• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問
  • お客様の声

【冬の痛みには漢方「独歩顆粒」が効きます・・・・!!】

関節や筋肉などの痛みが冬になると現れる。今年の冬の寒さは格別で痛みが激しくなるという人が多いです。
中医学では寒さを「外寒」と「内寒」に分けて考えます。
外寒とは大気の寒さです。今年のような大気の寒さ(寒邪)に侵されると血流が悪くなって筋や腱が収縮してけいれんを起こします
そして関節や筋肉が痛くなり、時に痛みが激しくなることもあります。治療法は体を温めて血流を良くすることです。
一方、内寒とは体内の陽気が不足して冷えることです。高齢者や慢性疾患のある人の手足の冷えはその典型です。
このような冷えによる痛みも「独歩顆粒」は良く効きます。
女性の方には出来れば体を温めて大切な血液を養う「婦宝当帰膠」も合わせてお勧めします。
高齢の方には元気を補う「亀鹿仙」か「参馬補腎丸」を加えると早い効果が得られます。
慢性疾患のある方の痛みは「独歩顆粒」と血流改善の「冠元顆粒」の併用が奏功します。

◆家族のお守り「バン藍茶」・・・・ウイルスに負けないカラダづくり

 バン藍茶はアブラナ科ホソバタイセイの根をお茶にしたもの。
風邪やインフルエンザのウイルスに効果があります。中国・北京でSARSが流行した2002年、北京にある350年の歴史を持つ
漢方薬局「北京同仁堂」へはバン藍根を求めてお客が殺到し品切れが続いたと言われています。
中国の家庭ではバン藍茶が常備されており、インフルエンザや風邪の流行りやすい冬の季節には外出から帰宅後すぐにバン藍茶でうがい
をするなど家庭の守り神として愛飲されています。 (板藍茶24包¥1520・60包¥3600・120包¥7120)


Copyright© mistuboshi-yakkyoku All Rights Reserved.