• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 夏から始めた食養生シリーズの最終回ですので、今回は食養生の原則をおさらいしましょう。
おいしいものを食べる。人生の楽しみの一つです。幸いなことに、日本は四季折々のおいしいものが楽しめる国です。例えば果物。春はイチゴ、夏はさくらんぼ、メロン、秋は柿、冬はリンゴ、みかん…とおいしいものがすぐ浮かびます。
こんな楽しみを味わうためにも健康で長生きしたい。誰もの願いでしょう。

 人間も生きてゆくためにはエネルギー補給が必要で、毎日食べて、日々の体の維持は食に頼っています。しかし、食べ物が私たちの体の健康に非常に大きな影響を与えていることに気付かない人も多いです。空腹を満たすのみに、自分の好みで簡単にインスタント食品を食べている人のなんと多いことか。考えてみるとゾーッとするほど恐ろしいことなのだが、それに気づいていない人も多いのが現実であろう。

 最近、特に多いアトピーや癌の多発なども食事の誤りに原因のあることを真剣に考えなくてはならないでしょう。糖尿病も然りです。

 人間は健康でないと正しい判断は出来るものではない。ちょっとしたことに腹を立て、人をあやめたりすることが、最近いかに増えたことか。

 また日々、わずかなことに怒りっぽくなる人は、いつの間にか心から楽しめない人になって、顔の表情にも険しいものが出て、たとえ笑いたいと思っても、なかなか心から楽しい気分にはなれなくなってしまっています。これがヒステリー性の特徴なのである。
そればかりか、内臓も犯されて、肝機能が低下したりしています。

 この様に「健全な精神は、健全な身体にこそ宿る」という法則は、決して誤りではない。
健康な肉体や、精神を作り上げてゆく、最も近道で大切なことは食生活の改善であります。

 戦後の日本は、急速に欧米の食文化が浸透して食生活は豊かになり、日本人の体格は確かに大きくなり、若人の背丈は大きくなってきました。しかし、体力、持久力の点では衰えを見せ始めており、成人病が若い人の間にも広がり、しかも、小中学生の中にも成人病が見られるようになって、成人病を「生活習慣病」と呼ぶようになってから、数十年になります。

 私の子供の頃にはなかったスギ花粉症も、飲料水の自動販売機の普及が原因の一つであると東洋医学では考えています。すなわち、年中冷たいものを飲む習慣が出来ていることが、胃腸の働きを低下させる原因になって、体の中の水分代謝に変調を来し、クシャミや鼻水を生じさせているのです。

 昔から、日本には日本の食生活があり、日本の気候風土に合った食養生があります。食の改善は今や非常に大切なこととなっています。


解説:惠木 弘(恵心堂漢方研究所所長)

漢方薬専門 東医堂 杉山薬局
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1088
相談電話 0493(35)0890 
定休日 日・月曜、祭日
当店への漢方相談はこちら >>
最近はコンピュータが生活の中にとけ込んで、目を酷使している時代です。中医学では、「肝は目に開竅する」といって、肝(東洋医学で言う五臓の中の肝)の病的変化が目に現れると言っています。また、春先は結膜炎がよく見られる時でもあります。

一般に目やにが出る場合を結膜炎と呼びますが、これはウイルスによる流行性のものや工場の煤煙や車の排気ガスが多い汚れた空気の中で生活しているために生じたもの、夜ふかしや目の酷使によるものと様々な種類が含まれます。また「春季カタル」といって春先になると両眼が充血して涙や目やにが出て、大変かゆくなるものがあります。

春先は眼科が忙しくなる時ですが、目薬と合わせて、漢方薬を併用して体の中からも治療するようにしたいものです。

結膜炎や春季カタルには葛根湯がよく効きます。いずれも体力が中程度あって、肩や首筋が凝る、ときに鼻がつまったり、頭痛がしたりする場合もある、と言ったことを目標に用います。

春季カタルでくしゃみがよく出て、水のような鼻水が流れ、胃の辺りがジャブジャブしていると言った場合は、小青龍湯を用います。一番よく用いられる処方です。

西洋医学では眼精疲労といって、目がショボショボする、目が疲れると言った症状に悩まされることがあります。これは漢方薬がよく用いられます。

神経質な人の場合
○ 立ちくらみがあったり、動悸がしやすく、胃の部分に水分が停滞していて振水音がある場合は苓桂朮甘湯を用います。この薬は、テレビを見たり、読書をすると目が疲れて困る、まぶしくなって涙が出て、目前にチラチラしたものが飛ぶ、頭痛がして胃の具合が悪いと言った場合にも著効があります。

○ 胸から脇腹が苦しい人で、体力のある場合は柴胡加竜骨牡蠣湯を、体力がなく、口渇を訴える人には、柴胡桂枝乾姜湯を用います。

神経質でない人の場合
○尿量に変化があり、足腰の無力感を感じる場合は、六味地黄丸を用います。この場合に手足の冷えを感じる人は、八味地黄丸を用います。

○ 体力が無く、疲れやすく貧血気味の方には、十全大補湯を用います。この薬は、漢方の総合栄養剤と言ってもよく、疲労に広く用いられ、最近注目されることでは、癌の人の免疫増強剤としても効果がよく、広く用いられています。

なお流行性の結膜炎や角膜炎では、洗面用具や入浴用のタオルなどを家族と別にして消毒するなどの注意をして、家族内の感染を防ぐことが大切です。

解説:惠木 弘(恵心堂漢方研究所所長)

漢方薬専門 東医堂 杉山薬局
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1088
相談電話 0493(35)0890 
定休日 日・月曜、祭日
当店への漢方相談はこちら >>
春先は、はしかやおたふく風邪、風疹などの感染症や結膜炎などの目の病気、喘息やアレルギーと関係のある病気にかかりやすい時期です。近年増加傾向のアレルギー性鼻炎とは発作性反復性のクシャミ、水溶性鼻水、鼻閉を主徴とする鼻炎膜のI型アレルギーです。そのほか目が赤く充血して涙が流れたり、頭痛や頭重を伴ったりします。

春先に多いのは、アレルギー性鼻炎の大きな原因である杉の花粉が三月から四月にかけて、また松の花粉が四月から五月にかけて大気中に舞うことによります。

昔は無かったアレルギー性鼻炎は花粉だけが原因ではなく、大気汚染や食生活の大きな変化などが背景にあります。そのために季節に関係なく症状に現れる方もあります。鼻症状の外に肩こりやのぼせ、目まい、手足の冷え、腹部の膨満感や便秘などの胃腸障害が現れることが多いものです。

くしゃみや鼻水、鼻づまりの発作に、一般的には西洋薬の抗アレルギー剤が使用されますが、欠点として眠気を催すことがあげられます。その点、漢方薬はその心配がありません。しかし、漢方薬はすぐに効かないと思っておられる方が多いようですが、漢方薬も使い方によっては、内服後十五~三十分頃より症状が楽になり、その効果が六~八時間持続いたします。

漢方薬は長く服用して、体質を改善するためによく用いられていますが、急に生じた症状にすぐ対応するために用いられることのほうが現代では重要なことと思います。

もともと漢方の古典である「傷寒論」は紀元前頃に流行した疫病で多くの人が亡くなることを憂慮して漢方薬の使い方をまとめた本なのです。

なお大切なことは、漢方薬は自然の植物・動物・鉱物などを原料にして作られたものですので、原料の品質の良否によって、同じ名前の漢方薬でも、用いた原料の品質や製造方法などによってその効果は大きく異なりますので、注意が必要です。

一般にアレルギー性鼻炎に用いる漢方薬を紹介しましょう。

葛根湯
くしゃみや鼻水、鼻づまりの発作の起こる方で、後ろ首筋から肩にかけて凝りやすく、頭痛がしやすい場合に用います。

小青竜湯
激しいくしゃみと鼻水が特徴で、日頃から水分をよく取る方に多く、アレルギー性鼻炎に一番よく用いる処方です。

麻黄附子細辛湯
体力のない人で、寒気を強く感じて、くしゃみと鼻水が出るときに用います。この処方は細菌よく用いられる傾向が強くなっています。

麦門冬湯
こみあげるような激しいくしゃみの発作が続くが、鼻水はたいしたことがない場合に用います。

アレルギー性鼻炎は、最近急激に増加していますが、その原因と言われる杉などの花粉が急に大気中に増加したのだとは考えられません、これは、都市化による生活環境の悪化に加えて、生活、特に食生活などで我々の体質が変わったことが大きな原因でしょう。即ち、アレルギー性鼻炎は現在日本人の誤った生活習慣が原因です。

主なものをあげてみると、
一、飲食物は、その地方に昔から伝わるものがその土地に住む人に最適です。
二、人工的に作られたものは控えましょう。
怖い話ですが、これを摂取したらどんな障害が出るか、目下実験中とも考えられます。
三、冷たいものの飲食は控えましょう。
四、生野菜の常食はやめましょう。
五、牛乳やヨーグルトの常食も控えましょう。
六、冬場の服装に気をつけましょう。薄着やショートパンツは止めましょう。
七、アイスクリームは食後に少量。冷たいドリンクの飲みすぎ、緑茶の飲みすぎは要注意です。
以上のように、日常の注意としては、過労を避け、睡眠を十分にとり、下半身を冷やさないような服装に注意して、肉食や魚、卵などの動物性食品に偏らないように注意して、緑黄野菜や無精白の穀類を中心にしたバランスの取れた食事をすることが非常に大切です。

最近の厚生労働省の発表では、日本人の食事の栄養素は殆ど摂れているが、カルシウムだけが不足していると言っています。火山国の日本の土壌に、カルシウムが不足していますので、アレルギー体質の方はカルシウムの摂取を積極的に心がけてほしいと思います。


解説:惠木 弘(恵心堂漢方研究所所長)

漢方薬専門 東医堂 杉山薬局
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1088
相談電話 0493(35)0890 
定休日 日・月曜、祭日
当店への漢方相談はこちら >>
東洋医学では、人体の生理機能と四季の気候変化は密接に関係していると考えています。東洋医学の五行理論では春は肝に相応し、肝の働き(肝気)は春に盛んになると考えています。肝気は気血のめぐりを盛んにし、冬の寒さからも開放されて新陳代謝が盛んになって参ります。

「春は補陽」という原則がありますが、食生活の面でも陽気を補う食品を多く摂るようにして、抵抗力を高め、外部から侵入する病気の原因(六淫の邪という)から身を守るように心掛けることが必要です。

中国、明代の名医、李時珍(医師)はその著者「本草綱目」の中に「ネギ、ニラ、ニンニクなどを食べると良い」と記しています。これらはどれも補陽効果の優れた食品です。しかし肝の陽気が過剰になると肝の気が昇りすぎる(「肝火上炎」といってイライラ・カッカして怒り、血圧が上がるなど)傾向がありますので、昔から春先は野菜を多く摂取する習慣があります。キュウリなどの寒性の食品も少し食べるようにすると陽気が活発になり過ぎないように調和できます。

中国、唐代の名医孫思?は著書の中で「春は省酸、増甜にて脾気を養うのが良い」と述べています。この意味は、春は五味(酸・苦・甘・辛・鹹)のうち「酸」の食品は少なく、「甘」の食品を多く摂るようにして脾胃の消化吸収の働きを助ける必要があるということです。東洋医学では、五臓の相互関係を重要視いたします。「酸」は肝の働きを更に旺盛にして、ついには脾の機能を損ねることになります。したがって、ナツメや山芋などの甘の食物で脾胃の働きを助けるようにするのです。

また春はさっぱりした味付けを基本とし、肉や高脂肪の食物は控えめにします。生ものや冷たいものは避け、暖かいものを食べるようにします。多くの人は冬の間にビタミンやミネラルが不足しがちで、春に口内炎や皮膚病などが多くあらわれるのはこのためです。

春は緑のものを努めて食べるようにしましょう。野菜の中には、メチンという必須アミノ酸が沢山含まれています。これは動物実験で、コレステロールを下げる効果のあることが分かっています。このメチンはキャベツに多く含まれています。現代人に多い動脈硬化の予防のためにも、野菜は多く食べたいものです。

春の七草は、セリ・ナズナ・オギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ(大根)ですが、セリにはビタミンAが多く、スズナ(カブのこと)にもビタミンA・Cが豊富に含まれています。
春には結膜炎とか、皮膚炎が多く、目や皮膚病に効くビタミンがこれら七草に多いことも自然の理にかなっています。

春は体の新陳代謝が盛んになる時期ですので、寒さに耐えるためにもエネルギーを消費して体温を保たなければなりませんので、この時期は高エネルギーを消費して体温を保たなければなりませんので、この時期は高エネルギーの栄養バランスを考える必要があります。大豆や胡麻、落花生、クルミなどで充分な栄養補給を心掛けましょう。


解説:惠木 弘(恵心堂漢方研究所所長)

漢方薬専門 東医堂 杉山薬局
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1088
相談電話 0493(35)0890 
定休日 日・月曜、祭日
当店への漢方相談はこちら >>

Copyright© Sugiyama pharmacy. All Rights Reserved.