• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 アトピー性皮膚炎に悩む18歳の高校生F子さん。

 F子さんは、小さいころからひじやひざの内側に少し湿疹がありました。
受験勉強のストレスのためか、一年ほど前から悪化、いまは顔、首の周りなどが真っ赤です。
「こんな顔では外出できない」と深刻な表情で診察に見えました。

 「強いステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を一年ほど続けているが副作用が心配です。
漢方薬で軽くできないでしょうか」と悩んでいました。
 そこで、黄連解毒湯を飲んでもらいました。
2週間後かゆみが減って顔の熱い感じもとれてきたので、さらに続けました。
その結果、だんだん赤みが引き、数か月後には弱いステロイドで済むようになりました。
さらに数年後には、目の回りにうっすら赤みがある程度にまで回復、
ステロイドもほとんど使わなくなりました。

 アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などアレルギー性の病気になりやすい体質がアトピー体質です。
古代ローマ皇帝アウグスツヌスはアトピー性皮膚炎だったそうですが、
日本の古医書にも、頭瘡、頭部湿疹、胎毒、乳幼児の顔面、頭部湿疹などの言葉が残っています。

 アトピー性皮膚炎は近年非常に増えた病気です。
漢方でもこの病気の治療は難しく、試行錯誤を重ねています。
しかし、うまく効いたときは西洋医薬とはひと味違った効果があります。

 黄連解毒湯は皮膚の熱や炎症を鎮める漢方薬で、胃腸の丈夫な人向きのものです。
ただし、これだけでアトピー性皮膚炎がよくなる人は実際は少なく、スキンケアも不可欠です。
 場合によっては、漢方薬で悪化することもありますから、専門家への相談をお勧めします。


アトピーの患者さんの体質改善によい漢方薬として、黄連解毒湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「黄連解毒湯」

■効能・効果
比較的体力があり、のぼせ気味で、イライラする傾向のあるものの次の諸症:
かっ血、吐血、下血、脳卒中、高血圧、心悸亢進(しんきこうしん)、ノイローゼ、皮膚のかゆみ、胃炎

■組成(含まれる生薬)
オウゴン、オウレン、サンシシ、オウバク


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.