電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 054-285-6071漢方相談 谷薬舗(谷薬局)(静岡県静岡市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

おしっこが出にくいとお悩みの86歳、お元気な男性です。

2か月前から尿の回数は多いが、
トイレへ行っても少ししか出ない、
という状態が続いているそうです。

お悩みはほかに、物忘れ、です。
近頃とみにひどくなり、人の名前や物の名前が出てこない、
とおっしゃる会話のテンポは速く、
動作、身のこなしも機敏で若々しく、
失礼ながら86歳の高齢にはとても見えません。

病院では前立せん肥大、と言われ、手術をしようか迷っているが、
その前に一度漢方薬で様子を見たい、ということで来店されました。

降圧剤、糖尿の薬を飲まれています。
便通よく食欲あり、尿意で起こされる以外はよく眠れます。
頻尿になってから、のどが渇くようになった、どちらかというと寒がりだ、とのことです。
舌に裂紋があり、黄色く厚い苔があります。

以上から、腎陰陽両虚熱の2種類のお薬出しました。


二週間後
尿の出がかなり良くなったそうです。
舌の黄色く厚い苔も消えていました。
漢方薬を気に入ってくださり、これからも続けたい、とのことでした。



漢方では
おしっこのトラブルも、物忘れも
「腎」の働きと関連付けて考えます。

腎は精を蔵し生殖・発育をつかさどるのです。
精とは、生命の根源をなすもので、腎に貯えられます。

腎精は、年齢とともに減ってきます。
その結果、歯が抜ける、髪が白くなる、聴力の低下、尿漏れ、尿が出にくい、記憶力の低下、
腰痛、足腰の弱り、などの老化現象が現れます。

これに対して漢方では、補腎、と言って腎の働きを補う漢方薬を用います。
このかたも、漢方薬を続けることで、物忘れも改善するかもしれません。

漢方・自然薬が好きな薬剤師  たにあつこ