• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法

いつまでも続くしつこい咳には呼吸器系の漢方だけでは治らない事があります。
そのような時は腎機能に関する症状も合わせて出ているケースが見られますので
補腎薬ベースの漢方が奏功する事例がよくあります。
肺は呼吸で水分を発散し、腎は尿で水分を排出し
消化器の水分吸収も連動して、体の水分の過不足を調整しています。
腎臓ガンが肺に転移しやすいのも不思議ですね。

猛暑お見舞い申し上げます 

熱中症予防には「こまめに水分を取りましょう」と言われているので
冷たい水分を多量にとると胃腸の血流が悪くなり消化機能が低下します。
その結果、食欲不振、体のだるさなどがはじまり夏バテ状態から免疫力が低下し
コロナウィルス感染のリスクが高まってきます。
水分は常温で少しずつをこまめに取りましょう。
糖尿病の方は、糖分の高いドリンクはやめましょう。

残暑お見舞い申し上げます
夏の期間はコロナ対策に増して熱中症対策が必要です
熱中症にかかる確率と死亡者数はコロナウィルスより高いのです
マスクの上手な使い方に慣れていかなければなりません
過剰反応と無防備にならないようにお祈り申し上げます

8月13日(木)~15日(土)は通常営業しております
どうぞご利用くださいますようお願い申し上げます

7月5日現在の国内コロナウィルス感染者数は約1万9,600人。
死者数は977人です。
ここ数年の国内熱中症救急搬送数は3か月間で5万人を超えています。
死者数は今まで最も多い年で1,745人。
今年の夏はマスクの影響で熱中症患者数が増加することが予想されます。
マスクの上手な使い方に慣れることが必要です。
今後はマスク文化の知恵が熟成していく事と思います。
コロナと熱中症の共存は未知との遭遇です。

コロナウィルスに感染していない方も
コロナストレスにはみなさんが感染しています
目に見えない敵に対する恐怖心は計り知れません
感染の勢いは和らいできましたが
心の癒しが必要です
「新しい生活様式がふつうの生活」に慣れて
人類がストレスから解放されるまで
漢方がお手伝いいたします


Copyright© NAKAMURA-KANPOO PHARMACY. All Rights Reserved.