• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 胃下垂で胃腸の弱い40歳の主婦Gさん。

 Gさんは、血色が悪く弱々しい感じで「10年以上前から血圧が低くて疲れ、めまいがする」と言います。
ひどい胃下垂で下痢をしやすく、手足は氷のように冷たい、胃の中に胃液がたまり水音がします。
明らかに胃下垂の症状でした。

 人参湯と真武湯を併用して飲んでもらいました。
二週間後には「食欲が出て下痢もなくなり、体調も回復、体重が三キロ増えた」と喜んでくれました。

 低血圧症では、めまいや立ちくらみ、低体温などの症状があります。
やせ型、胃下垂気味ですが、これは陰でかつ虚、すなわち陰虚証です。
この陰虚証という概念は西洋医学にはありません。

 漢方では体質を陰陽、虚実にわけます。
陰は新陳代謝低下で、顔面蒼白、寒がり、体温低めの人。
陽は新陳代謝亢進で、血色よく暑がり、体温高めの人です。
虚実は体力の有無を表し、胃腸虚弱で胃下垂の人は虚、胃腸丈夫で胃下垂のない人は実です。
この分類は漢方薬を選ぶ重要な手掛かりになります。

 陰には、トリカブトの根、附子を用います。
附子は大量では有害ですが、少量なら新陳代謝を盛んにして体を温めます。
附子を含む漢方薬の代表は真武湯です。
一方、虚つまり胃腸虚弱の人には、薬用ニンジンに入った、人参湯などを用います。
 附子中毒は、軽いうちは、のぼせ、吐き気、動悸、冷や汗、手足のしびれなどが現れます。
大量では不整脈、ショックを起こし死に至ります。
通常量では比較的安全ですが、陽証の人や小児では、副作用が出やすく注意が必要です。
 この附子中毒は陰より陽の人に起きやすいとされます。
逆に言えば、附子への感受性の違いが陰陽の違いともいえます。


低血圧の患者さんに用いる漢方薬として、人参湯と真武湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「真武湯」

■効能・効果
新陳代謝の低下しているものの次の諸症:
胃腸疾患、胃腸虚弱症、慢性腸炎、消化不良、胃アトニー症、胃下垂症、ネフローゼ、
腹膜炎、脳いっ血、脊髄疾患による運動ならびに知覚マヒ、神経衰弱、高血圧症、
心臓弁膜症、心不全で心悸亢進(しんきこうしん)、半身不随、リウマチ、老人性のかゆみ

■組成(含まれる生薬)
ブクリョウ、ショウキョウ、シャクヤク、ソウジュツ、ブシ末

 アトピー性皮膚炎に悩む18歳の高校生F子さん。

 F子さんは、小さいころからひじやひざの内側に少し湿疹がありました。
受験勉強のストレスのためか、一年ほど前から悪化、いまは顔、首の周りなどが真っ赤です。
「こんな顔では外出できない」と深刻な表情で診察に見えました。

 「強いステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を一年ほど続けているが副作用が心配です。
漢方薬で軽くできないでしょうか」と悩んでいました。
 そこで、黄連解毒湯を飲んでもらいました。
2週間後かゆみが減って顔の熱い感じもとれてきたので、さらに続けました。
その結果、だんだん赤みが引き、数か月後には弱いステロイドで済むようになりました。
さらに数年後には、目の回りにうっすら赤みがある程度にまで回復、
ステロイドもほとんど使わなくなりました。

 アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などアレルギー性の病気になりやすい体質がアトピー体質です。
古代ローマ皇帝アウグスツヌスはアトピー性皮膚炎だったそうですが、
日本の古医書にも、頭瘡、頭部湿疹、胎毒、乳幼児の顔面、頭部湿疹などの言葉が残っています。

 アトピー性皮膚炎は近年非常に増えた病気です。
漢方でもこの病気の治療は難しく、試行錯誤を重ねています。
しかし、うまく効いたときは西洋医薬とはひと味違った効果があります。

 黄連解毒湯は皮膚の熱や炎症を鎮める漢方薬で、胃腸の丈夫な人向きのものです。
ただし、これだけでアトピー性皮膚炎がよくなる人は実際は少なく、スキンケアも不可欠です。
 場合によっては、漢方薬で悪化することもありますから、専門家への相談をお勧めします。


アトピーの患者さんの体質改善によい漢方薬として、黄連解毒湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「黄連解毒湯」

■効能・効果
比較的体力があり、のぼせ気味で、イライラする傾向のあるものの次の諸症:
かっ血、吐血、下血、脳卒中、高血圧、心悸亢進(しんきこうしん)、ノイローゼ、皮膚のかゆみ、胃炎

■組成(含まれる生薬)
オウゴン、オウレン、サンシシ、オウバク

 多忙になると腹痛、下痢をしやすくなるというE氏。

 Eさんは30歳のサラリーマン。スマートな人で真面目、神経質そうな印象でした。
数年来、多忙な時期になると便秘と下痢が交互に起こり、大便が出た後もすっきりしないということです。
「最近は毎日のようにおなかが痛み、軟便、下痢で苦しみ、冷たい物をのむと悪化する」
と大変困っている様子でした。

 桂枝加芍薬湯を調合して飲んでもらいました。
一週間後には「おなかの痛みや下痢、残便感がすっかりなくなりました」と驚いていました。
 桂枝加芍薬湯は、過敏性腸症候群に即効性があり、
しかも西洋医学の鎮痙剤のような、口渇、便秘などの副作用のない、飲みやすい漢方薬です。

 ストレスによって起きる体の不調は心身症と呼ばれますが、
特に胃腸は心理的原因の影響を受けやすいことが古くから知られています。

 「断腸の思い」という言葉があります。
はらわたのちぎれるほどの悲しみを、表現したものです。
そのルーツは意外に古く、大漢和辞典に「普の桓温が山峡を過ぎたとき、その従者が猿の子を捕まえた。
母猿がこれを気遣って哀号し、追行すること百余里、遂に悶死してしまった。
その親猿の腹を割いてみると、腸がずたずたに断ち切れていた」という話が載っています。
 兼好法師の徒然草にも「もの言わぬは腹ふくるるわざ」とありますが、これは心理的原因で腹が張ることでしょう。
また、関が原の戦いのときに、東軍の将、石田光成が、下痢に苦しんだという逸説は有名で、時代小説にしばしば登場します。

 漢方医学の中でも江戸中期の医師、香川修庵が、心理的原因により腹痛、下痢、便秘が起こると述べています。
 このように心理的ストレスにより便通異常が起こる過敏性腸症候群は、
新入社員などによく見られますが、漢方の有用な病気の一つです。


過敏性下痢の患者さんに用いる漢方薬として、桂枝加芍薬湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「桂枝加芍薬湯」

■効能・効果
腹部膨満感のある次の諸症:しぶり腹、腹痛

■組成(含まれる生薬)
シャクヤク、ケイヒ、タイソウ、カンゾウ、ショウキョウ

足がつったら、すぐに、この漢方薬を服用するとすぐ効く!

 夜中に、たびたび足がつるというD氏。

 Dさんは、63歳で会社役員をしています。
数年前から、ゴルフ場に行った日の夜中などに突然足がつって痛み、その激痛で目が覚めるようになりました。
その後、次第に足のつることが多くなり、「最近は毎晩にように起きて、困っている」ということでした。

 芍薬甘草湯を寝る前に1回だけ飲んでもらうことにしました。
すると、「飲んだその晩から、足がつらくなくなった。まるでうそのようです」ということでした。

 芍薬甘草湯は、元来は足の「こむら返り」に用いられた薬ですが、
今日では、体のどの部分であれ、筋肉の急激なけいれんを鎮める目的で使用されています。
大変に即効性があり、飲むと十数分で筋肉のけいれんがなくなります。
 他の漢方薬のように、体質や漢方的考え方にとらわれることなく、
単純に筋肉が「つる」という症状だけを取り除くために用いられ、一時的に症状を鎮めるだけが目的の薬です。
しばらく続けてみた後、やめてみて症状が再び現れるようであれば、原因を調べたり他の治療法を考える必要があります。

 なお、芍薬甘草湯に入っている甘草には高血圧、むくみ、低カリウム血症などの副作用のあることが知られています。
また最近、まれに筋肉組織を傷害することがある、なども報告されました。
この点にも注意する必要があります。

 一方、芍薬甘草湯には、性ホルモンに似た効果のあることも近年明らかになってきました。
不妊症などに応用されているようです。

 運動の後や、ゴルフ場から帰る途中の長い渋滞の中で、足がつって困った経験はないでしょうか。
このようなときに使う漢方薬が芍薬甘草湯です。


たびたび足のつる患者さんに用いる漢方薬として、芍薬甘草湯をご紹介しましたが、
その他、筋肉の問題に関しては、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「芍薬甘草湯」

■効能・効果
 急激に起こる筋肉のけいれんを伴う疼痛

■組成(含まれる生薬)
 カンゾウ、シャクヤク

 更年期障害で、ホルモンバランスが崩れ、心身ともに不調だったSさん。

 Sさんは、48歳の主婦です。
一年ほど前から月経不順になり、更年期に入ったと思っていたら、だんだん心身ともに不調になってしまいました。
「疲れやすい、気力がない、けん怠感、夜中にカーッと体が熱くなる、時々ワッと汗が出る、食欲がない、熟睡できない」などの症状を訴えていました。

 自分の健康に自信がないというだけてなく、やせ気味で顔色も悪く、声や表情にも元気がありませんでした。
 そこで、更年期障害に最もよく用いる、加味逍遙散を飲んでもらいました。
1ヵ月後には「熱感や発汗がなくなり、熟睡もできるし、体調にも自身が出てきた」と笑顔で感謝してくれました。

 加味逍遙散は、明の時代の名医が作った漢方薬で現在、最も使用頻度の高いものの一つです。
ただし、虚弱者は胃腸障害を起こすことがあり得るので、この点の注意が必要です。

 最近、西洋医学で更年期障害に用いる女性ホルモンには、発がん性や肝障害などの問題ありと指摘されていますが、これに比べて漢方薬は安全な治療手段です。

 唐代の医書「千金要方」に「婦人の病は、これを男子に比すれば十倍療し難し」とあり、
女性の治療は男性よりも難しいと言っています。
その理由は、女性には月経、妊娠、出産、更年期があるからです。
 女性特有の病気とされるものに「血の道」があります。
これは女性の生理時や流産後、あるいは更年期になると起こる自律神経失調症状、および精神不穏のことです。
現代医学でいう、更年期障害、産褥神経症などです。
 この「血の道」の一種である更年期障害には漢方治療が向いています。


更年期障害の患者さんに用いる漢方薬として、加味逍遙散をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


「加味逍遙散」

■効能・効果
体質虚弱な婦人で肩が凝り、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

■組成(含まれる生薬)
サイコ、シャクヤク、ソウジュツ、トウキ、ブクリョウ、サンシン、ボタンピ、カンゾウ、ショウキョウ、ハッカ


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.