• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

「大柴胡湯(だいさいことう)、大柴胡湯去大黄(だいさいことうきょだいおう)」

 肩凝りに悩む、45歳のサラリーマンTさん。

 Tさんは、身長172センチ、体重85キロのがっちりした肥満傾向の体格です。
この数年、「肩凝りが強くなり、うなじを動かすと、ギシギシするようで頭が重い」といいます。
腹部はかたく筋肉質、みぞおち辺りの緊張が強く「便秘がち」とのことでした。

 「大柴胡湯」を調合して、飲んでもらうことにしました。
服薬後、快便となり肩凝りが改善して「体から余計な力が抜けたように感じる。
仕事のことでストレスが強く悩んでいたが、大した問題ではないと考える余裕ができた」
と喜んでくれました。

 大柴胡湯は、柴胡剤の代表的な処方で炎症の強いときに使いますが、
慢性疾患では、みぞおちに何か詰まったように感じ、うつうつとしている時などにも用います。
ただし、体力の弱い人の場合、下痢、脱力感の心配があるので、誰にでも向くという訳にはいきません。
 肩凝りを漢方医学的にみると、原因はたくさんあります。
また、凝る部位によっても使う漢方薬は異なり、鍼灸治療と併用した方が早く効果が現れることが多いようです。

 肩こりに、よく使われる漢方薬は、
(1) 柴胡という生薬を主にした小柴胡湯や、柴苓湯などの柴胡剤と呼ばれる一群。
(2) うなじを中心にした凝りに用いられる葛根湯。
(3) 胃腸が悪くて張り付いたような凝り方に半夏瀉心湯。
(4) 凝りが長引いてうっ血している場合、滞った血の流れをスムーズにする駆於血剤といわれる桂枝茯苓丸
などの漢方薬を使い分けます。

 現代医学では、頸椎や胸椎に異常がない場合、筋弛緩剤を使用しますが、
漢方薬の方が、安全で、有効な場合があります。

肩こりに効く漢方薬として、大柴胡湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


大柴胡湯

■効能・効果
比較的体力のある人で、便秘がちで、上腹部が張って苦しく、耳鳴り、肩凝りなどを伴うものの次の症状:
胆石症、胆のう炎、黄だん、肝機能障害、高血圧症、脳溢血、じんましん、胃酸過多症、急性胃腸炎、悪心、おう吐、食欲不振、痔疾(じしつ)、糖尿病、ノイローゼ、不眠症
■組成(含まれる生薬)
サイコ、ハンゲ、オウゴン、シャクヤク、タイソウ、キジツ、ショウキョウ、ダイオウ


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.