• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

漢方で、ストレスへの抵抗力を身につけ、心と体を元気にする!
はっきりとした身体の病気でもなく、精神的な病気でもないのに、なんとなく
調子が悪い、からだのあちこちが痛い、気分が重い、なにをするのもつらい、、、、、、。
そんな悩みの背景には「ストレス病」が隠れていることがあります。
女性は、毎月の女性ホルモンの変化、妊娠、出産、更年期といった
からだの内側の環境が変化しやすく、それだけでもつらいのに、
仕事や家庭での外部からのプレッシャーもあって、
ストレスへの抵抗力が弱ってしまいがちです。
ストレスへの抵抗力が弱ると、痛みなどの症状がからだのあちこちに現れる
不定愁訴、不眠、不安、いらいら感などが現れます。
こういうはっきりしない症状を自律神経失調症ということもあります。
このほか、喘息や胃潰瘍、高血圧、糖尿病、動脈硬化なども
ストレスの影響で発症したり症状が重くなったりします。


女性のストレスになりやすい出来事の例
10代の女性
 = 親との関係、両親の関係(離婚、別居など)、友人関係、教師との関係、成績など
20代の女性
 = 親からの自立、進学、就職、美容、恋愛、結婚、妊娠・出産、夫との関係、
   会社での人間関係など。
30代の女性
 = 親の病気や親の死、結婚、妊娠、育児、子供の成績、夫との関係、
   会社での人間関係、仕事上の責任など。
40、50代の女性
 = 親の病気や看護、親の死、自分の病気、夫との関係、子供の自立、
   親戚関係など。

漢方薬で、ストレスへの抵抗力をつける!?
疲れやすい、眠れない、という「ちょっと困ったな」程度の症状なら、
十分な休養をとり、散歩や趣味などで時々ストレスの元から離れるようにするだけで改善します。
でも、自分ではどうしようもない症状がいつまでも続くようなら、要注意です。

ストレスの治療には、薬(抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬など)でまず症状を落ち着かせ、
それから自律訓練法や行動療法でストレスに対する抵抗力をつけていきます。

漢方薬は、基本的には、西洋薬の作用でカバーしきれない症状の改善や、
西洋薬を減量・中止するときに役立ち、
長期に使っても依存性を生じるという問題もありません。

たとえば、不安が強く、のどの異物感、動悸、めまいがあるような場合には柴朴湯
体力がなく、のぼせを伴い、不定愁訴がある場合には加味逍遙散
体力がなく、貧血、意欲低下、抑うつ傾向がある場合には加味帰脾湯など、
精神状態だけでなく全身の状態をみて処方を決めます。

このほかにもストレス病に使われる漢方薬としては、
抑肝散加陳皮半夏柴胡加竜骨牡蛎湯など、いろいろな種類があります。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


健康づくりのための休養指針(平成6年度厚生省)
□ 生活にリズムを:
  睡眠時間、食事時間・自由時間等、生活にリズムをもたせ、休養を取り入れよう
□ ゆとりの時間でみのりある休養を:
  無理なく長生きのできる休養のしかたを、工夫して創りあげよう
□ 生活の中にオアシスを:
  健康で活力ある生活は、自分のまわりの環境づくりから
□ 出会いときずなで豊かな人生を:
  出会いやきずなは自己の社会的活力の再発見や養う契機に

ストレスシャワーから、漢方で心身を守る!
ストレス病は、仕事の能率を悪くするだけでなく、胃潰瘍や高血圧などの発症・悪化にも
関係し、最悪の場合は過労死や自殺という不幸な結果に至る危険性もあります。
食欲の変化、不眠、気力の減退、疲れがぬけない、頭が重い、気分が沈みがちだ、
めまいがする、息苦しい、自分を責めてしまう、イライラする、わけもなく不安だ、
集中力がでない、性欲減退、などはストレス度が高いサインです。

不況が続く日本では、就職の不安、職場での人間関係の悪化、リストラの不安、
そして賃金カットによる経済不安など、多くのストレスのもとが
社会で活躍する人たちの上にシャワーのように降り注いでいます。
さらに家庭でも、妻や子供と会話がなく孤立することが多く、
男性が自分の居場所を見つけることが難しくなっています。
まさに、「男はつらいよ」、です。

男性に降りかかるストレスシャワーの例
● テクノストレス
  パソコンを使いこなせないストレスだけでなく、
  パソコンに没頭しすぎて人間関係がおろそかになる過剰適応もストレスになる。
● リストラストレス
  終身雇用制の崩壊によって、
  40歳後半から50歳代はリストラの不安という新たなストレスが生じている。
● 会話のない家庭
  家庭での人間関係の悪化は、社会的ストレスよりも強いストレスになる。

ストレスから心身を守る漢方薬とは?
原因不明のからだの不調が続いたら、ストレス病を疑ってみます。
休養をとり、ストレスの元から距離をおくようにすることが大切ですが、
本人が思う以上にストレス病が進行していることもあるので、要注意です。

治療が必要となったら、薬(抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬など)で症状を軽くし、
それから自律訓練法や行動療法などで、セルフコントロールの訓練をします。
これはストレスに対する抵抗力を身につける手段です。
セルフコントロールがうまくできるようになったら、
薬を減らしたり中止するようにします。
薬を中止することに不安を感じる人が多いのですが、
そういう場合は漢方薬を使うと効果的です。
漢方薬は副作用も少なく、長期に使っても依存性の心配がないので、
西洋薬の減量や中止には頼もしい存在になります。

ストレス病に使われる漢方薬には、
柴朴湯桂枝加竜骨牡蛎湯柴胡加竜骨牡蛎湯加味帰脾湯黄連解毒湯など、
多くの種類があり、不安、イライラ、不眠、疲労感などの症状や体質にあわせて
どれを使うかが違ってきます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


くらし知恵とストレス病の予防法
 1) 偏見を持たない。
 2) 攻めない(怒鳴る、説教する)
 3) 初期サインを見落とさない
 4) 落ち込んでいる人を励まさない
 5) 自分の価値観を押しつけない
 6) 重大な決定(契約、転職、退職など)を人にさせない
 7) 休養を妨げない
 8) 健康情報を勝手に得ようとしない(信頼できる専門家から得る)
 9) 復職後は、重労働はしない。
10) 再発はないと安心してはいけない。(用心にこしたことはない)

漢方で、基礎体力をしっかりつけて、元気に夏を乗り切ろう!
暑い夏の盛りを過ぎ、初秋になっても体調がすぐれずだるい、
食欲がない、胃腸の調子が悪い、下痢をする、体重が落ちる、
頭が痛い、めまいがする、、、、。
夏ばてのこんな症状、病気ではないけれど、つらいものです。

原因として、冷房のあたりすぎによる体温の調節不良、
発汗によるビタミン、ミネラルの消耗、食欲減退による栄養不足、
冷たい飲み物のとり過ぎによる消化機能の低下、暑さによる睡眠不足、
などによって、体力が著しく消耗されたことなどが考えられます。

とくに、暑い室外と冷えた室内を行き来することで自律神経のバランスが崩れ、
体温調節機能が低下し、だるさや頭痛、めまいや手足の冷えなどが
起こりやすくなります。

夏ばての悪循環
暑さで水分や冷たい飲み物を多く取ることで、胃腸機能が低下
⇒ 消化・吸収が悪くなり、食欲不振になる
⇒ あっさりした食事が多くなり、栄養不足になる
⇒ 寝苦しい熱帯夜によって、睡眠不足になる
⇒ 体力を消耗する
⇒ 夏ばてになる

夏ばてに用いる漢方薬とは?
体がだるく、食欲もなく、下痢があり、夏やせする人には清暑益気湯がよく使われます。
その名のとおり、暑気あたりに効果があります。
また、胃腸の働きが低下し、体力が著しく落ち、寝汗がある人には補中益気湯
食欲がなく、胃腸が弱く、手足が冷え、全身のだるさが強い人には六君子湯
また下痢があり、ノドが渇きやすい人には、
過剰な水分摂取を防ぎ、胃腸への負担を減らす漢方薬を用いるなど、
漢方薬は、様々な症状に対応できます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


くらしの知恵と予防法
● 体調を崩さないように、しっかりと睡眠をとり、生活のリズムを整えましょう。
● 消化の良いたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよくとりましょう。
● 冷たい飲食物、生もののとりすぎは、胃腸に負担をかけるので注意。
● 就寝中の冷房のつけっぱなしは禁物。
  寝る前にあらかじめ部屋を冷やしておく、タイマーをかけるなど、
  寝付きやすい環境をつくりましょう。
● ぬるめのお風呂で血行を良くし、心身をリラックスさせましょう。

かぜは万病のもと、漢方で、しっかり対処を!

顔色が青白く、ぞくぞく寒気を感じるかぜと、熱が出て汗をかき、顔が赤くボーッとするかぜ。
「かぜ」とひとくちに言っても、その種類はさまざま。
症状も、くしゃみや鼻水、せきが出る、のどが痛む、腹痛や下痢、などいろいろです。
かぜの原因のほとんどが、ウイルスによる感染。
ちょっとした体調の崩れをきっかけに、かぜをひくことが多いのです。
かぜは、ひき始めから数日経過し、こじれてくると、症状も変化していきます。
一週間以上たっても、まだ微熱、せき、寝汗、食欲がないなどの症状がつづく場合は、こじれて長びいた証拠。
「かぜは万病のもと」といいますが、特に高齢者は、かぜがもとでいろいろな重い病気が起こるので注意しましょう。

かぜに用いる漢方薬とは?
「かぜ」は漢方の得意分野の一つ。
特に高齢者のかぜは体力が低下して起こることが多いので、漢方が力を発揮します。
西洋薬は熱を下げる、せきをおさえるなどの対症療法が主ですが、
漢方薬ではそれよりも、からだが本来もっている免疫力・抵抗力をたかめて、
かぜをなおすことに重点をおいています。

ひき始めのかぜに使う「葛根湯」をはじめ「麻黄湯」「小青竜湯」「麻黄附子細辛湯」「麦門冬湯(せき)」「竹如温胆湯」などの漢方薬が使われます。
ひき始めやこじれたかぜなど、かぜの時期や、同じウイルスによるかぜでも、
体質や体の反応が異なるので、それらに合った漢方薬を選ぶことが大切です。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法
● カルシウムやビタミンをとる
  カルシウムやビタミンが足りないと、かぜをひきやすくなります。
  とくに、ビタミンCには、ウイルス感染を予防し、治療する力があります。
● たんぱく質をとる
  消耗した体力を回復させ、抵抗力がつきます。
  肉、魚、卵、大豆製品などを多くとりましょう。
● 体を温める食事と水分をとる
  お粥やうどんなど、胃に負担をかけずに体を温める食べ物をとり、
  発熱で消耗した水分を補給しましょう。

ウエストの周りが気になる人、漢方で、お腹のぜい肉撃退しよう!
最近、お腹まわりにたっぷり脂肪がついて、スカートやズボンがきつくなったと
お悩みの方、いませんか?
お腹のぜい肉が気になって仕方がないのに、食欲旺盛でたべることを抑えられない。
便秘もあって、イライラするなど、気分もすっきりしませんね。

いわゆる「肥満」には、男性に多い内臓脂肪型と女性に多い皮下脂肪型があります。
主に内臓脂肪型はウエストや胃の辺りが太り、
皮下脂肪型は下腹部やお尻、ふとももなど下半身が太るのが特徴です。

漢方では、肥満を筋肉質でがっちりした「固太りタイプ」、
皮下脂肪が多い「水太りタイプ」に分けて考えます。
中年以降の太りすぎは、ほうっておくと膝の関節を傷めるだけでなく、
とくに内臓脂肪が必要以上に多くなってくると、
糖尿病、高脂血症、高血圧、心臓病、痛風、肝臓病などの
生活習慣病を引き起こす傾向が高まり、注意が必要です。
脂肪を減らすには、食事療法と適度な運動、そして規則正しい生活が大切です。

余分な脂肪を分解し、痩せる漢方薬とは?!
漢方では、固太りタイプの肥満には「防風通聖散」を、
水太りタイプには「防巳黄耆湯」などを症状や体力に応じて使い分けます。
体力があり便秘がちな人によく使われる「防風通聖散」は、
皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪を燃やし、生活習慣病の発病を防ぐとともに、
基礎代謝量をアップし消費エネルギー量を増やして、やせることを助ける
働きがあります。
「防巳黄耆湯」は、色白で汗かきの疲れやすい
水太りタイプの方に用いられ、膝の腫れや痛みにも有効です。

脂肪を減らすには、食事療法と適度な運動が基本となりますが、
このように漢方を用いることにより、種々の症状を同時に改善できるという
特徴があります。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法
●食事
 過食は厳禁。
 間食は避け、一日三回きちんと食べる、 夜遅く食事をとらない、
 早食いをしないなど、 食事回数や食事時間にも気をつけましょう。
 腹八分目を守り、バランスのとれた食事をしましょう。
 また、揚げ物など油をたくさん使う料理、濃い味付けの料理は
 できるだけ控えましょう。
●運動
 ウォーキング、水泳など無理なくできる運動を続けるよう心がけましょう。
 息を吸ったり吐いたりしながら行う有酸素運動が効果的です。


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.