• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

漢方で妊娠しやすい環境を作る!
不妊とは、健康な男女が避妊をしない正常な夫婦生活を送りながら、
2、3年経過しても妊娠しない場合をいいます。
すでに1人産んでいても、
2人目を望んで、3年以上あいた場合も不妊の疑いがあります。

女性側の原因としては、
無排卵性月経や黄体機能不全などの卵巣を中心としたホルモン障害、
子宮発育不全や子宮内膜症などの子宮を中心とした器質的障害、
あるいは卵管狭窄、卵管閉鎖などの卵管障害が考えられます。
精神的な原因によって起こる場合もあります。

男性側の原因で多いのは、
精液中に精子がなかったり、精子の数が少ない、精子の運動能力が悪い、
また精子が通る精管の閉鎖などがあげられます。

不妊症に用いる漢方薬とは?
排卵障害などの機能的な異常には、
一般に排卵誘発剤やホルモン療法が行われます。
漢方が効果的なのは、おもに卵巣や脳のホルモンの機能障害と、
原因不明の不妊の場合です。

不妊は、妊娠に関係する種々のホルモンのバランスが崩れている状態。
漢方では、例えば「冷え」をとり除くことで、卵巣機能を回復するなど、
全身状態を調え、妊娠に備えた体づくりを目指します。
女性の生理不順や不妊治療に昔から使われてきた「温経湯」
ホルモンバランスや全身の血行を良くする「当帰芍薬散」
男性には、精子の数や運動率を改善するのに有効な「補中益気湯」などを、
体質、症状などに合わせて使い分けます。

体にやさしい漢方薬で、本来ヒトがもっている回復力を引き出します。
ホルモン療法と体質・症状に合わせた漢方薬の併用で、妊娠率はより上がります。
私たちの体は非常にデリケートです。
漢方で、体調の乱れや、ストレスに負けない心と体をつくりましょう。

漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

生活の知恵と改善法
● 冷えは、不妊、生理不順など、さまざまな不調をもたらします。
  なるべく冷たい飲食物をとらず、体を温める食品をバランスよくとる、
  過剰な冷暖房を避ける、血行をよくする運動を適度に行う、
  などの工夫をしましょう。

胃の不快な症状=漢方で、丈夫なおなかに!
胃がしくしく痛む、胃がもたれる、胃がはる、食欲がない、吐き気がする、、、、、。
胃の調子が悪いと感じることはありませんか。
胃は体調やストレスの影響を受けやすい、
とてもデリケートな臓器です。

胃の不快な症状の原因としては、
胃の運動機能が低下して起こるタイプ(NUD)と、
ピロリ菌やストレス、消炎鎮痛剤などの合成新薬により、
胃酸と、自分の胃を胃酸から守る防御機能とのバランスがくずれて、
胃の粘膜が傷つき起こるタイプが考えられます。

胃には、摂取した食物をためておく「貯蔵機能」
胃酸を混ぜ合わせてドロドロにする「攪拌・混和機能」
ぜん動・収縮によって十二指腸に送り出す「排出機能」
という連続した複雑な運動機能があります。

始めにしっかり「貯留」するためには、胃が十分にリラックスして、
摂取した食物の量に応じて、胃壁を拡げることが大事です。

この胃の「リラクゼーション」が障害されると、
胃が膨らまず、十分の量が摂れないし、次におこる排出機能も障害され、
腹部の膨満感、胃もたれ、食欲不振などの不快な症状を引き起こすのです。


胃の調子をよくする漢方薬とは?
新薬(西洋薬)には、胃酸分泌を抑制するもの、
胃の運動機能を回復させるものはたくさんありますが、
胃の貯留機能を改善する薬はありません。

漢方薬には、胃のリラクゼーションをうながし貯留機能を改善させる
「六君子湯」という処方があります。
「六君子湯」には、排出機能を高め、胃の血流をよくして胃粘膜を保護する作用もあります。
また、胃をはじめとする消化管はストレスに弱いといわれますが、
六君子湯には気分をすっきりさせる抗ストレス効果もあります。
そのほかにも、個人の体質・症状に合わせて、
「平胃散」「半夏瀉心湯」「芍薬甘草湯」「安中散」など
多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


くらしの知恵と予防法
● 暴飲暴食を避け、規則正しい食生活をすること。
● 強いアルコール、コーヒー、たばこ、香辛料などの刺激物や
  油っぽいものは控えましょう。
● 牛乳、卵、豆腐などを積極的にとりましょう。
● 繊維の多い野菜はよく煮てやわらかくし、消化をよくしましょう。
● 肉や魚は細かく切るかミンチに。
● 禁煙しましょう。
● ストレス解消を心がけ、適度な運動などで気分転換しましょう。

かゆみを止める漢方薬!
皮膚は皮脂と水分を分泌して天然のクリーム(脂肪膜)で表面を覆っています。
この脂肪膜はひふにとって重要な防御機能で、乾燥や外界の刺激から
ある程度守られているのです。
ふつう、かゆみは異物に触れたり微生物が皮膚に入り込もうとするときの
危険信号として感じられますが、
このバリア機能が低下するとかゆみを感じてしまいます。
皮脂の分泌は青年期が最も多く、それ以降は年を重ねるほど少なくなっていきます。
そのため皮脂の分泌が低下すると、皮膚は乾燥しやすくわずかな刺激にも
敏感になっていきます。
病気というより、ちょっと気のはやい老化現象の一つといえます。

かゆみを増強する環境とは
(1) 空気が乾燥している
皮脂の分泌が低下すると、周りの環境の影響をうけやすくなります。
空気が乾燥していれば皮膚からの水分蒸発も多くなり、
皮膚の乾燥がすすんでいっそう皮脂による皮膚のバリア機能が低下します。

(2) 衣服がこすれる
きつめの下着や靴下などを着けていると、
皮膚がこすれてその部分が痒くなります。
これは、摩擦の刺激で皮膚にある毛細血管が膨張し、
かゆみを感じる神経を刺激するからです。

(3) 寒いところから急に暖かいところに出る
真冬にかじかんだ手足をお湯で温めると、
痒くなったという経験はありませんか。
これも寒さで収縮していた毛細血管が急に膨張したことで起こるかゆみです。

かゆみに用いる漢方薬とは?
かゆみのほかに、皮膚の乾燥や全身の体力の状態、個人の体質などをみて
処方します。
皮膚が乾燥しがちで比較的虚弱な体質の人によく使われる漢方薬に
「当帰飲子」があります。
その他、皮膚が乾燥してかゆみのある場合は
「牛車腎気丸」「六味丸」「真武湯」なども使います。
これらは局所の赤みが弱く、滲出液を伴わない乾いた状態にしばしば使われます。
また、滲出液を伴ったり赤く熱をおびているかゆみには
「消風散」「黄連解毒湯」などがもちいられます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法
● 入浴時、皮脂をとりすぎないように石鹸の使用をひかえるか、
  敏感肌用の石鹸を使う。
● きつめの下着や服は着ないようにする。
● 手や足に保湿効果のあるクリームを塗って皮膚のバリアを補強する。

漢方で基礎体力をつける!
元気がない、疲れやすい、すぐ熱を出す、病気になりやすく治りにくい。
こんな虚弱体質のお子さんに、ついお母さんは心配の種をみつけてしまいます。
親があまり心配しすぎると子供はますます神経質になってしまうので、
こういう体質的な問題はその子の個性だ、
くらいに考えたほうがいいという意見もあります。
でも、やはり活発になれるものならなってほしい、
モリモリ食べて育ってほしい、できるだけ風邪もひかず、熱も出さずにいてほしい、
と望むのは、親の気持ちとしては当然のことです。
きちんとした治療で改善できるところは改善し、
あとは神経質にならずに子供の個性として見守るという、
繊細さと大らかさの2つの顔を上手に使い分けて、
子育てを楽しみたいものです。

虚弱体質によくみられる症状
基本的には顔色が悪い、動作が緩慢、疲れやすい、
暑さ寒さに弱い、風邪などの病気が治りにくく再発しやすい、
といった特徴が見られます。

そのほかに、次のような症状が現れやすくなります。

(1) おなかが弱いタイプ
 食が細い、おなかがすぐに痛くなる、
 嘔吐や下痢をしやすい、
 食べ過ぎると腹痛、下痢をしやすい、
 体重が増えない。

(2) 発熱・風邪をひきやすいタイプ
 熱がすぐに出る、扁桃腺、リンパ腺が腫れやすい、
 風邪を引きやすく治りにくい、くすぐったがる。

(3) 神経過敏なタイプ
 感情の起伏が激しい、
 夜泣きをする、
 眠りが浅い。

虚弱体質を改善する漢方薬とは?
こうした体質的な弱さやかたよりの改善は、漢方薬の得意とするところです。
虚弱体質の治療に効果が期待される漢方薬は数多くあります。
たとえば見るからに虚弱でおなかが弱いタイプには「小建中湯」
風邪を引きやすいタイプには「柴胡桂枝湯」
神経過敏なタイプには「抑肝散」などがあります。

ほかにも、「補中益気湯」といったエネルギーを補う働きの漢方薬などが、
お子さんの症状に合わせて使われます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法
● ストレスのない規則正しい生活を送る。
● 無理のない範囲で体を動かすことを習慣にする。
● まわりの大人、特に身近なお母さんの影響を受けやすいので、
  大人もいらいらせず、神経質になりすぎずに子どもに接する。
● まわりの大人も規則正しい生活を送るようにする。

がまんせずに、漢方相談してください!
ひんぱんに尿意をもよおし、トイレに駆け込む。
夜も何度も尿意で目が覚めてしまう、、、、、。
落ち着かず、日常生活に支障が出てしまいますね。
頻尿とは、排尿の回数が多いことを言います。
個人差はありますが、通常、起きている間にトイレに行く回数は、
平均5~6回といわれています。
昼間に8~10回以上、夜寝てから2回以上トイレに行くようでは注意が必要です。

原因として、膀胱炎、尿管結石、とくに男性では前立腺肥大などが考えられます。
そのほか、脳の疾患(脳梗塞、脳出血、脳腫瘍)、精神疾患でも頻尿は起こります。
女性では更年期に伴い40代から増加します。
多尿の場合、糖尿病や尿崩症など大きな病気の可能性があります。
頻尿だからといって軽く考え、がまんをくり返すとますます悪化します。

頻尿に用いる漢方薬とは?
漢方では、個人の体質・症状を重視して調合を決めます。
体質を改善しながら、排尿にまつわる諸症状を緩和するのです。
例えば、夜間の頻尿などの排尿に関するトラブルはもちろん、
全身のだるさなど、年をとるとともに起こる諸症状には「牛車腎気丸」
胃腸虚弱な場合は「清心蓮子飲」
血尿や残尿感、前立腺のトラブルなどには、
むくみをとり、血行を良くする「猪苓湯」などがよく使われます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

生活の知恵と予防
● トイレに行くのをがまんしないこと。
● 抵抗力を落とさないように、ストレスや過労を避け、体を冷やさないこと。
● 足腰をきたえるため、できるだけ身体をよく動かしましょう。


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.