• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 更年期障害で、ホルモンバランスが崩れ、心身ともに不調だったSさん。

 Sさんは、48歳の主婦です。
一年ほど前から月経不順になり、更年期に入ったと思っていたら、だんだん心身ともに不調になってしまいました。
「疲れやすい、気力がない、けん怠感、夜中にカーッと体が熱くなる、時々ワッと汗が出る、食欲がない、熟睡できない」などの症状を訴えていました。

 自分の健康に自信がないというだけてなく、やせ気味で顔色も悪く、声や表情にも元気がありませんでした。
 そこで、更年期障害に最もよく用いる、加味逍遙散を飲んでもらいました。
1ヵ月後には「熱感や発汗がなくなり、熟睡もできるし、体調にも自身が出てきた」と笑顔で感謝してくれました。

 加味逍遙散は、明の時代の名医が作った漢方薬で現在、最も使用頻度の高いものの一つです。
ただし、虚弱者は胃腸障害を起こすことがあり得るので、この点の注意が必要です。

 最近、西洋医学で更年期障害に用いる女性ホルモンには、発がん性や肝障害などの問題ありと指摘されていますが、これに比べて漢方薬は安全な治療手段です。

 唐代の医書「千金要方」に「婦人の病は、これを男子に比すれば十倍療し難し」とあり、
女性の治療は男性よりも難しいと言っています。
その理由は、女性には月経、妊娠、出産、更年期があるからです。
 女性特有の病気とされるものに「血の道」があります。
これは女性の生理時や流産後、あるいは更年期になると起こる自律神経失調症状、および精神不穏のことです。
現代医学でいう、更年期障害、産褥神経症などです。
 この「血の道」の一種である更年期障害には漢方治療が向いています。


更年期障害の患者さんに用いる漢方薬として、加味逍遙散をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「加味逍遙散」

■効能・効果
体質虚弱な婦人で肩が凝り、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

■組成(含まれる生薬)
サイコ、シャクヤク、ソウジュツ、トウキ、ブクリョウ、サンシン、ボタンピ、カンゾウ、ショウキョウ、ハッカ


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.