◆ノブのUV化粧品
 ◆ノブUVミルク
 ◆ノブUVローションEX

◎外からのUVケアーと内からのUVケア―
 昔から、皮膚は「内臓の鏡」とも言われます。
 肌のトラブル……漢方では「瘀血(オケツ)」
 ◆健婦丸

◎若さを保つツボ
 ・湧泉(ユウセン)
 ・養老(ヨウロウ)

◎心と体を暖める(冷え、ストレスに)
 ◆双参

木村薬局のお便り No.442
            ▲ クリックで拡大表示


生涯現役(100歳への道) PPKシリーズ……(3)

[血管を若く]
◎人の細胞は60兆個
 血管の長さは10万km(地球2周半)
 心臓の心拍数は、10万回/一日(一分60~80回×60×24h)
 心臓の血液循環量は7000ℓ/一日(お風呂35杯分)
 大量の血液を循環させています。心臓が止まったらアウト。
 心臓も筋肉でできています。
 強くするには、心臓の筋肉を鍛える

 その為には、
  ・歩くこと。早歩きもとり入れて(高齢者は、無理をしないで)
  ・食事はバランス良く。塩分控えめ。添加剤の多い加工食品も控えめに。
  ・昔ながらの菜食中心の生活。発酵食品を積極的に。

50年前に比較して、摂取カロリーは同じ位ですが、脂肪は4倍摂っています。
糖尿病の方が多くなったのは、歩くことが減り、筋肉を使うことが少なくなった事も要因です。
高血圧の遺伝子は、お腹の脂肪の中にあり、お腹に脂肪がつくと、高血圧になりやすいようです。

[簡単に出来る筋肉を使う運動(その気になれば、誰でも出来る)]
  ・長電話や歯ミガキ中のスクワット
  ・テレビを見ている時の足あげ運動
  ・近場は歩く(車、自転車をやめ)
  ・姿勢を正しく、背中を伸ばす

―――――

◎古来より、中国において血の粘りを取り、血液をサラサラ流す作用と、出血を止め、腫を鎮める作用を合わせ持つとされる
◆田七人参

血行を良くし、体力・抵抗力をつけ免疫力を高める熟成ニンニクエキス
◆キヨーレオピンネオ
◆レオピンファイブネオ
◆レオピンロイヤル

◎クマ笹パワー
 クマ笹の抽出成分が粘膜を守り、免疫の活力を高め、消臭効果を高めます。
 体臭・口臭・加齢臭・口内炎・疲れの抜けない方・胃腸が弱く食欲のない方
◆ササヘルス
◆SE-10

―――――

◎6月1日(土) たまごの日 次回は7月1日(月)です

腸の喜ぶ食事で、快便・快眠!
            ▲ クリックで拡大表示


P・P・Kシリーズ……(2)
[腸を若く] 腸の喜ぶ食事で、快便・快眠
◎「食は医なり、医は食なり」と申します。
  日本人の腸の長さは9mで、西欧人にくらべ、2mも長く
  昔からの野菜とお米中心の食事にあう体を先祖から受けついでいます。

◎腸内環境と私達の健康は深くつながっています。
  腸内に住む細菌達(100兆個以上)のバランスが崩れると、
  私達の美容(肌荒れ)肥満・アレルギー・がん・糖尿病・腎臓の働きや
  更に脳にまでおよび、うつ病との関係も考えられています。

腸を快調にさせる
 ・昔ながらの菜食中心の生活
 ・乳酸菌オリゴ糖を含む食品
 ・食物せんいの多い食品
 ・発酵食品

腸を不調にさせる
 ・食品添加物の過剰摂取
 ・抗生物質の投与
 ・偏った食生活
 ・不規則な生活、ストレス等

―――――

◎血行を良くし体力・抵抗力をつけ免疫力を高める熟成ニンニクエキス
◆キョーレオピンネオ
◆レオピンファイブネオ
◆レオピンロイヤル
◎自然の恵み
 ◆クマ笹エキス
低下した代謝を向上させ、解毒を促進。クマ笹の水溶性葉緑素が排便をスムーズに。
粘膜を守り、免疫の活力を高めます。
◎大麦若葉
 ◆グリーン末
◎酸素飲料
 ◆本草酵素
◎腸内環境が病気を防ぐ腸内フローラの改善に
 ◆輝羅羅 キララ

◎自律神経のバランスを整える特効ツボ
・手三里
・郄門


Copyright© KIMURA PHARMACY. All Rights Reserved.