• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • 相談方法
  • よくあるご質問

《動悸の原因》
動悸とは、普段は感じることのない心臓の拍動を自覚することで、多くが不快感を伴います。心臓は一定の拍動で血液をおくりだしていますが、何らかの原因で体内の血流が悪くなったり、酸素が不足したりすると、それを補おうとして激しく動きます。この時感じるのが動悸です。

 動悸の原因は様々です。心臓疾患や動脈硬化、肺の疾患、貧血、甲状腺異常などでも起こります。また動悸は不安や緊張など精神的なストレスや過労でも起こり、必要以上に意識すると悪化することがあります。アルコールやコーヒーの飲みすぎ、暴飲暴食、気温の急変などでも、心臓が血液や酸素を多く送り出すため、動悸が起こります。

 運動後や一次的な緊張など、原因のはっきりしている一過性の動悸なら心配する必要はありませんが、頻繁に起こったり、動悸がすると脈拍が150前後まで上がってしまったり、脈が飛んだりリズムが乱れたりする不整脈などがあるときなどは重大な病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。 

《漢方療法》
漢方では動悸を「気の上衝」と考えます。
◆ストレスや過労で神経がたかぶると、気の巡りが悪くなり、巡らなくなった気が頭の方に上昇し、心臓に影響して動悸が起こります。ですので、気を鎮める漢方薬がよく使われます。→柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、

◆気の上昇は、冷えが原因になる場合もあります。冷えで気が巡らなくなると血液も流れが悪くなり、それを改善しようと心臓が激しく動くため動悸が起こります。この場合は、体を温めて新陳代謝を活発にする漢方が使われます。→加味逍遥散(かみしょうようさん)

◆病後などで体力が落ちている場合は、気・血・水の巡りが滞りがちになり動悸が起こりやすくなります。こういう場合は体力を上げる漢方が使われます。→小建中湯(しょうけんちゅうとう)

 ●カルシウムには神経の興奮を鎮めたり、ホルモンの分泌を正常に保ったり、心筋の収縮を規則正しくする働きがあります。カルシュウムを効率よく吸収できる食品が、カルシュウムの吸収を助けるたんぱく質が含まれている牛乳です。小魚、チーズ、ヨーグルトなどもカルシュウムを多く含むので日常的に摂取するようにしましょう。


Copyright© SUKOYAKADO PHARMACY. All Rights Reserved.