• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

葛根湯

 修学旅行を控え、夜尿症が心配で、漢方相談に来たS君。

 S君は12歳の小学6年生。
今だに「夜尿症があり、これから修学旅行もあるので」と、心配したおばあさんから相談を受けました。
漢方薬がよい効果をもたらす場合もあることを話しましたら、早速S君を連れて来ました。

 見たところ、体格はよく、食欲も普通にあり元気な子供でした。
普段から鼻がよく詰まり、尿を漏らしても目が覚めないと言います。
そこで、葛根湯を調合して飲んでもらったところ、一週間後にはほとんど漏らさないようになりました。

 葛根湯は夜尿症の中でも、胃腸が丈夫で元気のある子供。
睡眠が深く、尿を漏らしても起きないタイプに調合します。
鼻にトラブル(特に鼻づまりが強い)がある場合にも調合できる漢方薬です。

 葛根湯の中にはマオウ(麻黄)という生薬が配合されています。
このマオウの成分の一つであるエフェドリンという物質は、
覚せい作用や膀胱出口部の圧を高めて膀胱に尿をためる作用を強めることが知られています。

 このエフェドリンは1887年、長井長義先生によって、
漢方薬に使用される生薬の中で初めて、その有効成分の構造が明らかにされたものです。

 葛根湯は風邪、夜尿症のみならず、化膿する病気の初期、
肩凝り、五十肩、腰痛などの凝りや痛み、じんましんなどに用います。
珍しくは、舌なめずり、横なで症(手の甲で鼻の下をなでる)にも効果的な場合があると言います。

 「金匱要略」という本には、破傷風のような頸部が硬直する病気にも使うことが書かれています。
葛根湯が風邪に使われることは知られていますが、夜尿症に効くことはあまり知られていません。
調合漢方薬が、西洋医学的な診断とあまり関連性があるとは思えない病気にまで、効果を発揮する場合の良い例と思います。


夜尿症に効く漢方薬として、葛根湯を紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


葛根湯

■効能・効果
自然発汗がなく頭痛、発熱、悪感、肩凝りなどを伴う比較的体力のあるものの次の諸症:
感冒、鼻風邪、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、へんとう腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩凝り、上半身の神経痛、じんましん

■組成(含まれる生薬)
カッコン、タイソウ、マオウ、カンゾウ、ケイヒ、シャクヤク、ショウキョウ

柴胡桂枝乾姜湯

 肩、腕、背中、腰の凝りと痛みが強く、治らない。

 Aさんは65歳の男性です。
腹部の腫瘍摘出手術を受け、その病院で肝臓病の治療を継続しているとのことです。
ところが、「首、肩、腕、背中、腰の凝りと痛みが、なかなかとれない」と、漢方相談にきました。

 話を聞くと「寒がりで冷房が嫌い、よく眠れない、のどの奥が乾く、物音に敏感でびくっとする」と言います。

おなかが少し軟らかく、へその上部に大動脈の拍動を感じると言います。
その他、症状・体質を総合的に評価して、柴胡桂枝乾姜湯を調合しました。
 1ヵ月後に電話があり、「この漢方を飲んでから、びくっとすることが少なくなった」ので、また同じ漢方を調合してください。
とのことでした。2ヵ月後、体の緊張感が取れて、首、肩などの凝りが少しずつ軽くなったと言います。

 物音に「びくつく」という訴えは、一般に神経過敏の一症状と考えられています。
「傷寒論」に柴胡加竜骨牡蛎湯という処方がありますが、「胸満煩驚」に使用すると書かれています。
びくつきはこの「煩驚」に相当すると考えられます。

 柴胡桂枝乾姜湯は牡蛎のみで、竜骨は入っていません。
柴胡加竜骨牡蛎湯を使う人より体力がない、というような場合に用います。
一般に、腹部で大動脈の拍動が亢進している場合に、竜骨や牡蛎の入った薬を処方します。

 この二つの漢方薬には、いずれも柴胡という生薬が入っています。
こうした精神神経症状を腹部の状態と結び付けて考え、評価するところにも、
心身一如という考え方が、単に観念の上だけでなく、実際の漢方相談の場で実践されている良い例と思います。

 西洋医学では、あまり問題とならない症状、具体的な治療方法がない、
よく分からない、気のせいだ、と言われるようなケースがよくあります。
こうした場合でも、漢方の立場から、適切な漢方薬を調合することで問題が解決することがあります。


びくつきによい漢方薬として、柴胡桂枝乾姜湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


柴胡桂枝乾姜湯

■効能・効果
体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏のものの次の諸症:
更年期障害、血の道症、神経症、不眠症

■組成(含まれる生薬)
サイコ、オウゴン、カロコン、ケイヒ、ボレイ、カンゾウ、カンキョウ

香蘇散

 風邪の症状が何をやっても治らず長引いてしまい、漢方薬で治ったOさん。

 62歳、女性で、「小声でボソボソ」話す人で、度々聞き返さなくてはならないほどです。
体格も小柄で、ふだんから胃腸が弱く、表情も暗い印象です。
あるとき風邪をひいて、それ以来、風邪の症状がとれず、かれこれ1年くらい経過しました。

 西洋医学の風邪治療は、通常、風邪そのものの症状のみを対象に薬が投与されます。
つまり解熱剤や抗ヒスタミン剤、鎮痛剤などを症状に合わせて組み合わせるわけです。
胃腸虚弱や精神状態などが薬の選択に影響することはまずないと言ってよいでしょう。

 ところが漢方では、風邪そのものの症状以外に、体質や精神状態まで勘案して薬を選びます。
Oさんは、漢方でいう虚症で陰うつな感じがあり、葛根湯は無理と思い、香蘇散を調合しました。
大変よく効いて、その後も風邪をひくと香蘇散を飲んでよくなっているようです。

 この香蘇散は、Oさんのように胃腸虚弱で陰うつな印象を与える人の風邪によく効きます。
殊に、葛根湯が使用できそうにない高齢者に対して、調合することがよくあります。

 香蘇散は単に胃腸虚弱の風邪ばかりでなく、他の薬が効かない胃疾患、あるいは過敏性腸症候群、
らに耳の詰まった感じ、じんましんなどにも応用されます。

 香蘇散には、その名前の中にある蘇、すなわちシソの葉、
ハマスゲ(香附子)、ミカンの皮など香りのよいものが多く含まれています。

 なお、このシソが刺身に添えられるのは単なる飾りではなく、シソに魚の毒を消す作用があるからです。
これらの生薬は気の巡りをよくし、うつを発散させる作用があると考えられています。

長引く風邪の症状によい漢方薬として、香蘇散をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

香蘇散

■効能・効果
胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期

■組成(含まれる生薬)
コウブシ、ソヨウ、チンピ、カンゾウ、ショウキョウ

桂枝茯苓丸

 関節の痛みが取れず、困っていた50歳、女性Fさん。
 50歳の女性の患者さんで、約1年前から手の指や手首の関節が痛み出し、
特に左より右のほうが痛みが強いといいます。
慢性関節リウマチではないかと専門の施設を受診したが、「リウマチではない」と診断されたとのことです。

 手の関節は、はれも赤みも熱感もありません。
体型は脂肪太りの傾向ですが、おなかの右ろっ骨の一番下の部分から、みぞおちに掛けてと、下腹部に圧痛と抵抗があるといいます。

 過去の経験から、関節に特別異常がないのに、痛む患者さんに、桂枝茯苓丸を調合し効いた経験があったこと。
さらに、下腹部の圧通から、於血(おけつ:漢方でいう血のめぐりが悪い状態)と考え、桂枝茯苓丸を調合しました。
 14日後に、電話があり、痛みが著しく改善したと言ってくれました。
欲を言えば、「まだ疲れたときに痛みはある、しかし普段は感じないよ」と言うことでした。
その後、もう1ヶ月分だけ、桂枝茯苓丸を調合しましたが、それ以降は、来ていません。

 この場合、原因を究明できない場合でも、西洋医学では、副腎皮質ホルモンや鎮痛消炎剤が使われたことでしょう。
副腎皮質ホルモンは副作用が強く、鎮痛消炎剤は胃腸障害を起こしやすいです。
結果的に薬剤の使用が増えることにもなりかねません。

これに対し漢方薬は、副作用が少なく高齢者にも使いやすいです。
また、確定した診断を受けていない場合でも、漢方では、体質・症状より、「証」を決めて、積極的に服用できます。

現代医学の種々の検査をしても異常がないのに、症状が、いっこうに改善しない場合、
こういうことは、以外に多くありますが、
こうした患者は、漢方薬が、よく効く例をしばしば経験します。


こうした女性の関節の痛みに効く代表的な漢方薬は、桂枝茯苓丸ですが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


桂枝茯苓丸

■効能・効果
体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗のあるものの
次の諸症:
子宮およびその付属器の炎症、子宮内膜炎、月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、冷え症、腹膜炎、打撲傷、痔(じ)疾患、こう丸炎

■組成(含まれる生薬)
ケイヒ、シャクヤク、トウニン、ブクリョウ、ボタンピ

半夏瀉心湯

 白眼に異物を感じて、漢方相談を受けに来た、45歳、女性Yさん。

 Yさんは45歳の家庭の主婦。
十数年前から翼状片(白目に肉状のものができる症状)との診断を受けて、西洋医学的治療をしていました。
ところが、2年ほど前から角膜にも、翼状片が、かかりはじめ、このままでは、まずい。
「漢方でなんとかならないだろうか」と、心配して、相談にきました。

 眼を使い過ぎたときに痛むほか、すぐに胃腸が悪くなるといいます。
この症状を聞いて何を使ったらよいか迷いましたが、翼状片を漢方でいう「肉極」と考える説に従って越婢加朮湯を調合しました。

 越婢加朮湯を服用して、1ヵ月後、「胃から酸っぱい水が上がってきて、舌先が赤く痛む」と、苦情の電話がありました。
かなり、頭に来ていたようなので、とりあえず服用を中止してもらいました。
 その結果、酸っぱい水は出なくなりましたが、舌はまだ痛いと言います。
そこで、今度は半夏瀉心湯を調合して服用してもらいました。
すると、服用3日で、「舌の痛みがなくなり、胃腸の調子が良い」との、電話が入りました。
私も安心して、継続服用をお願いしました。
その後は、症状も落ち着き、体も順調に良くなっていきました。
新聞を30分くらい読むと眼が充血して痛かったのが、2時間以上続けて読めるようになりました。
さらに、思いがけなく、
「足や背中の老人性のイボがたくさんできていて、不安だったが、それが、すっかり消えました」と、
驚いて報告してくれました。

 私は、もともと、イボや眼の症状を治療しようとしたわけではなく、
胃腸を整えようと考えてのこの漢方を調合しました。
漢方では、胃腸を最重要な臓器と捕らえます。
胃腸は「気」、すなわち元気の「源」の一つとして考えています
私は、漢方の効果が思わしくないときは、まず、この胃腸を丈夫にしてみようと、考えることがよくあります。
 これは漢方でよくとる手段の一つで、西洋医学では、おおよそ理解の苦しむ、よい治療効果を得ることがあります。
このように漢方を勉強していると、目的とした効果以外の思わぬ症状の改善まで得られ、びっくりすることがよくあります。

イボによい漢方薬として、半夏瀉心湯をご紹介しましたが、
その他、体質・症状に合わせて多くの漢方薬が使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


半夏瀉心湯

■効能・効果
みぞおちがつかえ、ときに悪心、おう吐があり、食欲不振で腹が鳴って軟便または下痢の傾向のあるものの次の諸症:急性・慢性胃腸炎、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症

■組成(含まれる生薬)
ハンゲ、オウゴン、カンゾウ、タイソウ、ニンジン、オウレン、カンキョウ


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.