• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

あとがき - 謝辞に代えて

 本書は、多くの方々のご指導とご協力によって著すことができました。ことに恩師である岡山大学医学部名誉教授・森昭胤先生、ならびに同大学教授・小川紀雄先生には、私の研究の基本に関してご懇篤なるご指導、ご鞭撻を賜りました。
 また、同じく恩師に当たる山形テクノポリス財団 生物ラジカル研究所 医学・薬学研究部長・平松緑先生からは、種々の有益なご助言をいただきました。さらに、元神奈川歯科大学教授・菅谷英一先生、城西大学薬学部教授・菅谷愛子先生、元東北大学医学部教授・小暮久也先生、福岡大学薬学部教授・藤原道弘先生には、貴重な研究データを引用させていただくと同時に、激励の言葉を賜りました。すべての皆様に心から感謝の意を表します。
 お名前を挙げさせていただいた諸先生のなかから、森昭胤先生ならびに平松緑先生のお言葉をご紹介し、あらためて御礼を申し述べたいと思います。


●漢方薬の老化防止作用について
 岡山大学医学部名誉教授・森昭胤

 老化とともに、脳の記憶に関する神経伝達物質、アセチルコリン、セロトニン、ノルアドレナリン、GABAなどの活性が低下することが明らかにされている。しかし、脳の老化にともなって生ずる病変が、どういうメカニズムで起こるのかは、まだ完全には解明されていない。
 1981年にハーマンは「老化のフリーラジカル説」を提唱した。彼は「有害なフリーラジカルの作用が細胞に持続的に加わることによって老化のプロセスが作られるか、あるいは老化の最大の原因となっている。人間では、主として酸素のフリーラジカルによってこのような作用がもたらされる」と述べている。
 酸素のフリーラジカルとは、スーパーオキシド・ラジカル、ヒドロペルオキシド、ヒドロキシルラジカルなどの活性酸素種であるが、その強力な酸化作用のために毒性が顕著で、脳の神経細胞の障害や老化の発生機序に需要な役割を演じている。われわれは、脳の老化にともない、脳内のスーパーオキシドを消去する酵素、SODの活性が増加していくことを全世界に先がけて明らかにした。この事実から、老化した脳ではフリーラジカルの発生が確実に増加していることが示唆された。
 また、フリーラジカルは老化ばかりでなく脳神経系に対する虚血性疾患(脳血管性痴呆など)やアルツハイマー病にも関与していることが確認されている。
 老化のフリーラジカル説について、ハーマンは、さらに次のように述べている。「体の中のフリーラジカル反応を最小にすることを、つねに考慮した必須栄養素を摂取して、快適な暮らしを損なわない程度に低体重を維持することができれば、人間は寿命を5~10年あるいはそれ以上延ばすことが可能になる!」と。
 食事の制限は、寿命を延ばし、酸素摂取量を減らしてフリーラジカルの生成を抑制する。食事性の抗酸化剤もまた健康と長寿に貢献する。おそらく、強力な活性酸素消去作用を有する漢方薬は、脳の老化のスピードを緩め、脳の神経細胞障害を抑制する食事性の抗酸化剤として利用できるのではないかと考えられる。
 Recent Advances in the pharmacology of Kampo Medicines:pp.102-104 1998より


●いかに健康に生きるかについて
 山形テクノポリス財団 生物ラジカル研究所 医学・薬学研究部長・平松緑

 成人の全死因に占める割合の大きい成人病(脳卒中、ガン、心臓病)に代わって生活習慣病の概念が導入されてきています。食生活、喫煙、飲酒、運動習慣、休養などの生活習慣が糖尿病や肝臓病に大きく影響を及ぼしていることが明らかにされてきました。
 さらに、これらの疾患に「活性酸素・フリーラジカル」が大きく関与していることがこの10年間に明らかにされました。これらの疾患の予防として平生よりどのような食生活を送ったらよいかという予防医学が21世紀には大事となります。活性酸素を消去する代表的なものはビタミンCやビタミンEがあります。これらの栄養素につけ加えて今ではイチョウの葉のエキスのような天然の植物性のものが世界で大流行していますが、その理由は、天然の植物は体にやさしく、まったく安全で、しかもその中には多くのいろいろな成分が含まれているからです。
 老化には、確実に活性酸素が関係しています。また、痴呆症の発病にも活性酸素は関係しています。そして、この活性酸素を消去する植物、薬用植物、漢方薬には延命効果があることが動物実験から明らかにされています。平生から少しでもこのような活性酸素消去作用を持つ薬用植物や漢方薬を意識的に摂取して、老化のスピードを緩めるような食生活を送れば、すべての人間が健康な長寿を楽しむことができるものと思われます。

 両先生もご指摘されているように、漢方薬には目を見張る老化防止作用があります。脳の老化に直接関与して発症するアルツハイマー病に対しても、漢方薬は大いに威力を発揮します。いままであまり一般には知られていなかったこの事実を、1人でも多くの方に伝えたいと願い、私は、この本を書きました。
 私たちは、変動の多い社会のなかで、さまざまなストレスに立ち向かって生きていかなければなりません。本書が、ボケを予防し、心身ともに健康なままで、幸福な人生を送るためのヒントになれば幸いです。
 最後に、本書の執筆・出版に関してお力添えをいただいた漢方健康クラブ会長・小池勤氏、代表世話人・利繁氏、ならびにスタジオ・パトリの長井哲夫氏に感謝いたします。

   1999年4月        大山博行



以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

ボケを予防する6ヵ条
最後に、ボケを予防するための漢方薬の選び方と、食事や日頃の心がけについて、あらためて整理しておきましょう。

(6)「老い」を受け入れる
 ストレスが病気の引き金になることは、何度も述べたとおりです。これを上手に乗り切ることが老化予防の最も重要なポイントと言っても過言ではありません。そのためには、まず、前項で述べた「積極的な生き方」が大切になってきます。言い換えれば「チャレンジ精神」です。
 しかし、人間である以上、永遠の若さは夢でしかありません。誰にも必ず「老い」はめぐってきます。「チャレンジ精神を忘れずに積極的に生きよ」と言われても、逆に、そのことが精神的なストレスになることもあるでしょう。
 「ありのままの自分」を受け入れること、つまり、現実に目をそらすことなく認めることも、じつは勇気のいる積極的な生き方なのです。
 個人差はありますが、60歳代、70歳代はいわゆる「チャレンジ精神」が前面に出てもいい年代です。しかし、80歳代になったら、それだけでは息切れしてしまうかもしれません。「老い」を受け入れることが必要になってきます。たとえば素直に介護を受け入れるのもその1つです。無理をせず、自然に逆らわない柔軟な生き方が、脳にとっても健全なあり方であることを知ってください。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

ボケを予防する6ヵ条
最後に、ボケを予防するための漢方薬の選び方と、食事や日頃の心がけについて、あらためて整理しておきましょう。

(5)心を開いて積極的に生きる
 寝たきり状態などにならないために身体的な健康に注意を払うのはいうまでもありませんが、精神面の健康にも留意してください。基本的な心構えを挙げておきましょう。

●いつも前向きに明るい気持ちを忘れずに
 老年期になると、うつ病や心気症になる方が多いものです。うつ病は感情の障害、心気症は神経症の一部と考えられます。痴呆症の初期は、うつ状態を示すことが多いので、これは痴呆症の前兆と考えられていましたが、両者はまったく別の病気で、うつ病から痴呆症に移行するという直接的な関連はありません。ただ、うつ状態が続くと、日常生活の行動のすべてが消極的になってしまいます。ことに寝たきり状態に近い形になると、脳細胞死のスピードが加速されることになり、間接的に痴呆症につながることはまちがいありません。努めて前向きに、明るい気持ちを忘れないことは、痴呆症の予防につながります。

●一生続けられる趣味を持つ
 音楽や絵画の鑑賞、草花の手入れなど、1人でできるものでもかまいませんが、友達や家族と一緒にできる趣味なら、なお結構です。

●孤独にならない
 1人で過ごす時間が長いと、どうしても気持ちが消極的になってしまいがちです。すると、脳細胞も活力を失ってしまいます。他者とのつながりを大切にしてください。相手は同性でも異性でも結構です。対話でき、お互いに支えあう関係が築ければ理想的です。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

ボケを予防する6ヵ条
最後に、ボケを予防するための漢方薬の選び方と、食事や日頃の心がけについて、あらためて整理しておきましょう。

(4)日記や手紙を書く習慣をつけ、頭をつかう。

 第1章でお話ししたように、脳細胞は日に日に死滅していきます。しかも、死んだ細胞は二度と再生しません。でも、心配はありません。脳細胞死が起こる一方で、生き残った細胞同士が連絡しあい、情報ネットワークを修復するからです。高齢になってからでも、努力しだいでは新しい知識を増やすことができるのもそのためです。
 記憶のメカニズムを思い出してください。脳にインプットされた新しい情報は、記憶され、保持され、再生され、そして的確な判断が下されてアウトプットされます。この過程を繰り返すことで、脳細胞の神経突起が伸び、数を増やし、ニューロン・ネットワークが形成されます。つまり、脳に入れた知識や情報を何度も繰り返し思い出し、表現することでニューロン・ネットワークは広がっていくのです。
 その意味で、ボケ予防には日記をつけたり手紙を書くことが最適だと思います。これらの行為には、インプットからアウトプットまで、記憶のメカニズムが総動員されるからです。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

ボケを予防する6ヵ条
最後に、ボケを予防するための漢方薬の選び方と、食事や日頃の心がけについて、あらためて整理しておきましょう。

(3)適度な運動を続ける

 運動不足は老化を早めます。ただし、激しい運動はお勧めできません。いちばん望ましいのは「ウォーキング」、つまり歩くことです。背筋を伸ばし、できるだけ速く歩くようにしてください。目安としては、歩幅を普通に歩くときの1.5倍にして、自然に腕が振れる程度の歩き方です。とくに高齢者の方に注目していただきたいのは、けっして転ばないようにすること。骨折でもして寝たきりになると、脳細胞死のスピードが加速してしまいます。

以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.